FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.08.17[土] Febri Vol.56「ミリオンライブBrand New Song」第13話の感想

2019_0817bns6.jpg

 「Febri Vol.56」を購入しました。
 目的は、ミリオンライブのコミカライズ。

 アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ ブランニューソング

2019_0817bns4.jpg

 今回は第13話「奏で合う音色」
 こちらの感想を書いていきたいと思います。

2019_0817bns3.jpg

 メインの3人から外れて、前回より美也たちの話を展開してました。
 どのような着地を見せるかが気になっていましたが、美也らしい答えだったかと。

2019_0817bns2.jpg

 美也って、いわゆる「おっとり系キャラ」なんですけど、アイドルに対する姿勢はとても真摯。
 彼女にとって「笑顔」や「幸せ」は、とても強いもの。
 そういった美也の良さが、今回のお話でも強調されていたと思います。

2019_0817miya2.jpg

 今日はミリシタにコミュ4~5が追加されたので、いいタイミングでもありましたね。
 
 このコミュでもそうなんですけど、美也ってただのおっとりキャラではないんですよ。
 内に熱いものを秘めている。
 それを如実に表したのが、ソロ1曲目の「ハッピ~エフェクト!」だと思っています。
 美也らしいまったりとした曲調だし、とても正直な歌詞でした。
 ところが…。
 曲の最後で美也のセリフが入りますよね。
 
『明日も絶対 ハッピーday
いつだって いつだって』


 歌詞カードにも記載がない、美也の強い願い。
 あの部分って曲として蛇足になりかねない部分です。
 けど、あのセリフこそが美也を象徴しているし、このセリフを入れたミリオンスタッフはすごいセンスだと今でも感心してます。

 美也はただの癒しキャラじゃないんだぞ!
 
 そういうメッセージも感じられました。

2019_0817miya3.jpg

 今回の13話でも、美也の魅力がふんだんに盛り込まれていて、丁寧だったと思います。
 あと、さらっと発表されたユニット名でしたが、僕はとても好きですね。
 言葉の響きと意味も含めて。
 ima先生のセンスも光っていたかと。
 ミリシタでも使わせてもらいますw

2019_0817bns1.jpg

 そして、美也たちの話がひと段落したところで、物語は再びメインの百合子たちへ。
 一気に季節は飛んで冬のお話。
 はたして、どんなストーリーが描かれるのか。
 次回も楽しみにしたいと思います。
 
 というわけで、以上、ミリオンライブBNS第13話の感想でした。
 それでは。



    20:33  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop