FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2008.09.04[木] アルカナ2を振り返ってみる~新キャラ編~

 コンボDVDも終わり、すっごいアルカナ2稼動まで待機状態。
 それなら、ここらでアルカナハート2という作品を振り返ってみようかな。
 と、いつもの思い付き。
 主にキャラクターについてです。
 ただし、僕の場合は「対戦」よりも「コンボ」という観点での主観が大きいので、それを踏まえての評価になります。
 では、勝手にスタート!

ペトラ・ヨハンナ・ラーゲルクヴィスト
「ペトラ」

 よくツインドリル+ドレスなんてドッター泣かせなキャラを作ったな~。
 と、素直に感動。
 AOUショーで、一番インパクトを受けたのがペトラでした。
 通常技や必殺技にも、まず「かっこよさ」が前面に出るようなモーションにしてありましたね。
 ただ、いざ触ってみると意外とコンボは地味。
 基本コンボとか、JA・J2B・JCをタイミングよく、ペチペチペチ…。
 何か足りない感が、終始付きまといました…。
 うーん、ひとつあげると『跳弾』がもったいなかったかな~。
 EFZの真琴や、緋想天の咲夜みたく、もっとゆっくり飛んでいけば、かなりコンボの幅も広がったと思うのに…。
 例えば、コマンド完成後にボタンを押し続ければチャージ→そこから発射すると、弾速がゆっくりになる。
 なんて調整だったら、面白かったかも。
 あと、空中でも撃てます、とかね。
 次回作で、どのような方向へ調整されるのか、エクサムさんの手腕に期待です。

キャサリン京橋
「キャサリン」

 このキャラで何をさせたいのか?
 それが一番よく伝わるキャラ。
 実際、使った感じもその通りでした。
 ラリアットはスーパーアーマーだけど、強攻撃以上は耐えられない、というところに、開発者の慎重な調整も見て取れます。
 決して、安易には作ってないキャラでしたね。
 コンボは幅が狭かったけど、投げキャラというわけではなかったので、伸ばせる余地があってよかったです。
 バランスの部分では、「とっし~ん」を何とかしてほしい。
 という声も多いけど、僕はそこまで大きな調整は望まないです。
 逆に発生とか遅くされたら、キャサリンらしさが消えます。
 あの技は、あのスピードでガード不可だから、やる方もやられる方も面白いんです。
 調整部分を強いてあげるとしたら、「とっし~ん」を回避されると、壁に激突してひっくり返る、とかかな。
 メルブラの琥珀のアークドライブ
 あんな感じ。
 そこから反撃をくらう、というわけではなく、あくまで攻めのターンが相手にうつる程度。
 僕の希望はそのくらいです。

ゼニア・ヴァロフ
「ゼニア」
 
 ハートフルなゲームに、ガチな格闘家が乱入してきた。
 そんな印象。
 パイルバンカーという特殊な攻撃をしますが、コンボは純粋な格ゲーキャラに近かったです。
 そのため、かなり初期の段階で答えを出したキャラでもありますね。
 イディナロークの壁受身不能のおかげで、コンボネタも豊富。
 即死も撮れて満足してます。
 ただ、逆に言えば「イディナロークしかない」キャラでもありました。
 別に不満はありませんが、コンボムービーにした時、どのコンボも似たり寄ったりになってるな…、という懸念はありました。
 贅沢な悩みなのでしょうけど。
 次回作では確実に弱くされると思いますが、頭ごなしに押さえつけて”劣化”させるのではなく、”変化”を見たいですね。

エルザ・ラ・コンティ
「エルザ」
 
 声優→三宅 華也
 この時点でマイキャラ確定でした。
 二次元が初恋じゃダメですか!?
 そんなエルザ。
 新キャラの中で一番スタンダードなキャラなんですが、聖水の設置、受身不能バグ、拾い直し2回、カスグラなど、様々な小ネタが満載で、どのネタもコンボに使えるものばかり。
 いろんな色が出せたという点では、新キャラの中で一番クセが強かったのかもしれません。
 コンボで悩むことも少なかったですね。
 初登場にして、すでに完成されたキャラ。
 これが言いすぎではないと、個人的には感じています。

クラリーチェ・ディ・ランツァ
「クラリーチェ」
 
 通常技、必殺技、超必。
 これらのバランスが面白かったですね。
 個性の付け方が上手でした。
 実は、一番期待を裏切られたキャラでもあります。
 もちろん、いい意味で。
 このコンボができるなら、これもいけるか?
 と思ったら、あらあらダメですか。
 そうやって肩透かしをくらったと思えば、あらあらこんな方向からコンボが!?
 じゃあ、これは……あー、ダメか。
 あ、でもこれはつながるんだ!
 といった感じ。
 いろいろできそうで、実はあんまりできないけど、やっぱりできる。
 ほんと、クラリーチェの性格通り、最後までもて遊ばれた印象でした。
 「やるべきことはやった」という思いはありますが、彼女は「あらあら」と笑っているだけですので…。
 その瞳の奥で何を考えているのかは、最後まで看破できませんでした。

ドロシー・オルブライト
「ドロシー」

 稼動前まで一番期待してたのがドロシーでした。
 だって、手品師ですよ。
 通常技すら想像できない容姿でしたので、本当に楽しみでした。
 実際、どうだったかというと、他のキャラにはない独自の世界を作れたことには満足してます。
 ミスディレクションを使った隙消し、スペキュレイションを使った時間差攻撃、JB→JAという逆チェーン、トランプの役、即死などなど。
 ただ…。
 当初の期待には届きませんでしたね。
 必殺技も、これを当てたらコンボ終了、というのが多いため、意外と幅が狭く苦労しました。
 うーん、なんだろ…?
 なんかこのキャラだけ、開発期間が短かったとかありませんか?
 それとも、土壇場で大きく変えてしまったとか。
 なんか作りかけで登場させてしまった違和感がありました。
 トランプの役も、個性が足りない感じがします。
 だからこそ、次回作では一番化けて欲しいキャラではありますね。
 開発者がどう調整してくるかによって、「ドロシーはこうしてほしいキャラなんです」という声が解りますので、うまく耳をすませておきたいです。
 

 さてさて、そんな感じに語ってたら、なんだか長くなってしまいましたね。
 とりあえず、新キャラについては書けたので、今日のところはこの辺にしておきます。
 旧キャラの評価なんかは、また明日にでも書きたいですね。
 
 それではー!
    22:27  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop