fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2022.02.14[月] 「ミリオンライブ8thライブTwelw@ve」から感じたリカバリー

2022_0214ml02.jpg

「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 8thLIVE Twelw@ve」公式サイト

通称、ミリオン8th
お疲れ様でしたー!!
一日目配信、二日目現地にて参加させていただきました。
みなさん生きてますか?
僕は一足早いバレンタインを堪能して、チョコのように溶けてなくなりました。
今は直接脳に語りかけながらブログを更新してます。

そんなミリオンライブ8th公演。
いつものように、ファミ通さんが速報レポをあげてくださってます。

『アイマス ミリオンライブ!』8thライブ1日目リポート。
バレンタインをテーマに、プロデューサーたちへの感謝の想いを込めたステージを届ける

https://www.famitsu.com/news/202202/12251154.html

『アイマス ミリオンライブ!』8thライブ2日目リポート。
キャストとプロデューサーたちの『ミリオンライブ!』愛が溢れる公演に

https://www.famitsu.com/news/202202/13251181.html

セトリやどんな内容だったかは、こちらを読んでいただければある程度の補完はできます。
なので、僕の方は、本能のままに感じたことをズガガ~と書いていきたいと思います。

2022_0214ml01.jpg

まず全体的に感じたのは、リカバリー。
今回、9th公演が発表され、2023年1月と告知がありました。
それを受けて思い出したのが、今年の1月にやる予定だった↑この武道館での上映会。
なんでこんな時期に武道館を3日間もおさえたんだ?
と思ったら、本来はここが9th公演だったんですね。

7thが延期しなければ、7th Reburnの公演が8thライブになっていたはず
そして、今年の1月に9th武道館3Days
この流れになっていたことでしょう。

けど、できなかった。

じゃあ、どうしたか。
ライブができない、じゃあ延期しよう。
なんて単純な話じゃない。
できない中で、何をできるようにしたか。
それがすごい色濃く出たのが、今回の8thだと感じたんですよ。

だから、リカバリー。

本来の予定とズレた8th
ミリオンは2月27日が周年の切り替え日だから、なんとかその前に8thをおさえたい。
という中で、調整をつけた2月12日~13日。

奇しくもバレンタイン前日。

じゃあ、バレンタインをモチーフにした公演にしたらどうか?
それなら、バレンタイン専用の楽曲も作って、ミリシタと連動させたらどうか。

2022021420195966d.jpeg

「ショコラブル*イブ」の完成。

ライブの準備は一年以上前からやると聞いたことがあるため、年間スケジュールをみながら当て込んでいったんだと思います。
もし、7thが延期しなければ、去年に8thライブが開催されていたはず。
きっと、今回のようなバレンタインとは関係ない、まったく別のライブになっていたはずです。
もちろん、素晴らしいライブになってたと思いますよ。
けど、7thが延期しなければ、「ショコラブル*イブ」自体、この世に生まれなかったかもしれない。
何が正解かじゃなくて、すべてリカバリーの結果。

できない中で、何ができるか。
大きく予定が変わる中、何を生み出せるか。
運営の試行錯誤の結果。
本当に厳しい状況の中での、リカバリーだったと感じます。
だから、こんなにも伝わる。
感謝が。

202202141959274ad.jpeg

また、リカバリーを感じたのは、運営だけではないです。
アイドルもそう。
Day1の幕開けを任された、花咲夜。

ライブ直前での、小岩井ことりさんの出演見合わせ。

ふたりだけとなった花咲夜。
「矛盾の月」では、小岩井ことりさんの歌唱部分は音源を流すことで対応しました。
じゃあ、どうして

「百花は月下に散りぬるを」では、これをやらなかった?

違う。
やらなかったんじゃない、やりたくなかった。
わずか10日で、立ち位置の変更、歌唱パートの分担、振り入れの変更をやってのけたのです。
欲を言えば、「矛盾の月」もすべて変更したかったはずです。
演者への負担が大きすぎるので、そこまではできなかったと思いますが、カバーの「俠気乱舞」まではふたりの歌唱でやりきった。
今までレッスンしてきたことを、リセットするような行為をしてまで、です。

感謝祭、7th、リリイベと披露する機会の多かった「百花は月下に散りぬるを」
ふたりになったことで、劣化したステージは見せたくなかった。
だって8thは感謝を伝える公演だから。
リカバリー。
できない中で、何ができるのか。
何が伝えられるのか。

ミリオンライブ、8年の歩み。

この歴史があったからこそ、できたリカバリー。
強い想いと、これまでの経験が実績と自信となって表れた。
そんな公演にも感じられました。

202202141959173bf.jpeg

8年。

思えば、4thの武道館からもう4年です。
GREE版がサービスが終わり、ミリシタからリスタートしたミリオンライブ。
気が付けばGREE時代を追い抜きました。

そう思うと、4年という年は、ミリオンにとって節目なのかもしれないです。
未来、静香、翼が、満を持してユニットを結成し、同じステージに立った。
これは必然だったと思うと、また感慨深いものがありますね。

20220214210543712.jpeg

そして、ミリオンライブは次の4年へ。

アニメの詳細がもうすぐ出ることを思うと、この8年目もアニメ放送という節目になります。
新しく扉が開く年。
とても大切な節目。
とても大事なリスタート。

決して平たんな道のりではなかった。
けど、遠回りした分、見えた景色もあった。
この8thが全部見せてくれた。

たくさんの「ありがとう」を伝え続けて、10周年も見えてきたミリオンライブ。
もっともっと、ありがとうを伝えたいです。
これからも、この先も。



そんなミリオンライブ8th公演。
現在はアーカイブが公開中です。
たくさんの感謝を届けあったステージ。
是非、ご覧になってみてください。


さてさて。
なんか圧の強いライブの感想になってしまいましたが…。
正直、まだ書き足りないです。
せっかく二日目は現地でしたし、現地ならではのレポも書きたいですし。
なので、8th公演についてはまた日を改めて各ユニットを深堀りした感想を書きたいと思います。
というわけで、今日のところはいったんここまで。

それでは。
    21:20  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop