fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2024.01.03[水] シャニマス CoMETIKのシナリオ「no/ode」の感想。彗星がもたらした影響力。

20240103153119b91.png

正月を利用して、シャニマスのシナリオを読んでました。
CoMETIK結成を描いた「no/ode」

今日はこちらの感想です。
ただし、ネタバレ全開です。
この前の「ロード・トゥ・ハッピーホリデー!」や、羽那とはるきのWING編にも触れます。
そのため、ここから先は追記に隠します。
今日のブログに直接アクセスした場合は、追記が隠れず表示されてます。
ご注意ください。

それでは、続きは追記へ。
20240103153120c84.jpeg

※ここから先は「no/ode」のネタバレが含まれます。
ご注意ください。




20240103153122a1b.jpeg

CoMETIKの物語ってルカを治療する話し。
今のところは。
羽那とはるきの役割は、まずはここ。
ルカが283プロに入るという、天井社長も予想できてなかったイレギュラーをレギュラーにするための鍵。

ゆえに彗星。

虹を超えた星たちが見上げた空から降ってきた。
色をまだ知らない光。
だからルカも捕まえられる。
彼女たちは無色だから。

20240103153140380.jpeg

202401031531278a8.jpeg

ルカのシナリオは湿気が多いから、湿気とりで除湿。
はるきの吸引で、辛気臭いルカも晴れてくれるといいな。

あと、今回のシナリオで、羽那とはるきのアイドル像もみえてきた感じもします。
運営はめちゃくちゃ羽那を推してるけど、わざとってのは分かる。
羽那は新規ホイホイだけど、沼が深いのははるき。
間違いない。

CoMETIKが先に進むのは、はるきがキーパーソン。
今回の話しでも彼女が物語を動かしてるし。

20240103153130554.jpeg

羽那は、天性のアイドルだけど受け身。
はるきのような、ステージから飛んできてプロデューサーに駆け寄る強さはまだ見えない。

CoMETIKをイルミネで例えると、

ルカ…灯織
羽那…めぐる
はるき…真乃


こうなる。
だから、この先の物語でははるきが中心になってくる。

202401031531382a4.jpeg
2024010315313799a.jpeg

プロデューサーも、ふたりをこう評価してるし。

この秘めた情熱は、ルカを動かす。
そして、ルカもふたりには強く出れない。

20240103153116b3e.jpeg

ルカは、研究生や後輩から慕われています。
彼女自身も気にかけてくれる。

だから、自分よりもあとに入ってきた、羽那とはるきは邪険にできない。

ルカ攻略の抜け道かも。

20240103153124ddf.jpeg

ルカはにちかみたいに自分を追い込んで悲劇のヒロインぶってたけど…。
そろそろええ加減にせぇよ!と説教してくれたシナリオでもあります。

元々、ルカを救うのはにちかの役割。
と思ってましたが、なみちゃんも知らない、美琴も知らない、社長との因縁も知らない後輩をぶつけるとは、うまいことやりましたね。

ルカの外堀から埋めていく。

20240103153137731.jpeg

ルカの心に寄り添おうとしてる、はるき。

20240103153127089.jpeg

ルカに気負わず接しようとする、羽那。

ふたりのカウンセリングを受けて、ルカは変わっていくのか。
じゃあ、ルカのゴールってどこ?

202401031540216a7.jpeg

ルカのマネージャーは今の美琴を見て「大丈夫」だといいました。

にちかに寄り添う美琴がゴールならば。
羽那とはるきに寄り添うルカがゴールなのか?

20240103153116295.jpeg

そうなると、気になるのが羽那のWING編。

天性のアイドルがゆえに、美しいまま散る未来。
ルカが最も恐れる、

「いなくなる」

です。
この未来を暗示させて、公式がやたら羽那を推すの。


人の心が無いんか?


20240103153134576.jpeg

だからこそ重要なのは、はるき。
彼女のもつ、秘めた情熱が大切になる。


そして、

202401031539193c7.jpeg

ルカを放っておけない、283プロのアイドルたち。

プロデューサーがルカを手放さない限り、アイドルたちもルカを諦めない。
居場所を見つけた、真乃や摩美々や樹里は特に。

ユニットの枠を超えて、283プロ全体が動く。
CoMETIKがもたらした影響は、本当に大きいです。

2024010315311437d.jpeg

その影響はすでに現れていると感じたのが、
「ロード・トゥ・ハッピーホリデー!」
あのシナリオで特筆すべきは、小糸の行動。

ノクチルにとっての後輩は、SHHisとCoMETIKです。
アイドルとして完成されている後輩ばかりなので、先輩としての立ち回りはありませんでしたが…。
羽那とはるきは違う。
「助けなきゃ」と小糸が思った後輩なんです。

これ。
革命レベルの影響力ですよ。

アイドルたちがこんなお人好しになったのは、プロデューサーのおかげ。
これも今までのプロデュースの結果だと思うと、嬉しいですよ。
それが表に出てきたのも、CoMETIKの影響。
虹に混ざるカラーレス。
どんどん変化がおきてくる。

20240103153130538.jpeg

「Shiny Stories」

ルカが「今は信じてる」と歌える未来。

CoMETIKは、ユニットを超えて283プロを動かす彗星。
だから、ただルカをどうこうするだけじゃない。
なみちゃん。
天井社長。
はづきさん。
全てに影響をもたらす存在になるんじゃないかと思います。

CoMETIKの行く末が、283プロの色になる。

今は、3人の関係性が平行線なままでも。
くだらないと揶揄されても。
必要な光なんだと思いたいです。

202401031531194fe.jpeg

まだまだ序章のCoMETIK

けど、今回のシナリオではいろんな布石も受け取れました。
3人の関係性。
それに影響される283プロ。
この先の展開も楽しみにしていきたいと思います。

以上、シャニマスのシナリオイベント「no/ode」の感想でした。
    18:09  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop