FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2020.09.27[日] 電撃マオウ11月号「ミリオンライブBlooming Clover」第35.5話の感想。伊織から見た昴のアイドル像

20200927170516468.jpeg

今日は電撃マオウにて連載中の作品。
「アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover」
(特設サイト)

こちらの話題です。

20200927170520699.jpeg

今月は第35.5話「オレはアイドル、永吉昴」

あー、.5ってことはおまけかな。
単行本のおしりに収録される一話完結のやつ。
じゃあ8ページくらいかな。

202009271705102d3.jpeg

「42ページあります」

どうしてありがとう。


202009271705198fb.jpeg

驚きの42ページの大ボリュームで昴を描いてくださいました。
で、この伊織のセリフですよ。
昴の全肯定の性格は魅力ですし、彼女らしい一面なんですが、伊織からすれば滑稽に映るのかも。

以前の話でも、気丈に振る舞う茜をみて紬がプロデューサーに意見してましたね。
誰もがステージが立てるわけじゃなく、誰もがセンターになれるわけじゃない。
みんながそれぞれの役割の中で努力する。
じゃあ昴はどうなんだ。
35.5話はわりとミリオン全体の話としても読める内容でしたね。

2020092717051362d.jpeg

実は昴は、ミリシタ内では不遇キャラのひとりでした。
初のセンターイベントでは詩花がメイン。
カードや衣装はありましたが、別に専用楽曲があったわけではない。
昴自身は気にしなくても、担当Pのフラストレーションはかなり高かったのを覚えています。

今回の35.5話は、そういった過去のミリシタからの流れも踏まえて読むと、いろいろ感じる部分がありました。

202009271705226ed.jpeg

あらためて昴の良さが伝わる話でしたが、この伊織のセリフをみて思い出したことがあります。
僕もミリオンに触れて始めて昴に出会った時、真と同じタイプかな?
と思ったんですよ。

ところが実際は女子力の塊。
口調こそ男子っぽいですが、そこだけ。
とても可愛い女の子だったんです。


それを確信した思い出があります。

2020092717051503d.jpeg

お隣のシンデレラガールズにも、一人称をオレで話すボーイッシュな子がいます。
結城晴。
彼女の声がついた時、ちょっと驚いたんですよ。

かなり声が低い

けど、これは当然。
オレっ子が可愛い声を出してたら違和感あります。
実際、結城晴の声はとても合ってますし。

2020092717051857c.jpeg

それを踏まえて昴ですよ。
結城晴に声がついてあらためて感じたんです。

昴ってめちゃくちゃ声が高い

口調で誤魔化されてるけど、声のタイプは美少女。
はぁー、なるほど。
元々、昴は可愛い女の子であることが大前提で作られたのか。
だからボイスについては、初期からこのコンセントに準じてる。
よーくわかりました。

なんてのをすごく納得した思い出。
今回の35.5話は、そんな昴の可愛さ、かっこよさ、アイドル…。
いろんな一面が詰まっていました。
昴Pならずとも必読ですよ。

最高でした。

202009271705159cf.jpeg

そんなミリオンBCですが、次回は単行本作業のため一回お休み。
ちょっと間が空いてしまうのは残念ですが…。
次から始まる桃子の物語。
とても楽しみにしております。

それでは、以上、ミリオンBC第35.5話の感想でした。

    18:22  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
「Flow of time」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop