fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2022.09.05[月] シンデレラガールズLIKE4LIVE #cg_ootdの感想。会場外へ飛び出したライブの楽しさ

202209040012102a6.jpeg

『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LIKE4LIVE #cg_ootd』
(公式サイト)

9月3日~4日と、名古屋で開催されたシンデレラガールズのライブ。
通称「cg_ootd」
参加されたみなさん、お疲れ様でした。
両日現地にて観覧できましたが…。

とっても楽しめました!

今回のライブ。
10周年という大きな節目を超えて、次に何を見せてくれるのだろう。
その問いに対する答え合わせでもあったのですが…。

面白かったですね。

「お願い!シンデレラ」を歌唱しなかったのは始めて~とか、ソロ曲のカバーが新鮮~とか、いろんな目新しさを感じました。
たくさんの挑戦に、運営の「変えていきたい」という想いがひしひしと伝わってきました。

けど、シンデレラガールズって、過去にも大きな変化はあったんですよ。

2022090520074538e.jpeg

それが4thライブ。
SSAの初日では、ニュージェネがひとりもいない。
アニメ組もひとりもいない。
そんなメンバーでライブを行いました。

今ではニュージェネがいない公演も別に珍しくもなくなりましたが、当時は革命だったんです。
アニメという大きな節目を超えて、次にシンデレラたちは何を見せてくれるのか。
その答えが4thに詰まっていたんです。

昔から、シンデレラガールズは常に挑戦と変化を続けてきた。
特段、cg_ootdが奇抜だったわけではないんですよ。

20220905200801f7c.jpeg

けれど…。
そうはいっても、変化は摩擦を生み出します。
怖さもあったはずです。

だからこそ、運営はキャストのみなさんを信じた。

20220905200801d45.jpeg

これだけの個性が集まったアイドルたち。
新しいことをやったことで個性が消えるはずがない。
10年走ってきたアイドルたちは、そんなヤワじゃない。
守りに入ったら、それこそアイドルの可能性を信じていないことになる。
何も恐れることなく挑戦すべき。

その結果どうなったか。

答えはステージで十二分に発揮されていました。

2022090520074885b.jpeg

卯月が秘密のトワレを歌っても、

202209052007514d2.jpeg

卯月がメルヘンデビューを歌っても、

202209052007476a6.jpeg

何を披露しても、そこにいたのは島村卯月でした。

どのアイドルが何を歌っても、”らしさ”が消えることなく、そこにあった。
そのうえで、見たこともない表現も生み出した。

可能性。

シンデレラガールズの強みを、あらためて体感できたライブでもありました。

20220905200755f95.jpeg
20220905200757842.jpeg

新しい個性が増えても、既存の個性は消えることはない。
たくさんの個性が磨かれて、輝いて、大きくなりながら10年目を通過した。
だから挑戦を恐れない。
進化。
10年走っても、まだ貪欲に新境地を目指す。
頼もしい限りではないですか。
これからも、たくさんの未来を彩り続けていくことでしょう。
楽しみです。

それはそうと、あかりんご役の梅澤めぐさん。
Day1…過去のあかりの髪型
Day2…未来のあかりの髪型
こんなのさ。
ずるじゃん。
それだけでグッときましたよ。
だから、シャッターチャンスの件はみんな許してあげて。
可愛かったから、すべて良し!
ロック。

20220905200753308.jpeg

と、ここまではライブ本編の話でした。

ここからは、今回のcg_ootdのライブ以外について、あれこれ書いていきたいと思います。

元々、SNSでシェアすることを全面に出してきた公演。
それを裏付けるように、舞台となった名古屋で様々なコラボを同時展開しました。

202209052007557dd.jpeg

名付けて「でらます」

前橋のSS3Aを思い出しますね。
町全体でシンデレラガールズに染めてしまう試み。
さっきから書いてますけど、シンデレラガールズは個性の塊なんですよ。

豚?じゃあ時子様を呼ぼう。
お香?じゃあ志希を呼ぼう。
お城?じゃあ丹羽仁美を呼ぼう。

たくさんのアイドルがいるから、コラボが簡単。
絶対にどこかは専属のアイドルがいるから。
これもシンデレラガールズの強みですので、うまく発揮されていたかと。



その結果、

前田慶次がおねシンを踊るという、情報量がカロリーオーバーな動画まで飛んできた。

再生数は22万を超えてます。
これは運営も予想してなかったバズり方。
そして、理想的な光景でもありました。

ライブ中にトレンド入りするのは、これまでのアイマスでは当たり前にやってきました。
けど、それは内輪向け。
関心のない人がたまたま「#cg_ootd_day1」のハッシュタグをクリックしたところで、何も伝わりません。

けど、「#でらます」はどうでしょう。

2022090520075117d.jpeg

名古屋の街にアイドルがいる光景。
アイドルたちのコラボによって、街が活気付く。
こんなWin-Winな関係性はないでしょう。
ライブという限定的な空間ではなく、一気に世界が広がった印象があります。

配信が当たり前になって。
自宅でのんびりライブも鑑賞できる時代です。
感染予防の観点からも、それは正しい。

けど…

ライブって、会場に行くまでの道のり。
仲間と語らう場。
遠征なら、その土地の食事を楽しんだり、観光したり。

そういう時間も含めて思い出となるもの。

今回のcg_ootdは、ライブまでの待ち時間にも、楽しさを提供してもらえた。
それがありがたかったですし、ライブ本来の楽しさも思い出させてくれた。
感謝しかないです。

だからcg_ootdの新しさはどこ?

というと、ライブはもちろんだけど、ライブ外のところが意欲的で新しかった。
そう感じます。

2022_0905in.jpg

インスタへの投稿も新しい挑戦でしたし。

けど。


けど、な。


シンデレラガールズよ。

今回のライブを体感したからこそ言わせてもらう。
君たちがインスタ映えを目指したのは素晴らしい。

だが…


シンデレラガールズは……






2022_0905uso.jpg

圧倒的にツイッターだよ!!

一門の血は抗えない。
けど、諦めないでがんばってほしいです。
SNSも巻き込んで、どんどん世界を広げてほしいです。

11年目も期待しかないシンデレラガールズ。
これからもプロデュース頑張ります。
それでは。
    21:15  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop