ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.05.10[水] PS4とSTEAMで配信中の「LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-」の感想

「LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-

 本日はとあるゲームをご紹介。
 PS4とSTEAM版で配信されてるダウンロード専用ゲーム。

 「LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-」公式サイト

 
リトルナイトメア

 写真を見てもらえれば解るように、わりと夢も希望もない死にゲーです。

 つまり、ホッパー好み。
 このホラー感。
 たまんないです。

 ツイッターでたまたまプレイ動画を見かけて、即ダウンロード。
 最近配信されてたので、まだ知名度は低いはず。
 だからこそ紹介しませんと。

インサイド

 プレイした感覚は、INSIDEそっくり。
 目的もわからないまま、とにかく主人公を走らせる流れ。
 ただ、INSIDEと違って画面の奥や手前にも移動できます。

RAIN

 ステージごとに巨大なモンスターが登場。
 捕まると即死なので、見つからないように慎重に移動します。
 このかくれんぼ感は、rainに近いかも。

 つまり、INSIDEやrainみたいな作品が好きなら、手放しにオススメできます。


リトルナイトメア

 西洋ホラーかと思いきや、和風なエリアもあるのが面白い。
 面白いんですけど…。
 正直、ボリュームは物足りなかったかな。
 途中までは「けっこうボリュームあるなー、これからどうなるんだろう!」とテンション上がってたんですが、そのまま終了。
 あれ?終わりなの!?
 という印象でした。

 ただ、世界観とグラフィックは申し分なし。
 手軽に遊べると思えば、いいバランスなのかも。
 ストーリーはやや難解。
 壁にかかってる絵や、敵から察するに、主人公は6姉妹の末っ子なのかな~とか。
 リトルナイトメアというタイトルなのは、「小さな主人公が体験した悪夢」ではなく、「悪夢のような小さな主人公」という意味では?
 などなど、ぼんやりと考察はしてみましたが、答えを明確にするような作品ではないので、ありのままを受け取ってもらえればいいかと。

 そんなリトルナイトメア。
 2,200円という値段も手ごろだと思いますので、興味のある方は是非。
 
 あ、あと、
 クリアー後にアンケートを書いたんですが…

アンケート

「この中でお持ちのゲームはありますか?」のラインナップは笑ったw

 どの作品を参考に作ったか、もろバレだからww
 この隠す気ゼロの姿勢。
 好感がもてます。
 どのタイトルも名作ですので、あわせてどうぞ。


 というわけで、今日は「LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-」の紹介でした。
 それでは。

    22:55  Top

2017.05.09[火] ザ!世界仰天ニュースにて、松来未祐さんを元にEBウイルスの特集が放送されました

松来未祐

 本日、日テレの「ザ!世界仰天ニュース」という番組で、EBウイルス感染症の特集がありました。
 医師でも知らない人が多い、この病気。
 そうです。
 声優の松来未祐さんが感染したウィルスです。
 (番組リンク

 番組では、松来未祐さんの闘病生活を元に再現VTRを作成。
 EBウイルス感染症についてとても丁寧に紹介してくださりました。
 その中で、実際の写真や松来未祐さん本人の音声なども放送され、聞くたびに胸が苦しくなりました。
 この声を二度と聞けないことが、今でも信じられないです。


「同じ病気の一人でも多くの人が、早期発見により助かって欲しいので、病名を公表したい」

 これは松来未祐さん永眠後、ご遺族が発表したメッセージです。
 早期発見さえできていれば、繋ぎとめられた命。
 「慢性活動性EBウイルス感染症」という一年で20人程度しか報告がない、症例の少ない病気。
 だからこそ、みなさんに認知してほしい。
 
 そして、この発表によって、早い段階で治療に入れた方がいます↓




 松来未祐さんは帰ってはきません。
 けど、その想いは受け継ぐことはできます。
 今回、テレビでも紹介してもらえたことは、とても大切な一歩だと思います。
 ひとりでも多くの方にEBウイルスが知れ渡りますように。
 ひとりでも多くの患者が早期発見によって助かりますように。
 切に願います。
    22:43  Top

2017.05.05[金] ようやく「グラビティデイズ2」をクリアー。最高の百合ゲーでした

グラビティデイズ2

 今年の1月に発売された、PS4ゲームソフトグラビティデイズ2
 正式タイトルは、

『GRABITY DAZE2 重力的目眩完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』

 長ぇよ!
 そんな重力ゲーを、本日ようやくクリアーしました。
 長いタイトルだけど、クリアーした今ならこのタイトルは納得でした。

背景

 クリアータイムは、だいたい50時間
 
 10時間くらいで終わると思ってたのが甘すぎた。
 そら5月にもなりますよ。
 ボリュームがあったから時間かかったわけだけど、それ以上にサイドストーリーとかチャレンジミッションとかトレジャー情報などなど、本編に関係ない要素がとにかく豊富。
 クリアーはしたけど、まだまだやり残した部分もあります。
 だって、トロフィーも半分も取得できなかったし。
 
 けど、時間かかったのはそれだけではないんですよ。
 ↑の画像のように、とにかく背景が綺麗。
 さらにオープンワールドになってるので、街を飛びまわるだけでもとにかく楽しい。
 本編無視して街から街へ探索してるだけで、時間なんかあっという間に過ぎ去りましたよ。
 
電車

 飛んで移動するのもいいけど、時には電車に乗って移動。
 気分は世界の車窓から。
 けど、電車に乗るを選択して車両の上に乗っかる雑さ加減が、本当に好きw
 乗るって、そういう意味じゃねぇからww

 こんな感じに、作り手がこの作品をいかに愛しているか、いかにこだわって作りこんだかが、やればやるほど伝わってきて嬉しくなりました。
 だから、あちこち歩き回るだけでも楽しいんですよね。

ニーア

 で、4月には「NieR:Automata」とのコラボで衣装も配信。
 さっそくダウンロードしてみたら、

2B

 はい、かっこいい。
 思った以上に似合ってるし、思った以上に違和感がないw

別ゲー

 こうして佇んでると、「NieR:Automata」だと言っても騙せますね。
 これが無料配信というから驚き。

パンツ
 
 よし!

 …はい、すみません。
 こんなことやってたから50時間もかかったんです。
 けど、素晴らしいコラボ衣装をありがとう。
 モチベ高まりました。

 そんなグラビティデイズ2。
 この後はクリアーしての感想を書いていきたいと思いますが…。
 ネタバレを含みますので、「続き」のページに伏せておきます。
 ネタバレOKな方は、このまま読みすすめてください。

    22:51  Top

2017.05.04[木] 今さらウォーキング・デッドを視聴してみた

ウォーキング・デッド

 昨日~今日と遊びに来てくれた友人のDA!さん。 
 そんなDA!さんが熱くオススメしてくれたのが、海外ドラマの

 「ウォーキング・デッド」サイト

 昨日はNintendo Switchをオススメして、今日はウォーキング・デッドをオススメ。
 DA!さんのプレゼン力の高さよ。
 まさか僕を沼に落とすためにやってきたのか…?
 ステルスマーケティングなのかダイレクトマーケティングなのかはさておき、とにかく絶賛してくれてましたので、調べてみることに。

 んー。


 なるほど。

 タイトルは聞いたことあったけど、やはりゾンビものか。
 って、シーズン7まで作られてるの!?
 めっちゃロングセラーじゃないか。

 さすがにこれを今から追いかけるのは厳しいなー。



小梅

「ホラー好きの小梅も見てますよ」

 別に見ないとは言ってないよ。
 プロデューサーが、担当アイドルの趣味を理解するのも大切な役目だよね。
 ちょうどGWだし、ゾンビと過ごす休日たのしぃーっ!


手の平返し

 そんな音速手の平返しを見せたところで、第一話を視聴。
 ちょうどアマゾンビデオを検索したら、無料で配信していたのでいいタイミングでした。
 

ゾンビ

 で、一話を見終わった感想としては…。


 金あるな


 これに尽きる。
 海外ドラマって、とにかくクオリティがおかしいってのは知ってたけど、どうしてドラマでこれが作れるんだレベル。
 むしろ、ハリウッド映画とドラマの差が見当たらない。
 日本でいうと、劇場版アニメの作画で毎週放送してるようなもんだからね。
 まったく、なんて贅沢なドラマだ。
 これを企画して放送できるって環境がまず羨ましいな。
 あ、別に「海外ドラマとくらべて日本はレベルが低い!」なんて、テンプレみたいな批判をしたいわけじゃないから、そこは誤解しないで。
 だって、人口一億人くらいの日本人をターゲットにした作品と、アメリカだけでなく世界中50億人をターゲットにしたドラマを比較してもしょうがない。
 たかだか日本人”だけ”を満足させるために、多額な費用を投じるなんて旨みが無さすぎる。
 世界向けに作るなら話は別だけどね。

 で、このウォーキング・デッドだけど、1話の導入としては意外とシンプルだったなーという印象。
 ゾンビものも世の中にたくさんあふれているご時勢だから、既存のゾンビ作品と大きな差別化をしてくると思いきや、そうでもなかった。
 思ったより王道。
 だからこそ気になりますね。
 これがシーズン7まで作られるほどの人気を得た理由を。
 
 海外作品ということで、日本じゃ絶対に放送できないグロ描写もあるので、視聴には覚悟も必要ですが…。
 心に小梅を抱きながら2話以降も続けて見てみるとします。
 そんなGWの真ん中でした。
 
 DA!さんお疲れ様。
 また遊びにきてくださいねー。
    23:59  Top

2017.05.03[水] Nintendo Switchにふれてみた

Nintendo Switch

 今日は友達がNintendo Switchをもってきてくれました。
 おー、始めて見た。

コントローラー

 コントローラーも含めて、持って見た感想は…。
 
 軽い!
 
 サイズも小さい。
 これはすごいけど、携帯としてやると物足りないのでは?

 と思ったら、

意外と大きい

 見た目以上に大きい。
 完全にタブレットだ、これ。
 
マリカー

 そして、本体にセットするとノータイムでテレビへ。
 
 Switchの仕様は知ってましたが、こうしていざ見せられると感動がありますね。
 よくこの企画を商品化までこぎつけたな。
 任天堂の本気を感じる。

マリカー

 試しにマリオカートをやらせてもらったけど、十分、綺麗じゃないですか。
 コントローラーの振動も気持ちいいな。
 PS4とぜんぜん違う。
 
ゼルダ

 他にゼルダもプレイ。
 
 ここ最近は任天堂ハードから離れてたけど、なんか謎の安心感があるな。
 これがブランド力ってやつか。
 なんか『ゲームをやってる!』って感じがするし。
 スプラトゥーン2も7月に出るし、こりゃ本体も欲しくなってきたなー。
 
 
「じゃあ、ホッパーさんも買いましょう」

 そうだねー。


 けど、


小梅

 いろいろあって、今は難しいんだ。

「いろいろ…」

 そう、いろいろ。
 

 任天堂の作品をやってると、自分のゲームライフはどこで間違ってしまったのか…、と人生を振り返りたくなるな。
 古きよきゲーム文化を今でも守ってる任天堂は偉い。
 そんな真理に到達したGWの幕開けでした。

 今日は長い一日になりそうです。
    22:49  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop