fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2022.04.05[火] シンデレラガールズ10thファイナル公演 二日目の感想。個人的ハイライトをあれこれ

20220405203511afe.jpeg

今日のブログは、昨日の続きです。


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
10th ANNIVERSARY
M@GICAL WONDERLAND!!!


通称、シンデレラ10thファイナル。
今日は二日目の参加レポートです。

それでは、スタート。


一日目は3人でしたが、二日目は4人パーティに。
楓Pの友人も合流。
早見沙織さんの予定が今日はないことを確認して、決め打ちで参加を決意したそうな。
同じ立ち回りをした方、多かったのではないでしょうか。

この4人を連れていざベルーナドーム。

が!

雨!

寒い!

かっしーもてるてる坊主になってくれたのに、まさかの豪雨。
波乱のスタートとなりました。

20220405210036f75.jpeg

ぎゅうぎゅう詰めの電車に揺られて、濡れて、寒さに震えながらドームの中へ。
もちろん、気温は一度も変わらない。
このドーム面した野球場、隕石落ちて無くなんないかな。
行くだけで体力消費しながら、なんとか自分の座席へ。

さて。

ここで、今回のステージ構成をCGで再現してみましたのでご覧ください。

20220405203520359.png

かなり雑ですが、正面から見るとこんなステージでした。
舞台下とバックモニターがひとつの画面として共有してて、かなり大きなライブスクリーンとなってましたね。
上のステージは開閉するモニターだったし、セットの規模としては破格の仕上がり。

が!

その分、舞台を支える鉄柱も多い。
剥き出しの骨を隠すために、お城の柱をかたどったオブジェを被せて見栄え良くしておりました。

それはいい。

それはよかったんですが、

20220405203517233.jpeg

僕の座席からは、こうなりました。

20220405203516ab2.jpeg

そう。
柱が邪魔して、上のステージに立つキャストさんはひとりも見えません。
サウンドオンリーです。
なので、僕は楓さんを見てないんですよ。
声だけ聴こえてたので、あぁいるんだろうな〜と思ってサイリウム振ってました。

もしかしたら、ここって本来なら見切れ席として販売する予定だったんじゃないかな。
過去のアイマスライブでもあったし。
けど、今回のファイナル公演は、当日券が出るくらいチケットが余ったんですよね。
だから、見切れ席関係なく前から詰めたんじゃなかろうか。
どっちかというと、ステージ構成よりもシステム的なアンマッチ。

なので、別に「金返せ〜」とか「JUNGOどうなってるの〜」とか、そういう感情はないです。
だって、チケットは当選させろ、いい席を用意しろ〜なんてのは、ただのワガママだし。
オールフラットでステージが何も見えないライブなんて、過去何度も経験してきた。
ライブにはそういうリスクがある。
けど、それでも現地に行くのは、

どんなクソ席でも、現地は配信よりも勝る

この価値を知ってるから。
シンデレラガールズは、1stライブから全てのライブに参加してきました。
そんな僕が言うから間違いない。
柱が邪魔?
どうだっていい。
あの光の海のひとつに、僕がなれている。
同じ時間を同じ場所で共有できる喜び。
これに勝るものはないよ。

20220405214430e25.jpeg

「こいかぜ」の前奏が始まった時とかさ。
柱で見えなかったけど、もう会場内のどよめきがやばかったよ。

20220405203521939.jpeg

完全にこれ。

モニターにようやく姿が映った時、遅れて僕のブロックにいたPたちも歓声があがったし。
この時間差も現地らしい。

高揚感とか、緊張感とか、それが全部肌で感じられる。

この空気感は絶対に映像では伝わらない。
だから、柱で見えないとかよりも、ここにいられて良かったが勝る。
現地しか勝たん。

そういうこと。

20220405205344fd7.jpeg

では、そんな現地での個人的ハイライトを書いていきたいと思います。
まずは、これ。

白雪千夜のSSR衣装で登場した、りこちゃん。

20220405205345780.jpeg

まさか二日目にもいるとは思わなくて、

「うわぁーーーっ!?」

と、言いながら腰抜かしたよね。
横にいた友人、思わず振り返って笑ってたしw

人間って、ガチで驚くと本当に腰をぬかして倒れるんですね。

この感動を参加してなかった友人にも伝えたい!
というわけでライブ後にLINEで送信!


『あかりんごと歌鈴がホラーハウスに迷い込んだあと歌鈴があかりんごとはぐれて手にはリンゴしか残されていなかった時に義勇忍侠花吹雪をBGMに”メイド式格闘術ご覧いただきましょう〜”と言いながら短剣を抜いて千夜SSR衣装のりこちゃんが登場したんだよ!』

202204052042048c1.jpeg

いや!ウソじゃねぇし!
僕の頭がおかしくなったわけでもないから!!
自分でも「何を書いているんだ…?」と思ったけど、全部事実だから困る。
これがシンデレラだ。
ついてこい。

20220405221526541.jpeg

次はこれ。
「凸凹スピードスター」

僕の席だと、ちょうど目の前に愛海役の藤本さんが登場!
おー、近い!
小さい!
可愛い!

そんな愛海が↑のポーズでステージを駆けていったんですよ。

でね。
僕の席からだと、わきわきポーズで去っていく愛海の背中を見守ってたんですよ。
めちゃくちゃシュールだったなー。
だって、↑のポーズの背中だよw
なかなか見られないよ。
微笑ましい瞬間でした。

2022_0406cg.jpg

次は、ドリフのラストを飾ったこの曲。
「TRUE COLORS」

いやいやいや、待って待って待ってよ。
シンデレラガールズに新たに加わった、7キャラ。
そのアイドルたちが7色そろって、虹となるなんてさー。
どちゃくそエモいよ。

でね。

僕自身、シンデレラガールズに対するモチベが下がった時期があったんですよ。
想うところもありまして。
そんなモチベを戻したのが、実は新キャラたちだったんですよね。
発表されたのが6周年の時。
「あぁ、シンデレラガールズは、この先の10年目をどうしたいのか見据えてるな」
そう感じたんですよ。

あれから4年。

答えをみせてくれたステージでした。
ありがとう。

202204052237515e5.jpeg

次、アニメ化も決定したU149。

おー「ドレミファクトリー!」が始まったぁ………ぁぁあああああアアアアアアーーーーッ!!!



20220405203532ba5.jpeg

雪美が、、、


    いた


  。


 実在し た


20220405203523a61.jpeg

いい人生だった…。

人類のみんな中澤ミナさんのツイート見て。
雪美がいるから。
よろしくお願いします。


はい、次にいきます。

20220405224323bdc.jpeg

「オウムアムアに幸運を」

ステージは例によって柱で見えなかったので、モニターを見てたんですよ。
そしたら、カメラさんがやたら集貝さんのネックレスをアップにするの。
なんだ?
と思ったら、あー指輪かーっ!

あの物語で重要なキーとなるアイテムですしね。

で、このカメラアップをリクエストしたの、ちとせ役の佐倉薫さん。
ほんと、この方は気配りが良すぎる。
ありがとうございました。

あと、お互いの顔を見合いながら歌うのもよかった。
今日ステージに立たなかった2人への想いも伝わる。
そんなパフォーマンスでした。

20220405225100e46.jpeg

次は、こちら。
「Twilight Sky」

ソロ曲ではランキングトップ。
意外に感じましたが、同時に納得もしました。
そう。
意外と納得が同時に沸き起こった瞬間でしたね。

20220405225623aac.jpeg

これについては、デレステ内のコミュでちひろさんも語っていました。
それに対してデレステPは、

20220405225622a35.jpeg

「楽曲との出会いや、記憶に残る出来事があって、歌は思い出となる〜」と話されておりました。

ほんそれ。

Twilight Skyは1stライブのPたちが作ったグラデーションが、10年たった今でも継承されています。
たくさんの想いを運んできた楽曲でもありました。
そう思うと、納得のソロトップなのかもしれません。

10年という節目で歌われたTwilight Sky
前方の席でしたので、ブルーではなく、オレンジのサイリウムを振れたことも素敵な思い出となりました。

20220405230413cf7.jpeg

お次は、こちら。
「Brand new!」

なんとランキング4位の快挙!
これこそ意外でしたが…

僕はめちゃくちゃ嬉しかったです

だって、シンデレラは正しくアップデートされてると証明されたんですから。

僕みたいにサービス開始からやってる古参は、どうしても初期の曲への思い入れが強いです。
そんな中でも、Brand new!は好きな楽曲なんですよ。
なんども聞いてるお気に入り。
けど、世間のデレP的に、新キャラってどうなのかなー。
というのが頭の片隅にあったんですよ。

ところが…

蓋をあけたら4位!

なんだよ大人気じゃんか!
マジかよ!
ありがとうだよ!!

10年たっても、初期曲がず〜っと上位にいるコンテンツって、危ないんですよ。
古参しか残ってないし、古参は増えずに減るだけ。
新規が入って来られてないってことですから。

けど、

20220405230414430.jpeg

今回のランキングでは、4位5位と新キャラの楽曲がさらっていきました。

おめでとう!
よくぞ、やってくれた。
新キャラもちゃんと地に足をつけて歩んでいる。
それが分かっただけでも、ファイナル公演は価値がありました。

そして、僕も「これ好きだな」と思う感性が正しいと気付けてよかったです。
ちゃんとアップデートできてる。
自信になりましたよ。
いや、ほんとよかった。
初期曲しか認めない老害になってなくてw

202204052035322e1.jpeg

お次は、これです。
「ココカラミライへ!」

歴代シンデレラガール10人のうち、8人を揃えた。
それだけでも快挙ですが、デレステPは「完全な形で用意できなかった」と語っています。
それなら、

揃うまで続ければいい。

それだけのこと。
そうやって、どのアイマスコンテンツも歩んでいます。

10周年で全員揃わなかった765プロASは、今年の7月に全員集合の単独ライブを予定しています。
これも歩みを止めなかった結果。
シンデレラはたかが10年です。
もう11年目はスタートしてるんです。

いつだって、最高のステージは「次」のライブです。
これからも追いかけていきますよ。

2022040523313163b.jpeg

そして、そして。
長くなってきましたが、これで最後です。
ラストの個人的ハイライトは、

「always」

ブログの最初で、柱が邪魔でステージが見られない〜と書きました。
けど、メリットもあったんですよ。
それは、通路の距離。
alwaysではキャストさんが横一列で並びました。

なので、

20220405203516773.jpeg

この距離だったんです。


近っ!

そして、僕の目の前には担当アイドルの雪美がいました。


「わたしを見つけてくれて、ありがとう」


深々とおじぎをする姿に、ずっと泣いてました。
こちらこそ、ありがとう。

ありがとうとありがとうを交換。
とても優しい時間でした。

202204052035265f9.jpeg

モニターにもアイドルを映し、190人で想いを伝えたalways

きっと忘れません。
シンデレラガールズが好きでよかった。
心からそう思えるライブでした。

20220405203532252.jpeg

はい!
めっちゃ長くなりましたが、これで二日目の感想は以上となります。

ライブ後の月曜日にApple Watchを見たら、土日のカロリー消費に笑いましたよ。
けど、これも楽しかった証。
本当に本当に最高のライブでした。
これだけ書いてもまだ足りないくらい。
さすがシンデレラガールズでしたよ。

参加されたみなさん。
このステージを支えてくれたスタッフのみなさん。
夢の舞台を彩ったキャストのみなさん。
全てのアイドルのみなさん。

お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!


以上、シンデレラガールズ10thファイナル公演二日目の感想でした。
それでは。
    23:47  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop