fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2024.03.31[日] ラブライブTV放送10周年記念 オーケストラコンサートの感想

20240331214814580.jpeg

「ラブライブ!」アニメ放送10周年を記念してイベントが開催。

TVアニメ放送10周年記念 LoveLive! Orchestra Concert

そうなんです。
前にアイマスでもやってた、オーケストラコンサートです。

しかも…

出演するのは、μ's

わかりますか?
μ'sですよ?
2024年にμ'sの歌声が聞けるんですよ!

普段はアイマスを追っていますが、μ'sは別格。
あらゆるものより優先されます。

そんな奇跡のようなコンサート。

20240331214811918.jpeg

パシフィコ横浜にて、昨日〜今日の二日間で開催。
Day1は、配信。
Day2は、現地で鑑賞することができました。

今日は感想を書いていきたいと思います。

2024033121480865d.jpeg

ドレスコードはありませんが、コンサートということで格好はパンピーっぽく気取りました。

20240331214804bf9.jpeg

けど、にじみ出るオタク臭は隠せてない。
しょうがない。
μ'sだもん。

202403312148102d0.jpeg

それにしても、この二日間は天気もよくて何より。
ちょっと気温が高かったけど、海風が気持ちよかったですよ。
いいμ's日和。

20240331214812867.jpeg

会場に着いたあとは、物販。
この令和にμ'sの描き下ろしグッズが出るなんてね。
ありがたい。

2024033121481577f.jpeg

ちなみに、午前中はアイマスのコラボカフェに行ってたので、カバンの中はご覧の通り。
ひとり異次元フェスが開催されてましたよ。

20240331221902f6a.jpeg

開場時間になったので、館内へ。
今回のコンサートは、立ち禁止。
座り限定でしたが、パシフィコ横浜の椅子はやわらかいので平気。
そうだよね。
まさか、パイプ椅子でオーケストラコンサートをやる作品があるわけないですからね!


2024033122225411c.jpeg

今回のセトリは、Day1もDay2も同じ。
Day1を配信で見てたので、内容に新鮮さはなかったのですが…。

Day2の方が泣きました

現地補正やばい。

指揮者である栗田博文さんの躍動感も直に伝わりますし。
でね。
栗田博文さん。
この人。

μ'sをしっかり勉強してきている。

どの曲をどう表現すればいいのか、ちゃんと物語を分かって指揮されていました。
その一例をご紹介。

202403312147528ba.jpeg

今回のセトリは、アニメ一期→二期を振り返る流れ。
アニメ内で流れたBGMを中心に、時系列ごとに演奏されました。
モニターにもアニメ映像が映され、曲目も表示されます。

1話から2話と演奏と共に物語は進行。
そして、第3話の誰もいない講堂のシーン。
BGMも「誰もいない」というタイトル。

これが演奏される時、

栗田博文さんは指揮棒を振らず、うつむいて演奏を聞いていたんです。

信じられない光景でしたよ。
指揮者が指揮を放棄する姿なんて、ありえないですから。

けど、あの時の穂乃果たちの絶望感を表現するには、これ以上の指揮はない。

この表現は、μ'sをしっかり勉強してきた証拠。
オタク作品などと侮らず、真剣に向き合ってもらえた。
それを肌で感じられて、涙腺にきました。


からの…


2024033121474972a.jpeg

START:DASH!!

3人で披露された、最初のステージ。
この時、客席に向かって3つの光が照らされたんですよ。


もうガン泣きですよ


オーケストラの演奏に、ライトの演出。
これを全身で感じられるのは現地の特権。
そらDay2の方が泣けるに決まってる。

でね。

20240331223855105.jpeg

13話の「START:DASH!!」では、9色のライトが会場内に広がって…。
演奏も楽器が増えて、躍動感もあがっていました。
この差別化。

完璧でしたよ。


20240331224300a8d.jpeg

泣いた一方で、ちょっと笑ったのは「Snow halation」

コンサートなので、ペンライトを振らず静かに聞いている人も多かったのですが…。
スノハレでは、白を振る方がほとんど。
そこからの、落ちサビでオレンジに変えるUO芸。

オーケストラコンサートでそれをやってもいいのか?

と思いましたが、演奏も「ここでUOを折って」と言わんばかりにタメ時間を作ってくれてたんですよ。
一瞬、静かになったタイミングでUOの「パキパキ」と折る音が聞こえのは笑ったw

そして、一面に広がるオレンジのオーケストラ。
Day1の配信では、意図した通りになったのが嬉しかったのか、フィルハーモニー交響楽団のみなさんも笑顔が見えましたw
まぁ、オーケストラでUO炊かれる光景もなかなかないでしょうし、お互い貴重な体験でしたよ。




そして、そして。

また聞くことができた、μ'sの歌声。
奇跡のような、当たり前のような。
不思議な感覚でした。

そして、あらためて思うことがありました。
μ'sを伝説と評するのはそうなんだけど。
今も変わらず、そこにいて。
彼女たちは生き続けている。
だから。
会えないはずなんてない。


願わなければ叶わない。

叶うから願う。


みんなで叶える物語


20240331214757f09.jpeg

穂乃果

20240331214757d86.jpeg

海未

20240331215842c01.jpeg

ことり

20240331214801ae8.jpeg

花陽

20240331214805272.jpeg



20240331214801259.jpeg

真姫

20240331214757d45.jpeg

にこ

20240331214753f26.jpeg



20240331214753e97.jpeg

絵里


また会いたいです。

だから、これからも願い続けます。


東京フィルハーモニー交響楽団のみなさん。
熱のこもった演奏を、ありがとうございました。
藤澤慶昌さん。
素晴らしい編曲を、ありがとうございました。
栗田博文さん。
μ'sを大切に表現してくれて、ありがとうございました。

μ'sのみなさん。
素敵な二日間をありがとうございました。



配信はまだアーカイブがあります。
この奇跡をたくさんの方に感じてほしいです。
そして、みんなで叶えていきましょう。
よろしくお願いします。

以上、TVアニメ放送10周年記念 LoveLive! Orchestra Concertの感想でした。
それでは。
    23:08  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop