FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.04.23[火] Febri Vol.54「ミリオンライブBrand New Song」第11話の感想

20190423194647846.jpeg

「Febri Vol.54」が発売になってました。

隔月だから、つい発売日を忘れちゃうんですよね。
目的は、

20190423194646144.jpeg

ミリオンライブのコミカライズ「ブランニューソング
今回は第11話「はじまりの歌」

正直、この話で最終回かと思いましたよ。
そんな展開でした。

20190423194648777.jpeg

ステージ前で自分の気持ちをはっきりと伝えた百合子。
めっちゃいいシーンなんだけど、このセリフのバックでまつりが歌って、オタクたちが「ほっ!ほっ!」とコールしてると思うとじわじわくるな。
一応、歌い終わってトークしてる最中に話してる流れっぽいけど、オタクどもが大人しくしてるわけもないしw

201904231946491bd.jpeg

そして、今回は僕の担当アイドルである朋花の出番もありました。
担当Pである僕がいうのもアレですけど、朋花は扱いが難しいです。
公式コミックとはいえ、どこまで踏み込んでいいものか迷ったはず。
それだけに、心情を語る場面なんかはどう描いてくるか興味津々でしたよ。

今回はSisterを歌いましたが、作詞作曲が朋花役の小岩井ことりさんだと知っているとニヤリとするシーンもありました。
この話では朋花は「愛の歌」と捉えてましたけど、僕がSisterに抱いた印象はちょっと違うかな。
一言でいうと、

懺悔

だからタイトルがSisterなのかな?
というのが僕の解釈です。
おそらく込められた意味はひとつではないので、いろんな解釈があると思います。
今回のコミックで描かれたSisterも正確であり、かけらのひとつなのでしょう。

201904231946531bd.jpeg

そんな、まつり朋花のパフォーマンスを経て、満を持してステージにあがった「FleurS」。
そのライブを見て「私も立ちたい」と願うアイドルたち。
つながっていく。
この繰り返しが765プロシアターなんだと。

「輝く時間を、ありがとう」

ああ…。
いい最終回だった。
って、終わっとらんわ!
この新たな始まりから、次はどんな物語が生まれるのか。
次回発売まで、また待ちたいと思います。




では、今日のブログもここまで。
ミリオンBNS 第11話の感想でした。
それでは、みりおっつー。
    20:25  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop