FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.02.27[水] 電撃マオウ4月号「ミリオンライブBlooming Clover」第19話の感想

2019022719404778a.jpeg

本日でミリオンライブ6周年をむかえました!

おめでとうございます!!!!!!
6年前の今日、GREE版が配信されたわけですね。
初期から追いかけてたわけではないので、古参なんて口が裂けてもいえませんが、ミリオンとも長い付き合いになってきました。
これからも変わらず765プロのみんなと歩んでいきたいです。

さてさて。
そんな記念日に発売された「電撃マオウ」4月号。

目的はこちら。

20190227194048e23.jpeg

ミリオンのコミカライズ。
『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover』
(特設サイト)

今月は第19話「あの子のことを想うと」

二カ月連続で特別編だったので、本編は久しぶり。
今回から新章の幕開けなので、めっちゃ楽しみでした。
それでは、さっそく感想スタート!

201902271940495b7.jpeg

大きなライブを終え、意欲的に活動を続ける「Clover」
可奈、志保、星梨花、海美のユニットです。

志保のトラウマも、みんなと分かち合えたことで精神的にも安定したみたいですね。
可奈が家族のことを話しても、志保はとても自然でいましたし、気にもしてません。
メンバー同士、信頼しあってることが短い描写からも読み取れます。
いいですね、この関係性。

その一方で、先輩から厳しい一言も。
Cloverの活動はまだ始まったばかり。
これからどんなユニットにしていくのか?
新たな課題です。

20190227194050d1a.jpeg

そんな中、シアター全体のサマーイベントも開催決定。
あのプロデューサー、大雑把にみえてやり手ですね。
ちゃんと仕事できる人やった。
そして、新ユニットとはいったい誰なのか?
それは本誌を買った人のお楽しみで。

20190227194053ca1.jpeg

そして、そして、そして!
新章ということでこれまで出番のなかったアイドルにもスポットがあたりました!

ついに朋花きたぁーーーっ!

あのプロデューサーも、朋花の前だとしっかりものになるってのも好き。
この人って肩の抜き方が上手なんでしょうね。
締めるところは締める。
有能。

20190227194056408.jpeg

それにしても、今まで出番がなかった分、もう朋花の満漢全席ですね。
この稲山覚也先生による、渾身の朋花よ。
後光が見えてるもんね。
そら恵美も言葉を失う。
ありがとう。

20190227194057139.jpeg

そんな感じに新たにアイドルにスポットがあたる一方で、不穏な空気も。
前に進むのに平坦な道などないです。

2019022719405120d.jpeg

それはCloverだって同じ。
可奈たちに立ちはだかる新たな壁。

志保が何をしたいかは想像つきます。
周りに支えてもらってる可奈は、だんだんと自分らしさが失われている。
可奈だけがもつ個性、魅力、強さ。
改めて自分自身のアイドルとしての姿を見つめ直す段階。
誰の助けも借りずに。

20190227194054ac4.jpeg

これは志保なりに可奈を想っての行動でしょう。
果たして、うまく届くかどうか?

志保ってツンツンだけど、ひとたび心を許すとひたすら尽くすタイプなのかもですね。
可奈はこの重い愛を受けとめられるかw
攻めに転じた志保はぐいぐい来るよ。
がんばれ可奈。
応援するよー!


と、エールを送ったところで感想はここまで。
いやー、やっぱりミリオンBCは面白い!
ボリューム満点だったし、読み応えありましたよ。
たくさんのアイドルが同時に動くこととなる夏公演。
次回も楽しみにしたいと思います。

それでは、以上「ミリオンライブBlooming Clover」第19話の感想でした。
みりおっつー!

    20:41  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop