FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2021.01.04[月] 実写版「岸辺露伴は動かない」が面白い、というだけの日記

20210104203846e64.jpeg

僕の好きな漫画に「ジョジョの奇妙な冒険」があります。
コミックも、1部〜7部まで所持済み。
なんで8部がないかって?
特に理由はないけど、完結してから読みたいから。
作者にしてみれば「おいおいおいおい、随分と僕の漫画を軽視してくれてるじぁないかぁーッ!」と怒られそうですけど。

で、そんなジョジョのスピンオフ。
「岸辺露伴は動かない」

もちろん、こちらも読んでました。
2年くらい前に。
そこから月日は流れて、2020年。
なんと、

20210104203844a9b.jpeg

実写化しました

しかもNHKで。
教育番組とか放送してるNHKが、岸辺露伴からどんな教育を学ばせようというのか。
いや、

人生で役立つことばかりだな

むしろNHKでよかった。
やかましいCMで邪魔されないで済む。

けど、本題はそこじゃあない。

この実写版岸辺露伴。

めちゃくちゃ面白かったんです。

なんで?
というくらい。
スタンド攻撃でも受けてたのかもしれない。

202101042038372fd.jpeg

特に衝撃だったのは、第三話のD•N•A
原作を読んでるから言いますが。

これ話が全然違う。

漫画の内容と、実写の内容はまったく違う。
いや、内容というと語弊があるな。
展開が違う、と書いた方が正しいか。

普通、これをやったら「改悪」になる。
原作通り作ってないのだから。
けど、

面白かった

40分でまとめるにあたって、1話からの伏線を敷いて3話を入りやすくした流れ。
天才。
脚本の勝利。

20210104203841c9d.jpeg

この時、ふと思った。

実写化=失敗

というけど、いうほど失敗はない。
失敗するとみんなのオモチャにされるから印象に残るだけ。

2021010420383863c.jpeg

面白かった実写化はいくつも出会っている。
じゃあなんで実写化は失敗と言われることが多いのか。
岸辺露伴を見てて気付いた

脚本がゴミだからだ

実写化は、似てる似てないとか、予算がどうとか、女が可愛い可愛くないとかどうでもいい。
話が面白いか面白くないか、だ。

さっきも書いたが、D•N•Aは原作と話が違う。
けど、それは実写化にあたってどう表現するか考えた結果。
伝わりやすく改変して面白くなるなら、それはシナリオライターの腕の見せ所。

20210104203839d02.jpeg

あの貞子で有名な「リング」だって、原作とぜんぜん話が違う。
主人公の性別すら違う。
けど、映画は大ヒットした。
面白かった理由は脚本。
シナリオだ。

2021010420384229c.jpeg

なので、岸辺露伴は動かないの実写はどうして成功したのか?
という質問には、

脚本が強かった

これがベストアンサー。
シナリオで勝ってる。
とにかく、シナリオが見事。

それをベースにキャラが動くから、魅力的になる。
岸辺露伴が実写となり、あの世界に根付く。
地に足がついた物語が完成する。
露伴先生の言葉を借りると「リアリティが生まれる」

その全てが面白さとなって視聴者に届いた。

非常に良い。
イタリア風に言うと、ディ・モールトベネ!
ありがとう。



そんな実写「岸辺露伴は動かない」
見逃した方のために今日から再放送されます。
興味があれば是非。
よろしくお願いします。

と、NHKの回し者みたいなブログを書き殴ったところで、今日はここまで。
それでは。
    21:23  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
「Flow of time」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop