fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2023.04.05[水] シャニマス ノクチルのシナリオ「ワールプールフールガールズ」の感想

2023_0405sc12.jpg

 ↑
5thライブDay1の俺ら。

2023_0405sc01.png

はい、というわけで今日はシャニマスの話題です。
ん?今日もか?
気が付いたら3日連続でした。
多分、明日もシャニマスの話題です。
5周年なのでね。
話題が偏っても、やむなし。

本日、ブログに書くのは、現在開催中のシナリオイベント「ワールプールフールガールズ」
ノクチルの物語です。
こちらの感想を書いていきたいと思います。

ネタバレが含まれますので、続きは「追記」に隠します。
なお、この日付のブログに直接アクセスした場合は、追記がそのまま表示されています。
ご注意ください。

それでは、ここから先は追記へ。

※ここから先は「ワールプールフールガールズ」のネタバレが含まれます。
未読の方はご注意ください。



2023_0405sc03.jpg

予告動画からも伝わるように、今回はタロットカード。
占いが起点となった物語。
ノクチルのそれぞれのメンバーと、タロットカードの意味を調べると、見えてくる部分もあると思います。

タロットカードは逆向きにすると意味が変わるとか、将棋の駒はひっくり返すと強くなるとか。
そういうことだろうけど…。
そこは占い。
答えを断定するものではないので、あえて触れません。

僕が今回、「面白いな」と思ったのは、5thライブとのシンクロ性と、変わらない4人の時間。

2023_0405sc13.png

5thライブのDay1については、高山Pコメント付きの同時視聴会が開催されました。
いろんなコメントがありましたが、興味深いと感じたのは、ノクチルが制服姿で披露した「今しかない瞬間を」
こちらのパフォーマンスに対して、

『5thライブで目指したものが詰まっている』

とコメントされていました。
5thライブのDay1は、IF
「もしも、最後のライブだったら?」
こちらがひとつのテーマとしてありました。

2023_0405sc11.jpg

もしも、ノクチルが解散したら?

制服姿は、アイドルを辞めた後の姿にも見えました。
それでも、4人の時間は変わらない。
教室で掃除道具を持ってのライブ。
当たり前のように4人がそこにいる。
ノクチルじゃなくなっても、幼馴染という関係は変わらない。
これまでも、これからも。

けど、それはたくさんある選択肢のひとつ。

彼女たちが引き続きアイドルを目指すのであれば。
全力でサポートする。
これも髙山Pが語った部分。
だから、

2023_0405sc14.jpg

「今しかない瞬間を」を披露したあと、MCを挟んで、続けて「アスファルトを鳴らして」を披露。

このセトリにも意味がある。
わざわざ他のユニットを挟まず、早着替えをさせてまで連続で披露した意味。

一瞬一瞬を大切にする「今しかない瞬間を」
今のままじゃいられないと、未来に向かって駆けだす「アスファルトを鳴らして」

この対比。

2023_0405sc04.jpg

変化のない。
完結した世界。
それがダメなら、ひっくり返せばいい。

解散と、結成。

「今しかない瞬間を」から「アスファルトを鳴らして」へ。

Day1から、Day2へ。

2023_0405sc15.jpg

調和した世界なら、いつでもひっくり返せる。
クジラに乗った愚者(フール)たちの航海。
行き先など知らない自由な旅人。

それができるのは、ノクチルであるから。

2023_0405sc20.jpg

今回、ノクチルのメンバーは古い同級生などに会いにいきます。
「まだ仲良かったんだ」
小学生から当たり前に続く4人の時間を、そう評する方もいました。
変化のない時間。
変化のない関係性。
完結した世界。

それと同時に周りは変わっていく。
会いにいく人みんながノクチルを知っていた。
同級生から、アイドルをやっている4人に視点が変わっている。

変化の中で、変化しない4人。
けど、ノクチルになったことで、周りは変化していた。

2023_0405sc09.jpg

シナリオイベント「天塵」にて、透は小糸に対する扱いにキレて、生放送で童話を歌い番組をめちゃくちゃにしました。
この透の沸点。
今回のシナリオでも垣間見れました。
自分に対する罵声はスルーするけど、雛菜のランドセルを蹴られたのにはキレた。
竜王が大切にしていた飛車を、窓から投げ捨てるレベルで。

小学生の頃から、透の行動は変わっていない。
同じ。
自分たちの世界のまま、大きくなっている。
昔も今も、ヒトデ人間を探している。


ノクチルが変わったと感じていたとすれば、それは見る側の視点が変わっただけ。
それは、以前のシナリオ「天檻」でも見せていた要素。
幼馴染の絆だとか、先輩後輩の絆だとか。
周りが勝手に物語を作って押し付ける。
"ノクチルじゃないのに、どうしてノクチルのことが分かるんだろう~"
雛菜なら、そう笑うでしょうね。
僕もきっと笑われている。

2023_0405sc08.jpg

けど、周りが変化することは悪いことではない。
透ママの言葉にもありました。
自分たちは変わらないけど、ノクチルでいることを大切にしている人たちがいる。

2023_0405sc10.jpg

ノクチルによって生まれた変化。
それはきっと大切なもの。
知らず借りたもの。

けど、ノクチルは永遠じゃない。

なら…

またノクチルを始めればいい。

飛車をひっくり返すように。
"りゅー王"がまた竜を目指せるように。
自分たちは変わらなくても。
周りは変わっていくから。

2023_0405sc16.jpg

ずっとノクチルでいることを、求めている人たちがいる。
気が付けば、いろんなものを借りていた。
だから、

返す

全部ひっくり返す。
それでまた出発できる。
借りたものがなくなって。
軽くなって、クジラはまた空を飛べる。

2023_0405sc19.jpg

永遠に続かない世界を。
永遠みたいにしたい。

「今しかない瞬間を」
から
「アスファルトを鳴らして」


ノクチルでいることがハッピーエンドなら、この先の変化も怖くない。
だから、どこへでも行ける。
どんなIFでも。
きっとハッピーエンド。

2023_0405sc05.jpg

自由で変わらない4人が。
少しでもノクチルでいることを努力してくれるのであれば。
それはきっと変化。
それなら、僕らは感謝や声援で応えていきたいです。
きっとまた返してくれるから。
そうして、また飛べる。
てっぺんを目指して。

2023_0405sc21.jpg

THE IDOLM@STER SHINY COLORS 5thLIVE If I_wings.

今回の「ワールプールフールガールズ」までが、5thライブの物語。
そう感じるシナリオでした。

たくさんのIFの中で、ノクチルであることを選んだ4人。
そのハッピーエンドを、これからも見守っていきたいです。

以上。
「ワールプールフールガールズ」の感想でした。

それでは、

2023_0405sc18.jpg

「氷河期氷河期~」


モンモスくんからの流れ、まだ続いていたのかw
これもう今年のシャニマス流行語大賞でいいかもしれないな。
    22:18  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop