fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2023.02.14[火] アイマス合同ライブ2023 「Dye the sky.」に感じた悔しさ

20230213095802141.jpeg

『THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!!!! 2023』
通称、MOIW2023

昨日のブログでは、合同ライブの総評。
「繋がり」をテーマに感想を書きました。

今日は、別の視点。
「楽曲」をテーマに書きたいと思います。

とはいえ…。

今回のセトリは、全曲やばい。
一曲一曲、ガンガン語れる。
・担当に担当が加わった「百花は月下に散りぬるを」とか。
・担当と担当が加わった「Platinum MASK」とか。
・どうして「虹色letters」に小糸と智代子が加わったのかとか。
・アイマスDS好きな僕を蒸発させた「ALIVE」とか。
・「バベル」で手をつながないSHHisとか。
とにかく語れる。

が!

時間も限られるので、一曲だけに絞りました。
たくさんの思い出深いセトリの中から、ひとつ書いておきたい楽曲。
それは、

2023_0214mas01.jpg

「Dye the sky.」

元々は、シャニマスの2周年楽曲。
こちらを今回は、

・千早
・凛
・静香

この3人が披露しました。



他ブランドの楽曲を、蒼の3人が歌う。
そこにどんな想いがあったかは、インタビューでも語ってくださっています。

『アイマス』“MOIW2023”1日目終了後のキャスト陣にインタビュー。
今井麻美さん、福原綾香さん、山崎はるかさん、寺島拓篤さん、和久井優さんが公演を振り返る

https://www.famitsu.com/news/202302/12292521.html


舞台裏で聞いていたシャニマスメンバーも歓喜していたようで何より。
ミンゴスも、ここにいない灯織のバッジを付けてたと話してましたし。
そういえば、歌い終わったあと髪をかきあげていたのは、灯織の仕草をマネしたのでしょうか?
だとしたら感謝しかないです。
僕自身、シャニマスが大好きですので、このコラボは本当に嬉しかったです。

ただ…。

17年追っているアイマスで、始めての経験をしたんです。
それは、

ライブ中に「悔しい」という感情がわいたこと。


2023_0214mas02.jpg

さきほども書きましたが、僕はシャニマスが大好きです。
5ブランドのうち、今は一番力を入れてプロデュースしています。

他の作品と比べて、もうじき5年目のシャニマスはまだまだ若いコンテンツ。
ライブの経験も少ないです。
けど!
過ごしてきた時間は短くても、1stから全てのライブを見てきたから分かる。

決して負けていない

周りは先輩アイドルばかりだけど、臆することなく堂々とパフォーマンスしてほしい。
それだけの実力があると胸をはって言えます。
僕の自慢の担当アイドルたちです。
そんな想いを胸にライブに参加しました。

実際、彼女たちのステージは素晴らしかったです。
いろんな楽曲に参加し、存在感を示しました。
このライブを経て、283プロに興味をもってくれた方もいることでしょう。

けど…。

「Dye the sky.」

あのステージを見た時。
震えました。
Dye the sky.の特徴的な、蹴り上げる振り付け。
それもない。
ただ、歌声だけで支配した。

完全掌握

蒼い歌姫たちが、まるで競い合うかのようにボーカルをぶつけあった。
笑みすら浮かべながら。


強い。


ただただ強い。


今の283プロに、これができるのか?

勝てるのか?

このバケモノたちに。


これが5年と、10年を過ぎてもなお先にゆくものたちの「差」なのか。

はっきりと見せつけられたんです。


だから、「悔しい」


ライブ中に歌声を聞きながら、そんな感情がわいたことに驚きました。
本当に驚いた。
ああ…。
自分は283プロのことが、こんなにも好きだったんだ。
この感情はファンではなく、プロデューサーの感情だったんです。

2023_0214mas03.jpg

合同ライブ前に、ストレイライトのシナリオ「VS.」を読んでいたのも影響があったのかも。
ちょっとナーバスになっていたかもしれません。
勝ち負けを求めるライブでもないのに。

そんな「Dye the sky.」でしたが…。
今、こうして落ち着いて思うことは、

これがシャニマスの伸びしろ

そう解釈もできると感じました。
圧倒的な「差」を見せつけられた。
だから、追いつけばいい。
大きな背中を見せてもらったのだから、向かうべき道がひとつできた。

あそこに283プロが立つんだ。

この先、シャニマスが続いて…。
やがて10周年をむかえた時。
そこから見える景色は、何色だろうか。
蒼よりも澄んでいるだろうか。

とても楽しみになりました。


シャニマスはまだまだ強くなれる。
きっと同じステージに立ったアイドルたちが、誰よりも感じているはずです。
だから、もっともっと面白くなる。

合同ライブがもたらしたエネルギーは、きっと想像以上。
5年後に振り返れば、「あそこがターニングポイントだった」と思うかもしれません。
そう信じています。



そんな未来を実現するためにも、まずは自分がプロデュースをがんばりませんと!
というわけで、こちらの動画をご紹介。
本日、公開されたばかり。
シャニマスの過去ライブ映像をまとめた特別映像です。

合同ライブでシャニマスの単独公演が気になったな~という方。
なんと一時間の大ボリュームを無料でドーン。
思う存分、味わってください。
逃がしませんから。
囲め!

たくさんの新規が生まれてくれることを願います。
3月には5thライブもあるので、こちらも是非。
なお現地チケット…。

と、ばっちり宣伝もしたところで、今日はここまで。
以上、楽曲をテーマにしたMOIW2023の感想でした。
それでは。
    22:44  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop