ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.06.19[火] ゆるゆり10周年



祝!ゆるゆり10周年!

って、昨日だったんかい!
上田の世界樹を貼り付けてる場合じゃなかったわ。

いやー、けど10年か。
これだけ長く愛されるのは嬉しいですね。
百合は不滅。
むしろ人類の財産。

20180619203432670.jpeg

けど、ゆるゆりって百合をベースにしたギャグ漫画だから、百合の入門編としては実は変化球。
本当に百合の基礎を学びたかったら、マリみてがいい。
あの作品は、今の百合作品と比べるとクセがあるかもだけど、百合の地上戦がうまくなる。
マリみてがベースにあると、どんな百合にも丁寧に対応できるようになるからオススメです。

201806192034333c7.jpeg

ちなみに、一番好きなキャラは「杉浦綾乃」です。
クセの強い百合キャラの中で、正統派な百合を守ってる貴重な存在。

2018061920343423b.jpeg

素直になれない恋心を抱きつつ、相談にのってくれる友人に無意識のアプローチ。
これ。
これね。
京子と綾乃と千歳の絶妙な百合バランス。
これ。
これね。
教科書に載せていいレベル。
数学の。

20180619203436c3b.jpeg

「私の愛、代入してもいいかな…」

倦怠期をむかえた夫婦みたいな百合カプが多いので、正統派百合はありがたい。
これからも素直になれない私の三次曲線を描いてほしいです。

20180619203437b6f.jpeg

そんな、ゆるゆり。
コミックはもちろんだけど、アニメも楽しい作品。
まだゆるゆりを知らない〜という方は贅沢は言わないから全巻買って。
あとスピンオフの大室家も。
人生が豊かになることも間違いなし。
よろしくです。

と、巧みなステマを投げつけたところで、今日はここまで。
ゆるゆりはこれからも続く!
応援していきたいです。

それでは。
    21:00  Top
    20:09  Top

2018.06.17[日] シンデレラガールズ「U149」3巻の感想

2018_0617mas13.jpg

 発売からしばらく時間がたってしまいましたが、本日は「U149」3巻の感想でも。
 
2018_0617mas05.jpg

 新曲ドレミファクトリーも収録されてる第3巻。
 次のライブで披露されると思うと、心躍りますね。

2018_0617mas04.jpg

 特典は同じサイコミで連載中のA20イラスト。
 お前らロリもいいけど、大人組もよろしくな!
 と、全包囲にアピールしていくスタイル。
 U149は大人組の描き方も素敵だから、わかると思う。
 特に三船さんの描き方の差。
 ここも面白い読みどころかと。

2018_0617mas12.jpg

 そんな3巻のメインは、佐々木千枝ちゃん。
 佐々木無双。
 
 この話で好きなのは、交差点

 え?
 と思うかもですけど、交差点の描き方が好きなんですよ。

2018_0617mas10.jpg

 自分たちの成長を実感する仲間たち。
 彼女たちが渡っているのは、横断歩道。

2018_0617mas11.jpg

 気持ちがひとつになったシーンで、信号機は「青」。

2018_0617mas09.jpg

 物語の過程で、千枝が悩む場面。
 表紙の横断歩道では、千枝が一番最後。

2018_0617mas08.jpg

 そして、ひとりだけ渡れてないシーン。

2018_0617mas07.jpg

 信号機は「赤」
 千枝の「置いていかれている」気持ちを現してるのが、ほんと上手。

2018_0617mas06.jpg

 そこからみんなの支えもあって、立派にリーダーを務めた千枝。
 物語のラストは、信号機の「青」で締めました。

 この一連の描き方、ほんと好き。
 交差点を描くことで、キャラの心情を代弁するの。
 うまいなー。

2018_0617mas01.jpg

 こういった背景で物語を語るのは、アニメのシンデレラガールズでも使われた手法。
 12時に近付いていく時計とか、

2018_0617mas02.jpg

 階段でキャラの立場を描いたり、

2018_0617mas03.jpg

 花言葉に意味があったり、などなど。

 こういう考察を意識させた作りが好みなので、U149でも見られて嬉しかったんですよ。
 テンポも構図も綺麗なので、とってもオススメ。
 長期連載になるといいですね。

 むしろU149のアニメ化とかも見てみたいかも。
 アニメは以前にシンデレラガールズやったでしょ~と思うかもですけど、別に世界観にこだわる必要もないと思うんですよね。
 
・モバマス
・デレステ
・アニメ シンデレラガールズ
・シン劇
・U149
・A20
・WWG

 などなど。
 同じシンデレラガールズでも、アイドルの立場とか所属部署が違うでしょ?
 それこそPも違うし。
 U149だけ独自の展開を広げていっても、それはそれで面白いと思ってみたり。
 

 と、この先の未来に思いを馳せたところで、以上、U149 3巻の感想でした。
 それでは。
    15:31  Top

2018.06.16[土] シンデレラ5thツアー宮城&石川ライブBDを鑑賞してました

2018_0616mas26.jpg

 シンデレラ5thライブ。
 「Serendipity Parade!!!」
 去年、全国をツアーしたということは、今年はBDラッシュということ。
 ちょっと前に宮城が発売したと思ったら、すぐに石川公演が増援。
 やばいやばい!
 もたもたしてたら未開封ライブBDが溜まりまくる…。
 というわけで、本日はシンデレラ上映会!

 宮城公演と石川公演を連続上映してましたー。
 一年前だから、いろいろ懐かしい。
 あらためて感想でも書いてみたいと思います。

2018_0616mas02.jpg

 まずは宮城公演!

2018_0616mas09.jpg

 オープニングのBGM聞いただけで高まりますね。
 ツアーの入場シーン、ほんと好き。
 センターは誰だ!?と予想するのも楽しかったし。

2018_0616mas05.jpg

 あんきらは電波曲かと思ったら、まさか2番で泣かせてくるフル版にビックリしたのも、いい思い出。

2018_0616mas06.jpg

 ∀NSWERもフル版は初披露。
 ありすと小梅が歌うなんて、今思い返せばとんでもないメンツ。
 宮城公演ってツアー初回にして、かなりの高火力でしたね。

2018_0616mas07.jpg

 ミリオンライブでは公式に禁止宣言されたライブでの野球。
 シンデレラは平常運行。
 ちょこたん、野球を知らないから「あと一球」コールが、早く投げろだと勘違いした話が好きだし、ホームである宮城でゆっきーがアウェイになってるのも面白かったw
 
2018_0616mas08.jpg

 あと、個人的な思い出として、ライブビューイング一日目のNation Blue。
 カメラがすみぺを一生映していて、「ありすセンターなのに映らねぇぞ!」と友人とキレてたw
 
2018_0616mas04.jpg

 そんな宮城公演ですけど、メイキングがすげぇよかった。
 君たちが見たいのはこれだろ?という映像満載。
 今回のツアーはメイキングの質がかなりいい。
 このために円盤買ってもいいくらい。

2018_0616mas03.jpg

 そして、フラッグに混ざってバットが置いてあるシーンに爆笑w
 何、フラッグ面してんだよ。

2018_0616mas01.jpg

 ウーサミン!

2018_0616mas24.jpg

 ぴょんぴょんちょこたん

2018_0616mas25.jpg

 尊みえん

2018_0616mas10.jpg

 お次は、石川公演。
 この公演は各メンバーの家族感がたまんなかった。

2018_0616mas15.jpg
 
 「私色ギフト」とか、かなり思い出深い一曲。
 このメンツってのも良かった。
 石川公演を象徴する一曲かと。

2018_0616mas23.jpg

 目線をそらす森久保を完全再現してるステージもすごい。
 これ、めちゃくちゃ難しい芸当なのに、いっさい手を抜いてない集中力。 
 さすが。
 これは、やるくぼ。

2018_0616mas18.jpg

 二代目と三代目の王子が誕生したのも、石川公演でしたね。
 おかしの国があんなに盛り上がる曲になるなんて、誰が想像したことかw

2018_0616mas17.jpg

 MCでの涙も素敵でしたね。
 みんないい子や。
 この5thツアーって15人という人数がバランスいいし、土日公演だからみんなホテルに泊まって、一緒に過ごす時間が長く作れたメリットもありました。
 だから、各公演ごとに出演者の仲が深まってるのが、MCからもたくさん伝わってきて…。
 そういう温かさにふれられたツアーでもありましたね。

2018_0616mas22.jpg

 そんな涙の一方で、

「ルマンドアイス~」
「ですが!」

 という、るーりぃのひっかけがあったり、

2018_0616mas14.jpg

 何故かヤンキー座りでしゃべり出したふたりに、はらぼうが突っ込んだり、

2018_0616mas16.jpg

 種崎敦美伝説の序章となるビーコズ発言も最高でしたw
 個人的には、↑のコロンビアポーズも爆笑したところ。
 種崎無双。 
 
 けど、MCで一番笑ったのはこれかなー。

2018_0616mas11.jpg

 ヴァルキュリアの振り付け講座になった時、

「このポーズは何?人命救助?」
「違いますよ、女神のポーズですよ」

2018_0616mas12.jpg

「女神? 私じゃん」

2018_0616mas13.jpg

「え?」

 この時のねこさんの「え?」が素すぎてほんと笑ったww
 後に、デレパでも話題になってましたね。

2018_0616_01.gif

 あ、そうだ。
 石川公演ではこれも語っておかないと!
 キラ満のあっさむダンス。
 これこれw
 ほんと大好き。
 むしろ嫌いな人いないでしょ。
 思わずGIF動画にしちゃったよ。
 一日一回は見ておきたい。
 
2018_0616mas20.jpg

 そしてそして。
 こちらもメイキングが見所満載。
 練習着でのリハシーンとか貴重すぎ。

2018_0616mas19.jpg

 バックダンサー組も映してくれてたのも嬉しいポイント。

 そして!!

2018_0616mas21.jpg

 感動したのは、これ!

 舞台裏でギリギリまで振り付けを確認する長島光那さん。
 めっちゃかっこよかった。
 これこれ。
 こういうのを見たかったんだよ。
 メイキング映像もパワーアップしてる5thツアー。
 次回の大阪公演も心から楽しみですよ。


 今回のライブBDは二週間おきの発売なので、Pたちの出費が激しいですが…。
 これは買わない理由がない。
 一家に一本とは言わず、三本四本と是非どうぞ。
 よろしくお願いします。

 と、雑なステマをしたところで今日はここまで。
 以上、5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!宮城&石川の紹介でした。
 それではー。

    23:22  Top

2018.06.15[金] 咲-Saki-第191局「天和」の感想。タコスの思い出ボム




だーはらさんのツイートを見て、
「あぁ、ヤンガンの発売日だったか」
と、思い出す咲クラあるある。

2018_0615saki04.jpg

というわけで、Kindleでダウンロード。

今週の咲-Saki-は第191局「天和」
けど…。
正直、前回のタコスはなー。
意外性はあったけど、あの展開はどうなの~。



なんて思ってたら、


2018_0615saki01.jpg

あぁぁぁああああああああああああタコスゥゥゥーーーッッッッ!!!!


2018_0615saki03.jpg

怒涛の思い出ボム → 審査員を瞬殺 → 優勝

お前はシャイニーカラーズか!!

2018_0615saki02.jpg

前回の展開への補足だったけど、この一話で手の平が大回転。
くるくるしすぎて、照みたいな風が出てた。

なるほどなー。
部長とタコスの重ねがけだったのか。
そら強いよ。

「二人なら照に並べる、二人なら照を越せる!」

と、デスノートみたいなセリフすら脳裏をよぎりましたよ。

部長の作戦通りとはいえ、タコスの良さも引き立って最高でした。
とはいえ、最初が調子いいと、結果的にやられる傾向もあるのがタコスの法則。
以前に淡が言ってた、照の「ギギギ~」が気になるんですよね。
このメンツ相手に、タコスの独壇場で終わるわけがないので、王者のカウンターにも期待してみたり。

んで、

咲「まさかお姉ちゃん、アレを使うつもりなの…」
わかめ「知っているのか、咲!」
咲「逃げて優希ちゃん!アレは危険だよ!」
部長「いや、その情報を先に教えとけよ」

という展開が待ってるんでしょう。
楽しみです。

2018_0615saki05.jpg

そんな第191局でした。
開幕から波乱の決勝戦。
次回も期待してます。
それでは。
    23:17  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop