fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2022.04.10[日] 「アイドルマスター スターリットシーズン」をクリアーしたので感想

2022_0409op.jpg

「アイドルマスター スターリットシーズン」
公式サイト

通称スタマス。
昨年の10月に発売された、家庭用アイマスの最新作です。

で。

ようやくクリアーしたので、感想を書いていきますー。
発売から半年も経過してるので、ネタバレも……いいかな。
物語の核心部分には触れませんが、軽めのネタバレはありますので、そこだけご注意。

それでは、スタ→ト。

2022_0409op2.jpg

まず大前提なんですが、

家庭用アイマスが面白かったことは一度もないです

まず、ここを踏まえないと家庭用はオススメできません。
古くはX-BOX360から、PSP、DS、PS3ときて、このスタマスまで全ての家庭用をプレイした僕が断言します。

で、一通りやった身として、スタマスはどうだったの?

というと、悪くは無いけど惜しい。

100点満点でいうと、60点……うーん、55点くらい?
それでも、これまでの家庭用と比べると、かなりマシ。
アイマスSPが最高で、プラチナスターズが最低だとすると、真ん中よりは上くらい。

では、悪かったところと、良かったところを理由も含めて説明します。

2022_0409lu28.jpg

スタマスのここがダメだな…と思ったところは、プロデュースゲームじゃない。

事務員が勝手に「今週はこれをやれ」、「今日はこれしかできません」を押し付けてくる。
二周目からはその辺の制約がなくなって自由になるんだけど、最初からそれをやらせろ。

アイドルのステータスが低い!
 ↓
レッスンしろ!
 ↓
レッスンを選べない
 ↓
週末ライブがクリアーできない
 ↓
レッスンしろ!
 ↓
レッスンを選べない

2022_0409lu07.jpg

なんなの、これ。

あと、月末のライブ失敗しても、獲得ファン数がノルマを超えてたらOKなのも謎。
会場からブーイングもらってるのに、

P「いいライブだったぞ!」

次の月へ。
画面見ろよ、プロデューサー。

2022_0409lu04.jpg

あと、オートレッスンがあるのに、必須タスクで「オートレッスンには人権ありません」と言われるのも分からない。
レッスンに選ばなかったアイドルは、オートで平行して自主レッスンできますよ~なら分かるけど。

とにかく自由度が低いうえに、やらなくてもいい営業とかを強制されるのも苦痛。
選択肢1個を選ぶって、それ意味ありますか。

だから、プロデュースしてる感があんまり無いんですよね。
「やらされてる」が強すぎる。
そこがまず残念に感じたところ。

2022_0409lu05.jpg

あと、ここは僕だけかもしれないけど、メドレーをやらせるのは特に問題はなかったです。
みんなメドレーが難しい~と言ってるけど、別になんともなかった。
↑ご覧の通り、アイドルはバランスよく絆もあげてたし。
なお、シャニマス5人は絆MAXになって、一部のアイドルはふたりほどLv.1のままでした。
それでも、鬼門といわれる11月とか余裕で突破したから、簡単だと思う。
だって、メドレーって

一曲目…Vo
二曲目…Vi
三曲目…Da

みたいに属性がはっきり分かれるから、各属性のスペシャリスト5名を編成すればスコア上がるのよ。
逆にアピール中に属性がころころ変わる方がキツい。

そもそも、目標のハコユレLvがやたら高いのも問題。

2022_0409lu26.jpg

現実の俺らだったら、ライブのオーバーチュアの時点でハコユレMAXだよ。
あの世界のファン、アイドルに対して厳しすぎる。
修羅の国か。

あと、ライブを失敗するのはいい。

いいけど、リトライする時に編成からやり直しさせろ。

スタマスは、この辺の気配りがとにかく足りない。

2022_0409lu01.jpg

属性が上限になって、それ以上あがりませんよ←わかる

2022_0409lu02.jpg

だから、スキルボードで解放してください←わかる

ただし、この画面だとどれが上限なのか分かりません←は?

バンナムくん、ゲーム作る始めてか?
この辺の気配りというか、なんかUIがもったいない。

2022_0409lu06.jpg

あと、絆Lvの部分も謎。

パーフェクトは100増えてレベルがあがります←わかる
グッドは70増えます←わかる

じゃあグッドで70まで増えたあと、パーフェクトをとるとどうなりますか?
170だと思うじゃないですか。
答えは、

30だけ増えてレベルがあがって残りは無くなります←は?

バンナムくん、ゲーム作る始めてか?
全体的には良くできてるから、余計にこういう細かいところの「なんで?」が目立つ。
だから、最初にも書いたけど「惜しい」んですよ。

2022_0409lu19.jpg

あ、あと、絆コミュで思い出した。
タッチイベントで胸をさわると正解~ってのが多すぎ。
もちろん、胸をさすのは「心」とか「気持ち」の意味だったりするんですけど、だからって女性の胸を意図的に触れさせるコミュを良しとするの、ほんとくだらない。

2022_0409lu11.jpg

↑こういうのとかさ。

いや、まぁ、千早が胸の大きさで「くっ」となるのはアニメでも描かれていたから、公式ではあるけど…。
会話の流れ的に、無理矢理に組み込んだのは気になりました。
二次創作でやれ。

2022_0409lu33.jpg

あと、もうひとつ残念だったのは、シナリオ

物語は素敵なんですよ。
アイマス2のゴミみたいなシナリオだった時代を思えば、今作のシナリオはほんとに頑張ってた。
特にアイマスDSみたく、楽曲がシナリオとしっかりリンクしてるところとか。
泣ける場面もあったし。

けど…。

スタマスのシナリオってひと言でいうと、新キャラと新キャラがケンカして仲直りする話なんですよ。

せっかく、765AS、ミリオン、シンデレラ、シャニマスの合同作品なのに、強みが薄かったな、と。
いや、わかるんですよ。
例えばシンデレラとミリオンの子たちがケンカするみたいなシナリオだったら、荒波がたつじゃないですか。
劇場版アイマスの志保みたいに。

けど、そういった各ブランドに配慮しまくった結果、みんなが優等生すぎるのが気になりました。
これだけの個性を集めておいて、最初から「みんな仲良くがんばろ~」のまま変化がない。
新鮮ではあったけど、もっと料理できたのでは?
という想いもあります。
贅沢な悩みかもですけど。

2022_0409lu12.jpg

なので、スタマスって良くできてるだけに、ここがこうだったらな~が多くて、もったいない作品。
というのが総評です。
美嘉とか、一生ギャルポーズで立ってるの、もはやギャグだったし。

2022_0409lu15.jpg

と、ここまで不満点をたらたら書いてましたが…。
もちろん褒められる点はありますよ。
不平不満ばかりでは生産性がないので、ここからは良かった点を書いていきます。

まず、越境。

シナリオはもっと深堀りできたのでは?
とは思いましたが、やっぱ事務所の垣根を越えた作品というのは大きいです。
これが765ASだけだったら、ここまで評価されなかったかと。

2022_0409lu14.jpg

凛世に和服衣装を着せてステージに立たせられたの、マジで感謝。
ここは本当に感謝です。

あ、あと曲。

めっちゃいいね。
毎回、家庭用アイマスはほんと楽曲が素晴らしい。
ありがとう。

2022_0409lu13.jpg

世にも珍しい、摩美々の脳天。

シャニマスの子たちが3Dで動くのも、スタマスの良さだと思います。

2022_0409lu20.jpg

これは、ドン引きする果穂。

「嫌…近付かないでください」

果穂はそんなことしない…。

2022_0409lu24.jpg

咲耶の王子っぷりもよかった。
個別ストーリーで、モデルは自分には合わなかった~という話もやったし。
真をお姫さまとしてエスコートしたのも、さす咲耶。

シャニマスアイドルは、開発の過程で途中で追加が決まったのですが、しっかり存在感はあったかと。

2022_0409lu29.jpg

個人的に好きな、きらりのやよいモノマネ。
キラメきらり。

2022_0409lu17.jpg

これは衣装のせいで、ただの女神となった雪歩。

2022_0409lu32.jpg

いつかシャニマスが単独でドーム公演を実現したら、貼る画像。
ただし、西武ドームは許さない。

2022_0409lu16.jpg

283プロを推してくれる、タワレコ渋谷店さん。
ありがとう。

こういう実在の店舗がモデルで使われると、リアリティが増していいですね。
その一方で、

2022_0409lu25.jpg

こういう現実には有りえない、ぶっ飛んだステージを用意するのも好き。
スマブラのステージかよ。
安全猫も引く場所。

2022_0409lu08.jpg

283プロのアイドルは社長が連れてきたけど、甜花をやたら推してるのは笑ったな。
社長、甜花ちゃん好きすぎでしょ。

見た目だけ判断するとは未熟~とあるけど、

2022_0409lu09.jpg

街にいる甜花、これですからね。

アイドルのオーラゼロ。
がんばれ甜花ちゃん。
レッツ甜花ちゃん。

2022_0409lu21.jpg

あと、スタマスやってて一番笑ったのは、これかな。

貴音「事務所にラーメン置いていい?」
P「いいよ」

そしたら、この量が届いたと。
きざむだろ、普通、段階を…ッ!

で、このラーメン。

2022_0409lu22.jpg

誕生日のイベントのたびに背景に映りこむから、後ろが気になって誕生日が入ってこない。

もはや倉庫ばりに置いてあるからな。
どんなバックヤードだよ。

2022_0409lu30.jpg

そんなラーメンが気になる誕生日だけど、どのキャラにもホワイトボードのお祝いを用意したのはありがたい。
事務所に私物が増えてくのも含めて、アイドルの個性が生きて好きでしたね。

ただ…。

2022_0409lu23.jpg

今回、ゲームシステム部分が惜しいのは、これだけの大人数の動作をチェックして、セリフに間違いがないのかを確認したりに、デバックのほとんどを使ってしまったんじゃないかな。
とにかく、各アイドルのイベントが多くて、ひとつのイベントのために専用の3Dオブジェも用意する。
こういう凝り具合は、スタマスの魅力。

なんですが…

そのせいで、細かいゲームバランスに時間をかけられなかった説。
あるかも。

2022_0409lu34.jpg

豪華ではあったけど、ゲームバランスやシステムが全て足を引っ張った。
もったいない。
961プロの掘り下げもよかったのになー。

けど、「次」につながる作品ではあったかな。
心白も今後登場しても不思議じゃないし。
残した功績は大きいかと。

2022_0409lu31.jpg

そんなスタマス。
DLCシナリオも購入してるので、もう少し楽しんでみます。

ゲーム部分がほんとつまんないけど、そこに目をつぶればいい作品かと。
PS4以外にSteam版もあります。
パソコンで遊べるの何気に強いですよ。
入口は広くはなってますので、興味がありましたら是非。

2022_0409ed.jpg

というわけで、以上、「アイドルマスター スターリットシーズン」の感想でした。

それでは。
    16:23  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop