FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.11.25[月] ビッグガンガン12月号 怜-Toki-第36局「消失」、シノハユ第74話「楔石」の感想

20191125203841c9c.jpeg

25日は給料日?
いいえ、ビッグガンガンの発売日です。

今月の表紙はゴブスレ。
安定して面白いです。
これを描いてる黒瀬先生は、昔にアイマスのコミックも担当されてたんですけど、覚えてる方いるかなー。
こちらもオススメですよ。

20191125203842164.jpeg

そんなビッグガンガンの一番の目的は、咲-Saki-のスピンオフ。
まずは、「怜-Toki-」
第36局「消失」です。

20191125203844887.jpeg

すっかり怜に心を許した竜華。
会う前に髪型をチェックするあたり、もはや彼女。
けど、怜は目覚めず…。

どうなるのかなー。
と思ったら、

20191125203845737.jpeg

ほぁああああああああーーーっ!

なるほど、そうきたかーーーっ!!

これはつまり…。
怜は未来を見てるんじゃなくて、すでに未来にいる。
その記憶を体感してる、という説?
いやー。
これは、なかなかのなかなかですよ。

思わず、

20191125203847fbf.jpeg

こんな顔になったからね。

はい。
というわけで、怜-Toki-はいろいろ衝撃すぎたので、次!
「シノハユ」
第74話「楔石」です。


20191125203849a6d.jpeg

この子のセリフが名言すぎて、他が吹っ飛びましたが…。

怜-Toki-とシノハユ。
どちらにも共通するのは、未来。

20191125203849345.jpeg

目先の成果よりも、もっと先を見据えた視点。
いいライバルに巡り会えましたね。
やがて世界王者になる雀士の幼少期には、大切に支えてくれた仲間とライバルがいた。
サクセスストーリーとして完璧です。

慕の麻雀について、次号から掘り下げられそうで楽しみ。
それとも、読者には伏せる?
それもまた良し。
1月号も期待してます!

そんなわけで、今日はビッグガンガン12月号、咲-Saki-スピンオフの感想でした。
それでは。
    20:57  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop