fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2024.04.24[水] シャニマス6thツアー横浜公演Day2 現地参加した感想

20240424190105940.jpeg

祝!
シャニマス6周年!!!!!!

朝から天井社長のPVを見て泣いてました。
そんなめでたい日なので、ブログの記事も当然シャニマスです。
5日連続の6thツアーの感想となります。
これまでは、

フラスタ紹介フラッグ紹介希水しおさんについて、Day1の感想と書いてきました。

こんな感じ。
今日はラストとなる、Day2の感想を書いていきます。

20240424190115563.jpeg

もうKアリーナまでの道のりも慣れてきました。
これで橋が完成すれば、もっと快適になるのありがたい。
アンパンマンこどもミュージアムの前を通らなくてもよくなりますし。
家族連れに怪訝な目で見られながら歩くこともなくなるよ!
やったね。

入場して、QRコードをかざして発券。
昨日は300レベルだったから、今日は500レベルくらいかな。


20240424190102af5.jpeg

…ん?


待って!?



アリーナ!?


20240424190112469.jpeg

花道が目と鼻の先!?

ホッパー「やばいやばいやばい」

隣の全然知らないオタク「やばいやばいやばい」

後ろの全然知らないオタク「やばいやばいやばい」

みんな、やばいbotになってた。
まさか、こんな……え?マジで?
帰りに車に跳ね飛ばされても文句はいえない席だった。

このチャンスを逃す手はない!
せっかくのアリーナなので、ここで友人と少し探索。
ひとつ疑問があったんですよ。
今回のライブはセンターステージがあります。
けど、中央ステージに続く花道がないのです。
じゃあ、センターステージにいるキャストさんは、どこから戻っているんだ?
もしかして、Kアリーナは地下に降りる階段があったりするのか?

と思って、花道の周りをチェック。
んー。
けど、床にはそれっぽい設備がないな。
あー、けど、この階段は動かせるようになっているのか。
あー、ここの下に配線を通しているのね。
と、細かいアリーナの作りが分かって興味深かったです。

202404241901039be.jpeg

で。
その時は分からなかったんですけど、あとからこの写真を確認して気付きました。
ライブが始まると、花道の左側からのみ出入りができるようにしていました。
あー、なるほど。
センターステージから降りたキャストさんは、花道の右側からグルっと回って楽屋に戻っていたのか。
謎が解けました。
すっきり。

あ、それともうひとつ発見がありました。
アリーナの座席は、席と席を連結させているだけで、床に固定しているわけではありませんでした。
勢いよく座ると、席が動いちゃうレベル。
なるほどね。
花道を作れるように、簡単に席も移動できるようになっているのか。
いろんなライブに対応できるよう、よく考えられています。

2024_0424_02.jpg

そんなアリーナの構造を学べたところで、ライブスタート。
いつものデビ太郎が登場。

着ぐるみと一緒に体操することに、何も疑問をいだかなくなってきましたね。
聞いた話では、高山さんも体操していたらしい。
可愛いかよ。

そして、オーバーチュア。

うわーーっ!!

キャストさんが花道に集まってきた!
すごい!
近い!!
どんどん歩いてくる!!


美人声優のベルトコンベアー!


ストレイライトのTシャツを着て、凛世のうちわを持って、ルカのタオルをかけて、

「ぎゃー!紗蘭ちゃん、可愛い!!」

と大騒ぎ。
お前はもう誰でもいいのか。
けど、しょうがない。
目の前にキャストさんがいたら、秒で狂う。

2024_0423_06.jpg

そして、「Spread the Wings!!」

すでにオーバーチュアの時点でお祭り騒ぎでしたが、フェスタの開演にサイリウムで応えました。
いつも以上にコールにも熱が入りましたよ。

2024_0424_03.jpg

からの、「夢が夢じゃなくなるその日まで」
ちょうど、ノクチルが目の前を歩いてセンターステージへ。
その間、雛菜がめちゃくちゃファンサしてくれて幸せー。
そのせいで、移動が3人よりも遅れちゃってたけど、そこも雛菜らしくて好き。

20240424190106590.jpeg

そんな、8ユニットの連続歌唱。
印象的だったのは、イルミネの「BRIGHTEST WHITE」ですね。
白は200色あるそうだけど、BRIGHTEST WHITEは最も白い光を意味する曲名。
その曲名の通り、会場内を白のペンライトで埋めたい。
そんな願いを込めて、有志の方がウルトラホワイトを無料で配る活動をされていました。

あー、思い出すなー。
シンデレラガールズ1stライブの時、Twilight Skyで光のグラデーションを作るためUOを配ってた企画。
この白いペンライトが、どこまで配布されてたかは分かりませんが…。

ラスサビの「真っ白に輝く~」の時、明らかに周りが白く光ったんですよ。

アリーナだから、しっかり確認できなかったんですが…。
あとから配信を見直したら、綺麗な白い光が客席に広がっていました。
おー、これは感動ですよ。
カメラマンも、この企画を認知していたのか、意図的に客席も映してましたし。
これだけ真っ白なら、ステージに立っていたイルミネにも見えたはず。

企画されてた有志の方も、感無量でしょう。
おめでとうございます!

そして、いつか。
灯織にもこの光景を見せてあげたいです。

2024_0424_14.jpg

その後も楽曲は続く。
フルメンバーで飛ばしてきた「全力アンサー」
何かに取り憑かれていたかのような「幻惑SILHOUETTE」

花道を歩いてきた、三川華月さんの美脚に見惚れた「くだらないや」
花道を歩いてきた、三川華月さんの美脚に見惚れた「くだらないや」
花道を歩いてきた、三川華月さんの美脚に見惚れた「くだらないや」

ダンスもボーカルもバックモニターの演出もえぐすぎる「SWEETEST BITE」
ついに3人で披露された「BURN BURN」
可愛い子たちに可愛いことをさせる、大正解な「Love Letter」

これだけの個性の違いが出るユニットが一堂に会する。
シャニマスは贅沢なコンテンツですよ。

2024_0423_10.jpg

ここから3チーム楽曲は、昨日と同じ。
「Hide & Attack」では、正面に樹里と咲耶がいたので、ふたりのパフォーマンスに集中。
服装が和風なので、樹里とHide & Attackの相性はバツグン。
振り付けが本家よりは少ないとはいえ、大きくキレのある動きが本当にかっこよかった。
仮面がない代わりにマントで顔を覆ってた咲耶も、かっこよかったなー。
ストレイライトの楽曲を、このアイドルならどう表現するか。
うまく落とし込んでいました。

2024_0423_11.jpg

そして、「Fashionable」
来ましたよ。
来ちゃいましたよ。
僕の目の前で手をつなぐ、美琴と円香。
近すぎて、近い…。
どのくらい近いかというと、イヤリングの色が肉眼で確認できるレベル。
近い。
近すぎる。

そんな距離だから、全部見える。
ややさんの腹筋とか、ちゃんりおの膝裏とか、いろいろ。
けど!
それ以上にびっくりしたことがあります。

この距離になると、衣装の質感も分かるんですよ。

まったく、安っぽくない。
コスプレじゃなくて、その名の通り衣装。
重量感というか、高級感というか。
そういうのが伝わってきて…。
で、靴がヒールでしょ?
なのに、ブレずにダンスを決めてる。
キャストさんのステージにかけてきた覚悟と時間を肌で感じられて、震えましたよ。
すごすぎた。

2024_0423_12.jpg

Dye the sky.

こちらは両サイドの花道にキャストさんが立ちます。
僕の位置からだと、霧子が一番よく見えましたね。
クール曲はアンティーカの十八番。
キメ顔のみーちゃん、素敵。
あと、ポニーテールも素敵。
よく見ると、ポニーテールも単に髪をくくってるのではなくて、ちょっと巻いているのか。
これ、一生見ていられるな。


と、昨日と同じセトリでも、情報量が多くてあっという間にDJコーナー。
奥の階段を昇る人影が見えます。
んー、あの白い衣装は……ストレイライトか。
髪が長いし、コメンタリーに参加するメンツで考えると、これは愛依ちゃんですね。
ペンライトをピンクにして待機。
そして、ライトがバーンと付いて答え合わせ。

20240424190959408.jpeg

ほーら、やっぱり愛依ちゃんだったー。

愛依「みんな……ここからは、283プロダクション スペシャルDJライブであがっていくよ…」

あーーーー!!
違う!!!!
これは!!!!

愛依サマだ!!!!

さなぴー見てるか!
これはクールな曲が来ますよー。

202404241901119c6.jpeg

絶対正義 EVERY DAY

うーん、これはクール。

夏葉のハイキックが高すぎて笑ったのと、樹里がちょこ先輩を捕えていたの解釈一致すぎて最高だった。
なかなか初手からクセが強かったけど、昨日のデピ太郎のうたからの流れではあるから、これはわかる。
予想もできた。

が!

予想できたはずなのに、予想できなかったくらい撃ち抜いてきたのが…。

20240424190109a6b.jpeg

ぱぶるは幸福論

いや、そうだよ。
昨日がルカ単体でやったなら、今日はだぶるはなのは予想できたはずなんだよ。
けどね。
予想できた人でも、予想できなかったんじゃないかな。

あの可愛さは……

アルストロメリアは病気が治って健康になることは有名。
けど、だぶるははなんだ…?
栄養素が強すぎて、逆に枯れるまであるぞ。
人類にはまだ早すぎたかもしれん。

その証拠に、あまりの甘々な空間に、何を歌っていたか記憶から消し飛んでいました。
あとから配信を見て、「あ、アルストロメリアを歌ってたんだ」と発言したレベル。
友人にも「なんでだよww」と突っ込まれたけど、マジで、だぶるはがいたという事実しか覚えてなかった。
そのくらい脳が幸福論に支配されてた。
フルバージョンだったら、脳が耐えられずに焼き切れていたかもしれん。
危なかった。

2024_0424_04.jpg

からの、SHHisの「Anniversary」は温度差で風邪を引くのよ。
ムゲンビートで披露した「いつだって僕らは」と同様に、歌詞の意味が違って聞こえる。
SHHisの湿度の高さ、やばいよ。
けどね。
今の仲良しーずになったふたりが歌うAnniversaryって、悲観的なイメージは無いんですよね。
むしろ、これはルカに対して歌っているのでは?
と解釈したくらい。
受け止めた人によって、色が変わるAnniversaryだったかと。

2024_0424_05.jpeg

そこからの、結華×透の「Fly and Fly」は一気に空気を変えたね。
けど、このふたりの組み合わせがまったくわからなかった。
そういう時は、Xで検索!
みんな、オラに解釈を分けてくれ。

ふーむ、ふむふむ。
・PRオファーの4位と5位組。
・結華=にちか × 透=美琴の疑似SHHis

なるほどね。
これの答え合わせは、いつか知りたいですね。

そんなふたりがパフォーマンスを終えた後、花道に人影が。
む!?
あれはちょこ先輩!
じゃあ、相方は誰だ!?
けど、ここから反対側の花道は遠くて見えない。
まぁ、曲が始まればわかるやろ……

……って、「SOS」じゃねぇか!!

はっ!?
じゃあ、メンツは!?
モニターを凝視。

むっ!?

…小糸?

えっ!?小糸!!??

202404241901084b2.jpeg

ちょこいとだぁーーーッッ!!!

合同ライブ以来のちょこいと。
マジか!
DJ愛依サマ、有能すぎる!
ボーナス4倍にしよう。

ふたりの髪型がおそろいのツインテールだったので、余計に親和性がある。
これには冬優子もにっこり。
いいSOSだったよ。

あと、僕の後ろの方が智代子Pだったんだけど、ファンサをもらって霊圧が消えていました。
骨は拾っておくよ。

20240424192900721.jpeg

そして、DJコーナーの締めは「また明日」

これはすぐに分かりました。
寮組ですね。
事務所から帰ったのか、それとも商店街で出会ったのか。
寮への帰り道のような光景がとっても微笑ましかったです。

なんか、全体的に愛依~って感じのセトリ。
感情になったり、可愛かったり、癒されたり。
こういうシャッフルの楽しさも、6年の積み重ねがあったからこそ。
最高でした。

2024_0424_06.jpg

ずっと聴いていたかったDJパートも終わり、お次はPRオファー楽曲。
昨日と同じと思って、「輝きにかわる」のメンツのサイリウムを用意してたら、ラップが始まって焦ったw
順番を変えてくるなんて、にくいことしてくれる。

G O T C H A!

シャニソンへの実装はよ。

2024_0424_07.jpg

ここからは、再び8ユニットによるボスラッシュ。
後半ブロックのトップバッターは、放クラ「ハナサカサイサイ」

昨日のアルストロメリアの「グラデーション」と同様に、みんなと踊ってほしくて振り付け講座が入りました。
大阪公演では、みんなで歌う。
横浜公演では、みんなで踊る。
これもツアーらしい楽しさ。

今回の6thライブは、とにかくみんなと楽しむ!というのが全開で本当に気持ちがいい。
わ~しょい!わ~しょい!

2024_0424_08.jpg

続いては、アルストロメリアの「メッセージ」

この楽曲。
曲の途中で矢を放つ振り付けがあるじゃないですか。
あれは…ラブアローシュート…!
この時、僕の身体に眠るラブライブの記憶が蘇るんですよね。

なので、矢が放たれた時に、胸に刺さったリアクションをしたんです。

すると、僕の前にいた方も同じリアクションをしてて嬉しくなりましたw
握手しよう。

2024_0424_09.jpg

3曲を二日間で分けるので、「無自覚アプリオリ」はDay2でも披露。
けど、大好きな楽曲なので、なんぼ披露されても問題なし。

↑この「お気に召すまで~」の振り付け好きなんですよね。
実際のライブもMVと同じ振り付けだけど、違うのは移動距離。
わりと離れているのに、羽那とはるきは後ろ歩きでツカツカと戻ってきてポーズを決めるんですよ。
しれっとやってますが、すごい運動量。
これが新人とか、逸材すぎるでしょ。

2024_0424_10.jpg

コメティックが熱く盛り上げたあと、さらにストレイライトが盛り上げる。
「Another Rampage」

今回の横浜公演は「星」がつく楽曲が多く歌われていました。
なので、てっきり「Timeless Shooting Star」が来ると予想していたんですよね。
そこは外れましたが、Another Rampageも最高に好きなので、大歓迎ウェルカム。
ストレイしか勝たん。

2024_0424_11.jpg

続いてSHHisの「White Story」
手加減なしか。
Kアリーナって音がいいので、ふたりのボーカルが響く響く。
とっても贅沢な空間。
ここに住もう、そうしよう。

2024_0424_12.jpg

「有彩色ユリイカ」

今回のアンティーカは、曲も相まって世界観の強さが完璧でした。
恋鐘不在なのに、劣化したのをまったく感じないの、ほんと凄い。
ステージで笑顔が見えるのもいいんですよ。
分かるな?
見守りんもにっこり。

次のフルメンバーでのステージ。
いったいどうなってしまうのか。
革命が起きるかもしれん。

2024_0424_13.jpg

「枕木の歌」

今回は大阪公演から時間があったので、灯織の歌唱パートはふたりが担当されていたんですよ。
なのにさー。
この「枕木の歌」では、あえて灯織の音源をつかうのさー。
さー。
さぁーーー!!!!

泣くから

Day1の「星が流れて」もそうだけど、灯織の居場所を感じさせてくれるの、ほんとありがたい。
歌詞も灯織に対する願いにも感じるし、心にグッときました。

でね。

ずるいなーと思ったのが、これが最終ブロックの締めじゃなかったところ。

2024_0424_03.jpg

最後が、ノクチルの「青とオレンジ」

またきっと会えると未来に思いを馳せる「枕木の歌」からさー。
不安もや希望もあるけど、この日々を大切にして歩いていく「青とオレンジ」につなぐのさー。

もうさー。

もう!!!

ずるい!!!!


祭りのあとの、ちょっと寂しい気持ち。
そんな感情にもなった、最終ブロックでした。

2024_0424_15.jpg

ここからの「星の声」は昨日と同じ。
あぁ、楽しかった6thライブも終わっちゃうのかー。
と思ってたらですよ。

最後に紙吹雪が舞い上がって…。

そこは昨日と同じだったんですが、Day2のみ虹色のレーザー光線が客席の上を照らしたんですよ。
その光に紙吹雪が反射して…。
まるで虹の星空。
これ、配信でも見えたんですけど、現地の美しさは伝わらないと思う。
ほんと綺麗だったの。
言葉を失うくらい。

アリーナにいたみんなも空を見上げててさ。
曲が終わっても座らないの。
この幻想的な光景をずっと見ていたくて。
なんか…。
シャニマスっていいなって素直に思えたし、ずっと忘れない光景だと思います。

20240422114118bb1.jpeg
20240422114114fde.jpeg

まぁ、そんな感動も、そのあとのコメティック ファン感謝祭予告で感情ぐっちゃぐちゃになりましたがw
まだ怖くてプレイしてないんですよね。
週末に向き合います。

20240424203434ca8.jpeg

でね。
この時は、アンコールも昨日と同じだと思ってたんですよ。
大阪公演でも、アンコールの楽曲は両日で違ってたでしょ。
完全に油断してたから、「夢咲きAfter school」は不意打ちでしたよ。

一番で「ナンバー1」というコールが聞こえた~というお気持ちも見かけたけど許してほしい。
全体曲で夢咲きは楽しすぎるんよ。
それと、それだけ新規が増えたってことでもありますし。
これも6周年の軌跡よ。

でね。

この夢咲きが終わった時、ちょうど目の前に放クラメンバーが固まっていたんですよ。
締めの決めポーズを慌てて取るわかさまや、それに気付かずに怒られてたながどんとか。
そんな微笑ましい光景に向けて、

20240424205532981.jpeg

この凛世うちわを振っていたんですよ。

そしたら…。

わかさまが気付いてくれて、指差しからの手を振ってくれたんです。


え!?

わかさまが…。



僕に……ファンサ…!?





20240424210033f11.jpeg

ピ………

あまりの幸せに、口から小糸みたいな声が出ました。
おっさんとは思えない超音波がほとばしったよ。
衝撃が強すぎて、左足と右腕がもっていかれるところでした。

いい人生だった。

ありがとうございます。


202404242106324f9.jpeg

そのあとの記憶はなく、気が付いたら「アイマスですよ、アイマス」でした。
こいつ、いつも記憶を無くしてるな。

けど、この消費カロリーが楽しかった時間を物語ってくれてます。
はぁ、楽しかった…。
楽しすぎた。

4thや5thみたいなシナリオに準じた周年ライブもいいですけど、こういうお祭り!というライブもいいものです。
とはいえ、次の次のライブをすでに発表したのは頭シャニマスかと思ったけど。
大阪公演でも、アニメ一期放送前にアニメ二期を発表してたし。
何を生き急いでいるんだ。

けど、それだけの勢いがあるのは嬉しいもの。

6周年を超えて、次の7周年に向けてもう進み始めています。
この勢いに振り落とされないよう、これからも駆け抜けていきますよ。
プロデュースがんばります。



はい!
というわけで、5日間にわたってお届けした6th横浜公演の感想ブログ。
これで終わりです。

参加されたみなさん。
いつもアイドルと寄り添ってくれているキャストのみなさん。
支えてくれたすべての運営スタッフさん。

本当にお疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!

それでは。
    21:23  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop