fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2023.08.26[土] 電撃マオウ10月号 ミリオンライブ! Blooming Clover第65話の感想

2023_0826bc01.jpg

アニメの先行上映も好評な、ミリオンライブ。
正直な話、好評すぎてミリPが引いているくらい。
これについては、またどこかで記事にしたいところ。

さて。
そんなミリオンつながりで、今日はこちら。
電撃マオウに連載中のミリオンのコミカライズ。

『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover』
(特設サイト)

電撃マオウ10月号を購入したので、最新話の感想です。

が!

2023_0826bc03.jpg

開幕から、これ。

第65話「UNION!!」
というエモいタイトルですが、プロデューサーはガチャを天井まで回したようなテンション。

2023_0826bc05.jpg

あの麗花がここまで取り乱すところに、プロデューサーのやばさが伝わりますね。

2023_0826bc04.jpg

それはそう。

ミリアニではふたりのプロデューサーという展開だからまだ分散されてるけど、ミリオンBCはひとりですからね。
けど、アイマスってだいたいそう。
マネージャーがやるべき仕事をプロデューサーがやってますからね。

2023_0826bc07.jpg

そんなプロデューサーですが、今回で過去が明らかになりました。
ここに来て、掘り下げられたのはよかったですね。
作品によってプロデューサー像っていろいろだけど、ミリオンBCのプロデューサーも好きなんですよ。
おじさん寄りってのがいい。
赤羽根Pよりシアターのプロデューサーの方が年上って、それはそれで良くないですか?
年上なのに後輩でルーキー。
これは小鳥さんの妄想もはかどってしまいますよ。

そして、ここからの、

2023_0826bc08.jpg

麗花が想いもぶつけるシーンも素晴らしい。
今回の麗花って泣いたり怒ったりと、ちょっとイメージと違って…。
これは解釈違いもあるか?
と思ったけど、紬もプロデューサーが離れると誤解したときはめちゃくちゃ寄り添ったわけですし。
それと同じ。
麗花もプロデューサーが危ないときは、全力で助けようとするはず。
彼女にとって「普通」であることは「特別」なんですよ。
そこを描いてもらえてよかった。

2023_0826bc12.jpg

そして、グッドサイン。
ミリオンBCって長期連載だから、こんな感じにミリシタ内でのイベントも本誌に反映させていけるんですよね。

2023_0826bc09.jpg

さらに、この私服。

2023_0826bc11.jpg

それぞれのSSRからもってきてますね。

2023_0826bc10.jpg

今回の麗花の私服もこれだし。

ミリシタ内での出来事を、リアルタイムで漫画に盛り込んでいける。
そこもミリオンBCの魅力。
気付くとニヤリとできますよ。

2023_0826bc06.jpg

そして、プロデューサーもグッドサイン。

アイドルはみんなを笑顔にする存在。
それはプロデューサーが相手でも同じ。
笑顔が一番。

2023_0826bc13.jpg

たくさんの衝突して、すれ違って。
けど、最後は笑顔でありたい。
みんながお互いを尊敬し、大切にしているのですから。

可奈、志保、海美、星梨花のユニット「Clover」
彼女たちの物語も、いよいよクライマックスです。

2023_0826bc14.jpg

あと2話。

そうなんです。
約5年近い連載のミリオンBCも、ついに終わりが近付いてきたんです。
アニメの放送に合わせて、役目を終えた。
そんな流れ。

しかし!

本編が終わっても、外伝が連載されると報告がありました。
なのでまたまだ続きが読めます。
とはいえ、Cloverを中心とした物語はここでひと段落。
最後の最後まで、引き続き応援していきますよ。

2023_0826bc02.jpg

そんなミリオンBCの最新15巻は、11月27日発売です。
予約も受付中。
どうぞよろしくお願いします!

というわけで、以上、ミリオンライブ! Blooming Clover第65話の感想でした。
それでは。
    20:54  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop