FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.03.25[月] ビッグガンガン2019年4月号「シノハユ」第66話、「怜-Toki」第30局の感想

2019032519150603e.jpeg

毎月25日はビッグガンガンの日!
というわけで最新の4月号を購入しました。
目的は咲-Saki-のスピンオフ。

まずは「シノハユ」から。

20190325191519de4.jpeg

おー!カラーの見開き!

背景に横浜ランドマークタワーがあるから、小学生時代の慕ですね。
この公園は歩いたことがあるから、だいたい慕がどこにいるか想像できます。

そんな素敵な背景をバックにしたタイトルは「跡白波」

船の通った跡に立つ白波のことを指す単語ですが…。
「しらなみ」を「知らない」にかけて、ゆくえが知れなくなる意味もあります。
まさに今回のお話にふさわしいですね。
すでに語られてる事実とはいえ、改めて描写されると辛いです。

そんな重い話だったんですが…

201903251915070c9.jpeg

欄外に書かれたコメントが完全に編集者のポエムで、ちょっと笑いました(汗
ツイッターに投稿されたオタクの感想ツイートかと思ったよ。

20190325191742f5f.jpeg

単行本には載らない本誌だけの特権ですね。


20190325191516bfa.jpeg

お次は「怜-Toki-」

第30局「岐路」
こちらも綺麗な扉絵ですね。
春っぽいし。

2019032519150873d.jpeg

回想シーンを経て、あらためて竜華について想う怜。
やがて未来視を会得する怜が「今、自分に見えてるもんが本当とは限らへん」と口にするのは面白いです。

相手のことなど理解できなくて当たり前。
言葉は時には邪魔になる。
ならどうするか?

麻雀しかないでしょうね。

あの手紙は果たし状かな。
麻雀で会話するつもりなのでしょう。
ほわほわしてそうで、実は芯が強いのは怜の方。
あとは竜華がどう応えるか、ですね。


シノハユも怜-Tokiも、次回が楽しみな流れ。
5月号発売までじっくり待つとします。

というわけで、今日はビッグガンガンの咲-Saki-スピンオフの感想でした。
    19:44  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop