fc2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2021.01.16[土] 「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」の話

202101161506168bb.jpeg

 今日はこちらのアニメの話題。

「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」公式サイト

 いわゆるスト魔女。
 好きなシリーズで、このブログにも専用の「パンツじゃない」というタグで管理してます。
 酷いタグだけど、あってる。

20210116150617048.jpeg

 テレビ放送は去年の10月から12月まで。
 Amazonプライムで全話無料で見られるので、ひとり一挙上映してました。

 感想としては…。

 いや、めっちゃ面白かった!

 これこれ。
 これぞスト魔女だよって興奮したし。

2020_0116sw4.jpg

 真ん中あたりで、狂気回を入れる伝統芸もあったし。
 アホすぎて引いたけどな。
 しかも、あれでリーネ回終わりだし。
 おっぱいは怖くないよ。

2020_0116sw5.jpg

 ウィッチ以外にも、おっさんもがんばってて良かった。
 いつものかませ犬でもなく、「やったか!?」→「バカな」を言う担当でもなかった。
 最終話で一般兵がネウロイ撃墜してた描写は、すごいメッセージを感じちゃったし。
 ただ、対ネウロイ装甲は、何の説明もなく力技でねじこんだ感あったな。
 いや、そういう雑なところも好きですけど。

 ご都合展開もあったけど、各話のバランスも良かった。
 最終決戦は熱かったし。
 なので、とっても面白かった。

 面白かったんだけど…。

 面白かっただけに、気になるところもありました。

2020_0116sw3.jpg

 結局、なにひとつ話が進んでないな…と。

 一期の伏線とか、なんにも回収されてないし。
 ネウ子とはいったい何だったのか
 あと、芳佳の父親とか。
 もう誰も覚えてない説もあるけど。

 ネウロイの正体については何にもわかないまま。
 むしろ、氷に隠れたり、壁を作ったり、明確な知恵があるのが怖い。
 スト魔女って、プロペラ機が飛んでる1940年代の話なんですよ。
 で、ネウロイは現代兵器の形をしてる。
 なので、あの世界の戦いって零戦がF-14に挑むようなものなんですよね。
 
 そんなオーバーテクノロジーを生み出すネウロイは何者?

 兵器を進化させるもの?
 だから軍はその技術を知りたがってる、とか。
 あと、個人的にネウロイって人口的に生まれたものだとも思ってます。
 で、その研究のひとりに芳佳の父親がいる…とか。

 その辺の伏線がまっっっったく進んでない。

 そこだけは残念。

20210116150615207.jpeg

 あと前作の話。
 502部隊を描いた、ブレイブウィッチーズも好きだったんです。
 けど、今回のROAD to BERLINを見る限り…

 やっぱスト魔女は501部隊以外で話を作れないんだな。

 そういう寂しさも感じました。
 
2020_0116sw6.jpg

 2008年に第一期が放送されてから、約12年。
 まだこうして続編が作られるのは凄いこと。
 ファンとしても嬉しいです。
 けど、その一方で伏線回収しちゃったらシリーズが終わってしまうジレンマもあるんでしょうね。
 悩ましいところです。

 にしても、12年かー。
 
 欲を言えば、このクオリティでもう少しコンスタンスにリリースしてくれれば最高なんですけど。
 それは制作の都合上、しょうがない。

 スト魔女って、ガルパンみたいなところもあるし。
 唯一無二の設定なところとか、制作に時間がかかりまくるところとか(汗
 あと、マニアックな兵器。
 各キャラが使っているユニットのプロペラ音って、元ネタとなった戦闘機のプロペラ音を使用してますからね。

2020_0116sw2.jpg

 設定とかめちゃくちゃ細かいし。
 ミリタリー視点としても楽しめる作品。
 
 あ、あと!
 ガルパンみたいと思ったのは、最終話あたりで活躍した巨大な戦車。

2020_0116gp.jpg

 あれ、まんまマウスだったよねw

 カールスラントって、こちらの世界でいうドイツのこと。
 ベルリン奪還で、ドイツ戦車のマウスを突っ込ませたの、めっちゃ熱かったですよ。
 ネウロイが作った「ベルリンの壁」をぶっ壊すくだりとか特に。

 そういう光った部分も多かっただけに、伏線は何にも回収されなかったのは惜しかったな~と。
 贅沢な悩みですし、まだまだシリーズが続くと思えば、ありがたいことですけど。



 そんな「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」
 Amazonを始めとして、いろんな配信サイトで見られますので、是非。
 オススメです。
 
 以上、久しぶりにスト魔女の話題でした。
 パンツじゃないから恥ずかしくないもん。
 それでは。
    16:11  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
チョクメはいいぞ
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop