FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2020.01.24[金] 怜-Toki-第38局「真心」、シノハユ第76話「道標」の感想

20200124192749540.jpeg

本日、二度目のブログ更新です。
今回ご紹介するのは、ビッグガンガン2月号。
目的は、咲-Saki-のスピンオフ二作品。

さっそく感想にいってみます。

20200124192320d89.jpeg

まずは「怜-Toki-」
今月は第38局「真心」

どんなお話だったって?

202001241923219de.jpeg

怜と竜華がいちゃついてました。


いつも通り!


ブレない夫婦です。

20200124192322b6c.jpeg

いろいろあったけど、一番の衝撃は最新刊の発表が、しれっと書かれていたところ。
なるほど、咲-Saki-、シノハユ、怜-Toki-が同時発売か。
まこ飯は次回かな。
この関係でビッグガンガン3月号の連載は、どちらも休載と。
3月25日を待て!

楽しみにしてます。


20200124192324f23.jpeg

お次は「シノハユ」
今月は第76話「道標」


なんですが…





一言でいうと、






神回でした





突然の神。



202001241937541a5.jpeg

この慕と閑無との一連の会話。


もうね。



閑無の良さが全部出てる


この時、慕にかけた言葉が絶対に何年後かに慕の救いになる。
フラグどころか、未来予想ですよ。
慕が本当に崩れても、最後まで向き合ってくれるのは閑無なんだ。

これ。
照と菫の関係性にも似てますよね。
つまり最高。
ほんと最高。

閑無やばい。
もう閑無の評価がうなぎのぼり。
閑無の株を買うなら今です。


202001241923316a1.jpeg

そして、今回の物語で確信したことがあります。

この描写をみても解るように、慕の羽はみんなの想いそのもの。
数々の出会いが、全部、翼となって慕の背中を押しているんです。


だからなんですよ。

20200124192324f23.jpeg

シノハユは、第◯局ではなくて、第◯話と書く理由がここにあるんですよ。
咲-Saki-シリーズなのに「局」じゃなくて「話」。
どうしてか?


だって「話」は「羽」とも読めるじゃないですか。


今回の第76話は、76枚分の羽が宿ったということ。
慕の物語は羽を集める物語。
たくさんの羽が慕の強さとなっていき…


やがて、


20200124192327ccf.jpeg

大きな道標となる。


なんだよ、シノハユくんさー。
まったり合宿やってると思って油断してたら、エモちらかして消えるかと思いましたよ。
これだから咲-Saki-シリーズは面白い。
コミック最新刊も3月に出ますし、単行本待ちの方は期待しててください。

そんなところで、以上、ビッグガンガン2月号の咲-Saki-スピンオフの感想でした。
    19:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop