fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2022.06.09[木] シャニマス ノクチル「天檻」の感想(ネタバレ注意)

202206091951556ca.jpeg

202206091951560ce.jpeg

雛菜が鴨って言うから、鴨を食ってました。
うーん、デリシャス。


202206091954196da.png

はい。
というわけで、今日はシャイニーカラーズの話題です。
ノクチルの新しいシナリオ「天檻」
「てんかん」と読むみたいですね。
今日のブログでは、こちらのシナリオの感想を書いていきたいと思います。

ただし!
ネタバレが含みますので、続きは「追記」に隠します。
なお、今日の日付のブログに直接アクセスした場合、追記が隠れずにそのまま表示されています。
ご注意ください。

それでは、続きは追記にて。
※ここから先はノクチルのシナリオ「天檻」のネタバレ。
および、浅倉透のSSR「国道沿いに、憶光年」のコミュについても触れます。
未読の方はご注意ください。



202206091951537ec.jpeg

透の泳ぐ先についてきた4人。
けど、透は海に出たいわけじゃなかった。
想う先は「空」
てっぺん。
先の見えないジャングルジムの頂上。

20220609195143be3.jpeg

このカードは、ノクチルの4人の関係性を色濃く表していると思います。
透は空を見上げる。
雛菜だけが透の視線に気付いている。
小糸は今の時間が大切。
円香は寄り添う。

このチグハグな4人。
けど離れることのなかった4人。
それがアイドルになったことで変化した。
透の空への想いが強くなることで、変化せざるを得なかった。
それを「成長」だと感じていました。
群れで動いてた4人に、個が生まれた。
透明に色が付く。
それはきっと彼女たちにとっての未来となる。

けど…

「天檻」はそんな想いに一石を投じてたきた。
そう感じました。
彼女たちを誤解していたのかもしれません。


2022060919585302c.jpeg

今回のシナリオは、分かりやすいくらいリフレインを見せてきます。

「プールに飛び込む4人」
 天塵のラストで衣装のまま海に飛び込んだ4人

「予定外のステージをやる」
 天塵のテレビ出演でステージをめちゃくちゃにしたシーン
 そんな透を雛菜が好きだと言うのも同じ

20220609195854e8e.jpeg

「面白いことを期待される4人」
 『さざなみはいつも凡庸な音がする』で、何かをやらかす4人という期待でオファーが来る
 ワイン坊やから面白い4人と聞いてパーティーのオファーが来る


どれも繰り返しの演出です。
けど、違うのは「今回は評価された」という点。
じゃあ前回と今回で何が違うのか?

何も変わらない。

4人は4人のまま。
個々で好きなように動いただけ。

20220609195151b86.jpeg

そうなんです。
幼馴染の絆だったり、成長だったりと、そこに特別な感情をぶつけていたのは、視聴者の一方通行。
勝手にエモさを感じて、勝手に成長だと持ち上げていただけなのかもしれません。
4人はいつも通り泳いでただけ。
前回は酷評されて、今回は評価された。
それは、ただの一方的な結果。

20220609195148dc6.jpeg

この雛菜の言葉がすべてな気がします。
好きなことをやってるだけ。
それを、個々の成長だと押し付けていただけ。

20220609200408908.jpeg

プロデューサーも、ノクチルはこうしてあげる方がいい。
そんな枠にこだわりすぎたのかもしれません。
4人なんだから。
幼馴染なんだから。

だから逃げた。

檻の中から逃げた。
それが良いとか悪いとかの話じゃない。
こちらが勝手に期待をかけていた思い込み。
幼馴染が彼女たちの魅力だと。
だから、早く気が付くべきだったんです。

ノクチルは、彼女たちにとって「檻」

20220609201333912.jpeg

雛菜のLanding Pointでも描かれてはいました。
一生、ノクチルであることはない。
けど、これは雛菜がリアリストでユニット内でも俯瞰で物事を見られる性格だから。
そう思ってました。
けど、それも思い込みだった。

20220609202758fd3.jpeg

幼馴染やノクチルにこだわっていたのはこっちの方。
彼女たちはそんな枠に収まらない。
ずっとノクチルでいられないのことなんか、最初からわかっていたんです。
彼女たちは始めから自由。
自由だった。

その象徴が透。

だから3人よりも先に行く。
雛菜はそんな透を好きだと言う。
そして、小糸ちゃんももっと自由でいいんだよ〜と、遠回しに背中を押す。

3人とも透について行っているようで縛ってはない。
ずっと自由。
自由に伸び伸びと泳ぐ4匹

それはまるでクジラのよう。

202206091951503d8.jpeg

捕まえようとすれば、全力で逃げる。
そもそもクジラなんか捕まえられない。
だから自由のままでいい。
けど、それだとアイドルにした意味がない。
ノクチルは檻だけど、そこで見せられる「今しかない瞬間」がある。

だからプロデューサーは、ノクチルの色を探す。
透明な中にある色を。

自分は何をしてあげるのだろう。
自分はどうあるべきなのだろう。

20220609195145968.jpeg



この解釈は、すごく意外でした。
クジラに対して、プロデューサーは陸でありたいと願った。
海で迷った時に戻ってこられるように。
海から空を目指す時、地面が必要であるように。

もしかしたら、ノクチルの物語はプロデューサーの立ち位置を見つける物語なのかもしれないです。

彼女たちは変わっていない。
自由なまま。
むしろ、変わったのは周囲とプロデューサー。
だから衝突も起こす。

2022060920391996e.jpeg

今回のシナリオでは、プロデューサーはたびたび「失敗」します。

透が感情をあらわにした、このシーン。
実は、ここを掘り下げたのが…

2022060919514180f.jpeg

新規SSRとして追加された「国道沿いに、憶光年」でした。
透を大切に思うあまり、保護した。
動物を守るために檻に入れる行為。
正解でもあるのですが、透はお気に召さない。
むしろ暴れた。
そうじゃない。
そうじゃないよプロデューサー、と。

一緒に登って、一緒に落ちて、一緒に怪我しよう。

ジャングルジムまで自分を導いてくれたみたいに。
空を教えてくれたのは、あなただよ。
と。

その願いに対して、自分は「陸」だと考えたプロデューサーの選択。
とても面白いです。

202206091951475fc.jpeg

4人がそれぞれ好きなように泳いでいる。
そこに、アイドルという共通の目標が生まれた。
自由のままでもいい。

けど、向かう先はひとつであってほしい。

だから陸。
目的もなく航海を続けても、帰ってこられる場所でありたい。
海から飛び出した魚たちが、慣れない地面でバラバラになるかもしれない。
怪我もするかもしれない。
その時に手を差し伸ばせるように。

けど、向かう先は同じであってほしい。
透が空を見上げるなら、みんなで空を目指してほしい。

その想いが伝わっているかどうかは分かりませんが…。
今回のシナリオ。

202206091951586ea.jpeg

キービジュアルは、4人とも空を見ています。

始めてです。
4人が一緒に空を向いたのは。

変わらない4人。
けど、そんな4人がひとつの目標に向けて想いをひとつにしたら…。
群れはクジラとなる。
パーティーを脱走して逃げ出した4人は、実に生き生きしてましたよ。
円香とか楽しくて仕方がないって顔してたし。
4人が同時に走り出したら止められない。
海に繰り出した海賊たちの進撃。
これがノクチルの強さ。

だから、縛るのではなく、帰る場所として自分はいたい。
そして、また海に出たいと願えば陸で待つ。
空を飛びたいと願ったら、地面を蹴る踏み台になれるように。

202206091958527c7.jpeg

騎馬戦でジャンプした4人。
けど、着地でバラバラになった。
もし、ちゃんとした「陸」があれば。
飛べたはず。
どこまでも。
少なくともプロデューサーはそう感じたわけです。

今回のシナリオは、天塵からつながった物語の、ひとつの区切りにも感じました。
プロデューサーが答えを出すまでの道のり。
成長したのは、むしろプロデューサーの方。
ノクチルは思った以上に大きい。
その規模に気付いたシナリオともいえました。

20220609195144d3b.jpeg

クジラの雄大さと、ただの幼馴染のギャップ。
そこを魅力だと感じるのは、ただの一方的な感情。
きっと、彼女たちはめんどくさいとウザがるだけでしょう。
パーティーで高説をたれる大人たちと変わらない。

けど、今はそれでもいい。

ノクチルが海から陸を経て、どんな空を目指すのか。
これからも見守っていきたいです。

20220609204906ba6.jpeg

というわけで、「天檻」の感想は以上となります。
個人的には、ノクチルチルが公式になったことが笑いました。
わくわくさんも誇らしいことでしょう。
またキャストさんからもシナリオの感想を聞いてみたいものです。

それでは。
    20:49  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop