fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2023.03.05[日] シャニマス SHHisシナリオ「セヴン#ス」の考察と感想。次のCDシリーズが“CANVAS”である意味

20230305122326dae.png

シャニマスにて現在開催中のSHHisイベント。
「セヴン#ス」
本日は、こちらの感想と考察です。

昨日、シナリオを読み終えたぱかりなので、かなり情緒は不安定です。
いや、普段から情緒は安定してるのか?と言われたら自信はないですけど…。
ずっとSHHisのことが頭から離れないのは事実。
なので、かなりの怪文章になると思いますが、がんばって書きます。

けど、まとまるかなー。
公式のキービジュアルが発表されただけで、

20230305122326eda.jpeg

このくらい、脳内がSHHisのことで埋め尽くされましたからね。
シナリオを読む前から、すでに情緒はおかしかったわ。

というわけで、ここから先は追記に隠します。
ネタバレ全開になりますからね。
なお、3/5付けのブログに直接アクセスした場合は、追記が隠れずに表示されてしまっています
要注意。
なので、未読の方はここまで。
ネタバレ大丈夫だよ~という方のみ、追記へどうぞ。

では、続きを書いていきます。

※ここから先はSHHisシナリオ「セヴン#ス」のネタバレが含まれます。
未読の方はご注意ください。


20230305122407066.jpeg

今回のシナリオ。
SHHisとしての物語としては、かなり前進しました。
ようやく序章にたどり着いたといってもいいでしょう。

けど、僕が一番進んだと感じた部分。

それは「プロデューサー」です。


SHHisの物語は、にちかと美琴だけのお話じゃない。
それだけだと序章にすぎにない。

にちか、美琴、ルカ、はづき、社長、なみ、マネージャー…

すべての物語を動かそうとしている。
プロデューサーは言いました。

20230305122413d4a.jpeg

『新たなキャンバスに描く、1枚めを』

ここで繋がりました。

2023030512230399f.jpeg

今年の4月から連続リリースさせる、CDシリーズ。
タイトルは“CANVAS”です。

SHHisだけではない。
プロデューサーは283プロ、すべてを動かそうとしているのかもしれません。

そもそもこのCDシリーズは、発表された時点でおかしな点があったんですよ。

20230305122300142.jpeg

これまでのCDシリーズは、すべて01は全体曲からスタートしました。

どうして“CANVAS”シリーズだけ、全体曲が発売予定に入っていないのか。


そして、もうひとつ。

20230305124902f6d.jpeg

3/18~19に開催される、シャニマス5thライブ。

どうして、このライブの前に「セヴン#ス」をもってきたのか。

この「セヴン#ス」は、ノクチルの公式生配信にて発表されました。
それなら、次回はノクチルのシナリオです!と、やるのが自然なはず。
どうしてノクチルよりも先にSHHisをもってきた?
5thよりも前に見せたかった"何か"がある?


例えば、

次の“CANVAS”シリーズの全体曲が、5thで初公開されて…。
そのタイトルが、

2023030512230641e.jpeg

”そうだね”

だとしたら…?
それが、ルカも含めた26colorsバージョンになっているとか。
あるいは、そのまま「If I_wings.」が全体曲のタイトルでした~というオチか。
それとも、ルカと美琴による「そうだよ」をステージで再現するのか…。

どちらにせよ、5thライブとのリンクをやりたかったから、というのは理由としてあると思っています。

20230305122413bf6.jpeg

なみちゃんの曲を、283プロ全体で作っていく。
何故なら、彼女は天井社長が283プロを立ち上げるきっかけとなったアイドルだから。
根源にいるアイドル。
全てを巻き込んで動き出そうとしている、プロデューサー。

20230305122323e29.jpeg

社長「…次で出せ、協和する音を」

わかりました。
その協和に社長も加わってもらいますからね。
新たなキャンバスに描かれるのは、どんな色か。
楽しみです。

20230305122313f50.jpeg

あぁ、そういえば。
キャンバスで思い出しました。

あの夏。
イーゼルと共に夫を亡くした未亡人の物語がありましたね。

202303051314571a4.jpeg

キャンバスに描く=プロデューサーの仕事と比喩するならば、

若き絵描き → 天井社長
若き歌い手 → 八雲なみ


そう解釈するならば、あのシナリオを今読み返すと、いろんな伏線に気付かされます。

20230305130839553.jpeg

にちかも、美琴も、ルカも、社長も、

みんな自分を愛していない

それなら、是非とも幸せになってみんなにお返ししていかないとね。
ぎゅっとしなくても大丈夫なように。

20230305122410b5f.jpeg

あとは…。
この先にSHHisですね。

にちかは自分には何もないと言ってましたが、そんなことはない。
彼女は、大きな武器を最初から持っている。
武器というより、ジョーカーだ。
ひとつは「八雲なみ」
もうひとつは「プロデューサー」
このカードをどう使うかが、SHHisのシナリオの鍵となると思っていました。

そして。

今回、ついに「八雲なみ」のカードを切った。

20230305122309241.jpeg

結果、美琴と「八雲なみ」がつながった。

ほんとジョーカーですよね。
話が動く動く。


20230305122306f45.jpeg

にちかが始めてアイドルになって立ったステージ。
幼かった彼女には大きく感じた、ビールケース。

観客は、両親と姉。

そのステージに、ようやく美琴もやってきた。
一緒に立った。

20230305122303dcb.jpeg

『そうだよ』


20230305122307a8b.jpeg

20230305122410b12.jpeg

美琴は、大丈夫。
なみも、大丈夫。

あと、大丈夫じゃない人は誰だ?

にちかが持つ、もうひとつの武器。
プロデューサー。
そのカードを切った時、どこまで話が動くか。

もらった靴を捨てないでいたのは、信じているからだろ?
それが、踊り続ける呪われた赤い靴なのか、王子様に見つけてもらえるガラスの靴なのか。
あるいは、裸足でいくのか。
全部にちか次第。

美琴はにちかを見たぞ。
次は、にちかがプロデューサーを見ろ。
目を見て、伝えろ。

「わたしをアイドルにしてください」と。

20230305122416605.jpeg

不協和音であるはずの「セヴンス」に、#をつけて協和させた「セヴン#ス」

今回、美琴となみが協和した。
そして、今、にちかと最も協和してるのはルカ。

今回のシナリオって、「もう分かったからやめろ」と言いたくなるくらい、にちかとルカを重ねて描写してきました。

2023030512231790d.jpeg
20230305122318350.jpeg

もうここまでくるとギャグでしょ。

美琴もさーーー。
今カノがいる前で、元カノの話題を出さないの!!!
そういうとこだからな。

20230305122320e35.jpeg

あと、シャニマス運営は、早くルカにレッスン着と冬服を用意して。
夏服のまま雪山で活動させるのは、ミリオンライブだけでいいから。
お腹冷やさないようにね。

ルカ、とりあえず温かい食べ物でも用意しようか。

20230305122313bf2.jpeg

ほーら、熱々のたこやきだよー。

202303051223108b2.jpeg

どうも、ルカにかわいいことをやらせろ委員会のものです。
こういうの、もっとください。


…と。
いかんいかん。
途中から、感想なのか考察なのか、もう何だか分からなくなってた…。
情緒が不安定だから、許してほしい。

20230305140030591.jpeg

とりあえず、にちかとルカは、今度テレビで「美琴のトーク」、略して「みこトーク」をやればいいんじゃないかな。

にちか「美琴さんって、なんにも話を聞いてない時ありますよね」
ルカ「わかるー!顔の良さで分かった感を出してるだけだもんな」
にちか「けど、時々見せる笑顔には弱いんですよね」
ルカ「わかるーーー!!あれずるいよなー!!」
にちか「美琴さんって、もしかして天然ジゴロですか?」
ルカ「ジゴロの化身だよ」

美琴「順番にぶん殴っていいかな?」


にちかって、ルカがなみちゃんの娘と知ったら、手の平クル~しそうなんですよね。
だから、あのふたりの関係って、実はあんまり心配してない部分もあったりしてます。
問題児は美琴なので。
だいたい美琴のせい。
今回、美琴は大丈夫~ってことだけど、本当に大丈夫かな。
にちかときゃっきゃっうふふしてほしいけど、ルカも含めて幸せになってほしいし。
あ、別にルカに283プロに来て欲しいとか、そういう意味ではないです。
1000カラットになるのは、ルカもだぞってことで。

美琴はいい方向に変化している。
それは元相方のルカも肌で感じた。
だから、ルカも時間を動かしてほしい。
きっと、きっかけはいくらでもある。

だからこその、

20230305142214ed0.jpeg

「線たちの12月」だったと思っていますし。

きっと、すれ違っているのは、ほんのわずかな音の歪み。
ひとつ直せば、一気に鳴り始めると思います。
なみちゃんすらも巻き込んで動こうとしている、プロデューサー。
その調律が、どんな変化をもたらすのか。
この先の物語もじっくり追いかけていきたいと思います。


よし、楽しくブログを更新できたな。

なんか読み返すのが怖いけど、こういう感情にまかせた文章って、この瞬間しか書けないから、これはこれで記録として正しいはず。
それだけ、今回のシナリオがぶっ刺さったわけですし。
シャニマスは定期的に情緒を崩してくるけど、これからもブログに感想を残していければと思います。

以上、SHHisシナリオ「セヴン#ス」の感想と考察でした。
それでは。
    14:29  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop