FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.11.14[木] シンデレラガールズ7th名古屋公演 二日目参加レポート

2019_1112cg20.jpg

 今日のブログは、昨日の続きです。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR
Special 3chord♪ Funky Dancing!


 二日目の参加レポートを書いていきたいと思います。

2019_1112cg13.jpg

 Pしか泊まってないようなホテルを後にして出発。
 とはいえ、まだライブまで時間はあるので暇つぶしも兼ねて大須神社へ。
 なんかライダーやガンダムが鳩にエサやってたけど、名古屋じゃよくあるんでしょう。

 お賽銭も投げてお参り。
 担当のSSRが出ますように。
 あ、ここ学問の神社っぽいわ。
 頭の悪いお願いしちゃったよ。

2019_1112cg12.jpg

 味噌煮込みうどんを食べて、胃袋も名古屋へアップデート。
 腹ごしらえも完了したので、いざ二日目のナゴヤドームへ。

2019_1112cg11.jpg

 と、その前に寄り道。
 名古屋ドームに隣接した部屋をレンタルして、有志の方が交流スペースを作ってくれてたんです。

2019_1112cg21.jpg

 ドールの展示もありました。

 こういうのをライブ会場前の公共の場で並べられると萎えるんですけど、こうしてしっかりお金を払って場所を確保したうえで展示する分には大歓迎。
 とても好感がもてます。
 
2019_1112cg22.jpg

 それにしても、有志の企画したプロデュースを見てると、やっぱりSNSを意識した企画も多いですね。
 公式がDJ KOOさんを起用してSNSでの話題性を爆発させる戦略をとる一方で、ファンもSNSでの拡散を積極的に取り込んでます。
 ネットでどれだけ話題を作れるのか。
 今のオタク界隈の流れも見えて面白かったです。

2019_1112cg15.jpg

 堪能したところで、今度は公式フラスタへ。
 昨日、撮影できなかったサインやパネルを記念にパシャリ。

2019_1112cg16.jpg
2019_1112cg06.jpg
2019_1112cg07.jpg

 ↑クリックすると大きいサイズになりますので、よろしければ是非。

2019_1112cg10.jpg

 そうこうしてたら開場時間。
 いよいよライブが始まります。

 一日目を体験して、あまりの情報量に頭パンクしたけど、今日は二日目。
 何が飛んでくるか解っているんだから、昨日よりは落ち着いて見られるでしょう。
 いっくぞー。



\ラララ~ララ~ララ♪ラララララ~♪/

 落ち着くといったな、あれは嘘だ。
 ドームで歌うゆっきーは特別ですよね、やっぱり。



 で、今回のライブで「おー!?」と思ったのが、二日とも同じアイドルでのソロがあったところ。

 「Can't Stop!!」

 ユニットで歌っているから厳密ではソロではないんですけど、一日目に「踊りまくろ☆ダンシング・ナイト」が来て、二日目に「Can't Stop!!」が来るとは贅沢な配置。
 この名古屋公演のコンセプトが「ダンス」なので、誰の楽曲だ~よりも踊れるかどうかで割り切ってるのは実に面白い。
 そういう意味でも、今回の公演はエンタメが強かったですね。
 6th以上にライブというよりショー感がありました。

大活躍だったセクシーギルティですけど、「一本」の一言でブレイクタイムを文字通りブレイクしたゆっこを見て、「あぁ、セクシーギルティだ」ってなった。



 「Hotel Moonside」

 昨日、バベルの前奏をホテムンと勘違いしてたみなさんお待たせー。
 と、ばかりに前奏の段階でぶちあがったホテムン。
 
 が!

 まさかのフレデリカとのデュオは意外でした。
 で!
 僕の感想は↑のイラストの通り。
 ほんとこれ。
 がっつりクールで決める中、最後のあたりでニヤっと笑ったあっさむが最高にフレデリカで、ふたりで歌わせた化学反応があふれて溶けた。



 そして、個人的に今回の名古屋公演でヒーローインタビューしたいアイドルのひとり。
 飛鳥のソロ二曲目。
 
 「反逆的同一性 -Rebellion Identity-」

 歌の最後に込められた「ありがとう」
 昨日のマツエリもそうだけど、まっすぐな言葉だからこそ届きますよね。
 そのあとのMCでの涙も含めて、飛鳥として歩んできた大切な時間を感じましたよ。

 いろんなユニットでのステージもあり、本当に飛鳥の存在感がありました。
 こちらこそ、ありがとう。



 みんなでRTといいねを押そうね。
 クソコラ!



 「NUDIE★」

 るるきゃん曰く「すっぽんぽん」の歌。
 へー、このメンバーで歌うのかー。
 と思ってたけど、このメンバーだからこそ山本希望さんの表現力が光ってた印象。
 あとからこのツイートを読んで納得しました。
 本人にとっても挑戦だったことがわかります。
 ただのナターリアPじゃなかった。
 さすが!


 
 そして、ヒーローインタビューしたいアイドルのもうひとりがこの方。

 「もりのくにから」

 正直に書きますね。
 始めてこの曲を聴いた時は、無いな…だったんですよ。
 森久保が歌うとこうなるよね、というのは解るんですけど、インディヴィジュアルズのイメージが先行してて、どうしても森久保単体としての楽曲に抵抗があったんです。
 


 んで、曲が始まるじゃないですか。







 曲が終わるじゃないですか。







2019_1113na3.jpg

 こうなってました。
 チョロい?
 いや、違うよ、あれは無理ぃーだよ。

 そのあとの「青空エール」とか、全然気持ちが戻ってこれなかったもん。
 ナゴヤドームが森になった。

 いやー。


 もうね。


 

 

 高橋花林さんは天才


 バックダンサーなしのドームの真ん中で、ひとり森久保の独白を延々と演じ続けるって、とんでもない集中力ですよ。

 セリフひとつトチったら全てが破綻する歌詞で、やりとげたのは本当にすごい。
 歌うというより「演劇」を見せられて、ずっと泣いてました。
 声優がステージに立つ意味をまざまざと見せられましたね。
 そら、ふーりんも号泣ですよ。
 公式からの濃厚な「りんのの」ですよ。
 



 ありがとう
 ありがとう



 気持ちも切り替えて、ライブ続行。

 「バベル」は解ってても強い。
 アイチューンズのランキングで1位もわかる。
 


\Make Some Noise!さーわーげー!/

 「リトルリドル」大好きマン。

 あー。
 このあたりは一日目と同じだし、やっと落ち着いてステージが見れますねー。



 「2nd SIDE」

 


ああああああああああああああああ
ああぁぁああああああアアぁぁああァぁぁああああああ!!!



 落ち着くと言ったな、あれは嘘だ。
 歌ったメンバーも、

・金子有希さん(高森藍子役)
・小市眞琴さん(結城晴役)
・鈴木絵理さん(堀裕子役)
・長島光那さん(上条春菜役)
・深川芹亜さん(喜多日菜子役)
・藤本彩花さん(棟方愛海役)
・松井恵理子さん(神谷奈緒役)

 
 以上7名。
 それぞれのキャラカラーを合わせると、虹色になるメンバー。

 ナゴヤドームにかかった虹色橋。
 会場全体が虹色に変わった瞬間は、外野席だったのでよく解りましたよ。
 歓声があがったし。
 
 ありがとう。
 ありがとう。
 ありがとう。



 そして、記憶がなくなったので、あとは割愛。
 なんかDJ KOOさんがやってきて「EZ DO DANCE」を歌って踊って、そのあとのDJタイムでも登場してTRFメドレーを流してた気がするけど、きっと夢でしょう。
 


 そして、記憶をなくしたあとは、意識もなくなりました。

 ここ最近のシンデレラって、あんまり大きい発表をライブでやらなくなってた印象だったので、今回の告知は頭がふっとんだ。
 おかしいなーとは思ってたんですよ。
 なんでアマゾンプライムがこのタイミングでスポンサーになったんだろう~って。
 もちろん、弾はこれだけじゃないはず。
 どんどん出てくるでしょうね。
 
 ともかく。
 
 的場梨沙おめでとう!!



 そしてそして。
 ニュージェネ3人揃えておいて、あからさまに出番をおさえてましたよね。
 じゃあ大阪では何が待ってるの?って話ですよ。
 
 また記憶と意識が飛ぶのは間違いないので、今からでも入れる保険ってありますか?
 アイマスはそろそろアイマス保険を作るべき。
 大阪からの追加公演はやらないと明言した以上、この公演に全部くる。
 雪美とりあむも参加決定しましたし、ロックな大阪を心から楽しみにしたいと思います!



 というわけで、最後はなんだか投げっぱなしになったところで、二日目の参加レポートは以上となります。
 帰りの新幹線でひろさんと語りながら帰路につきましたよ。
 東京ついてからは在来線が止まりやがって、家についたら25時すぎてたんですけどね…。
 アイマス保険とアイマス休暇がほしいです…。
 
 あと、ここからはめんどくさい話をひとつだけ。
 今回の名古屋公演。
 ダンスメインとはいえ、演者に躍らせすぎでは?
 とも感じました。
 膝を痛めた花守ゆみりさんのニュースとか見ちゃうと、声優ってなんだろう…と思ってみたり。
 楽しかった反面、無理させてないかな?
 と心配にもなります。

 もちろん、それは運営側は百も承知でしょうから信頼はしてますが、身体を第一に考えてほしいです。
 大切なのはキャラと演者がいつまでも一緒に歩んでくれること、ですから。
 よろしくお願いします。


 それでは、以上。
 シンデレラガールズ7th名古屋公演レポートでした。
 これからもアイマスですよ、アイマス!
    18:30  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop