FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2008.10.20[月] 違いのわかるラジオ

 アルカナハートの開発でも有名な、㈱エクサムさん。
 ここの開発スタッフさんがラジオに出演したということで、時間があったら聞こう、と思ってましたが、なかなか時間が取れず…。
 けど、本日、何とか全て聞き終わることができました。
 サイトは、「違いのわかるラジオ」。

違いのわかるラジオ

 第25回と26回の2回にわたって、エクサム社員のみなさんが、語ってくれました。
 流しながら聞いてたわけですが、僕的には、かなり興味深い話が多かったですね。
 普段はユーザーサイドの視点でしかゲームを見てないわけですけど、こうして開発サイドの視点を感じとれるのはいいですね。
 
 例えば、AMショーでの話。
 平日に大会をやったことに対して、休めない参加者はどうするんだ!
 平日だと、ビデネスデーで、一般人は応援にも行けないだろ!
 と、僕は内心思ってましたが、開発者サイドとしては、ゲーセンの店長さんを始めとした企業のみなさんに、「ゲーセンでの大会」というものを、ひとつの見本として見せられた。
 という意見を聞いて、「そういう考え方もあるのか…」と感心しました。

 たしかに、ゲーセンによっては大会を積極的に開催するところもありますが、やらないところはやりません。
 配線にしろ、設備にしろ、準備も大変です。
 けど、アルカナ2で使用している基板「エクスボード」は、始めから音声、映像の出力コンバーターが内蔵されてますので、機械に詳しくない店員でも、ライブモニターや、動画のキャプチャーが容易です。
 そういう部分でも、エクスボードという基板は評価されてほしい、とのこと。
 なるほどね。
 スト4やブレイブルーなどで使用されている、TypeX2は、非常に高級な基板。
 力の無いメーカーには開発が難しいですし、16:9の比率ですので、旧型の筐体を現役稼動させてるゲーセン側にとってみれば、昔ながらの4:3の比率の方が助かる…。
 エクスボードは、ロム差し替えによって安価でゲームで提供されて、接続も簡単…。
 開発もWindowsがベース…。
 メーカーにとっても、ゲーセン側にとっても、デメリットは少ない、と。
 ふむふむ。
 たしかに、僕も始めてエクスボードを見た時は、出力端子の豊富さには驚きましたし、おかげでキャプチャーが簡単でした。
 また、USB端子やLANも付いてますので、開発者のアイデアで、いろんな方向性に伸ばすこともできそうです。
 エクサムさんが、どれだけアーケード業界を考えているのか。
 そのひとつの可能性がエクスボード、というわけですね。
 興味深いです。

 それと、ラジオを聞いてて一番印象に残ったことは…。
 とにかく、みんなアーケードゲームが死ぬほど大好きってことですね。
 技術の部分や、開発してる作品の話も面白かったですが、まず根底として、みんなアーケードゲームへの思い入れがすごい。
 これが感じられたのが、一番の収穫だったのかも。
 特に、さくらいさんw

パニッシャー
 どれだけパニッシャーが好きなんだwww
 撤去された東京レジャーランドに、パニッシャーが復活してたら、爆笑しますよw
 
 あの人たちが飲み屋でアーケードの話を始めたら、朝まで語ってそうでしたね。
 そんな雰囲気でした。
 けど、嬉しいですね。
 自分たちが楽しんだゲーセンという場。
 それが、今は冷めてしまっている。
 それなら、自分らの手で何とかしたい!
 そういう気持ちをもって、作品に携わってくれてることが。
 
 …まぁ、だからといって全員女性の格ゲーを出してくるとは、ねw

 けど、次回のデモンブライドなどを見てると、アルカナハートで満足せず、次へ次へつなげたい、という意欲は解ります。
 あたりさわりの無いゲームよりも、何かに特化させた作品を。
 そんな話もされてました。

 エクサムさん自体は、以前より応援してましたが、今回のラジオを聞いて、ますますファンになりましたね。
 今後の活動にも注目してます!
 開発者のみなさん、がんばってください!!
    21:07  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop