FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.02.01[金] 「THE IDOLM@STER ニューイヤーライブ!! 初星宴舞」のBDが発売になりました

2018_0201hatu17.jpg

 2018年のスタートを彩った、765プロASライブ
「THE IDOLM@STER ニューイヤーライブ!! 初星宴舞」リンク

 こちらのBDが発売になりました!
 パッケージもなんだかめでたい!
 豪華絢爛です。

2018_0201hatu10.jpg

 というわけで、今日は初星宴舞の思い出を振り返っていきますよー。

2018_0201hatu11.jpg

 開演前の雪歩ナレーションからの紅白応援Vも収録。
 こうして開演前の曲で盛り上げてからスタート!というのも定番になりましたね。
 
 和風アレンジの歌マスも最高で最強。
 このライブやばいぞ!と確信した瞬間でもありましたよ。

 そこからは、もう最高の連続。

2018_0201hatu09.jpg

 伊織の「ロイヤルストレートフラッシュ」を見て、パッと何の曲か解る人は通ですよ。
 だって、これぷちますの曲だから。
 数あるソロ曲から、これをチョイスしたのも本当に最高。
 ぷちますは名曲の宝庫。
 マイナーなのが残念だから、こうしてライブで知名度があがるのは歓迎でしたよ。

 けど、僕が一番大歓迎だった曲。


 それがこれ!

2018_0201hatu08.jpg

 「addicted」

 ミリオンライブの貴音ソロです。
 これ。
 ほんと披露してくれて感無量でしたよ。
 だって、貴音の楽曲で一番好きだから。
 
 まるで不協和音のように聞こえる複雑な音。
 ただただ一途に助けを求めるような恋の歌。
 貴音の神秘さと、ひとりの女の子なんだと気付かせる、ふたつの側面をあわせ持つ最高の名曲ですよ。
 
 そして!

 この初星宴舞で一番泣いた曲。
 それが、これ。

2018_0201hatu07.jpg

 「合言葉はスタートアップ!」

 オリメンです。
 オリメンのレジェンドデイズです!
 
 楽しい曲なのに、何故か涙がボロボロ出たんですよ。
 5人が本当に楽しそうで。
 センターの響が、ひとつひとつの歌詞を噛みしめてて…。
 とても眩しくて温かいステージに、心打たれたんだと思います。
 最高です。

2018_0201hatu06.jpg

 千早の「Just be myself!!」なんか、言わずもがな。
 最高に決まってる。

 それで、これは僕の持論なんだけど、

「細氷」を歌う千早
「Just be myself!!」を歌う千早

 これは同じ世界線には存在しないIFのふたり。
 という考察。
 
 ふたつの可能性の行き着いた先に、どんな歌を手に入れたか。
 どちらも千早であり、どちらも正解。
 そういう曲だと受け止めています。

2018_0201hatu05.jpg

 セトリが変わった二日目も最高の連続。
 律子の「いっぱいいっぱい」のステージパフォーマンスは、相変わらずぶち抜いてる。
 安心と信頼の律ちゃんでしたよ。

 からの~

2018_0201hatu04.jpg

 「七彩ボタン」

 この流れは卑怯。
 最高だけど卑怯。
 竜宮小町を見守りながら、ステージ裏へと帰っていく律ちゃんとかさー。
 もうエモエモのエモでしょ。
 二日目のMVPといっても過言ではないです。

2018_0201hatu03.jpg

 もちろん、5th以来のオリメンとなった「オーバーマスター」がMVPだと言うPも多いでしょう。
 登場のポースも5thと一緒。
 今週のアイマスMORでも、このあたりの感想を語っているので必聴ですよ。

2018_0201hatu01.jpg

 そんな最高しか出てこなかった初星宴舞。
 このライブをもってスタートした2018年は、ほんと濃厚な一年でしたよ。
 それだけに2019年の1月は大きなライブがなかったのは残念。
 もちろん、リスアニやクルーズなどアイマス自体のイベントはありましたが…。
 765ASのイベントがなかったのが寂しいところ。
 その分、このBDで補完ですね。
 何度でも見直したいです。

2018_0201hatu12.jpg

 そして、この流れで特典映像も再生~。

2018_0201hatu13.jpg

 あさぽん、アッキー、若林さん、仁後ちゃんの4人が、ガミP宅へおじゃまする内容でした。

2018_0201hatu14.jpg

 新年に収録したので、正月らしいミニゲームも。

2018_0201hatu16.jpg

 とはいえ、アッキーがただひたすらに弄られるだけだったけどw
 いつも通り。

2018_0201hatu15.jpg

 で。

 一番のオチは、ガミP宅で新年会だったのに、肝心のガミPが不在だったこと。
 シンデレラクルーズにもいなかったし、年明けはかなり修羅場だったみたいですね。

2019_0201mas30.jpg

 しょうがないので、ガミP宅でまったりくつろいでました。
 という和やかな特典映像でしたw

 けど、みなさんのアイマスについての想いなんかも語られて、聴き応えはありましたよ。
 特に若林さんの

「私たちはアイドルじゃない。
けど、声優だったからこそ、キャラクターは18歳19歳でいてくれるから、私はステージに立てる」

 という言葉はグッときました。
 そうですね。
 アイドルだったらとっくに引退している年です。
 それが、こうして今でもステージに立てるのは声優だからです。
 声優がステージに立つことに疑問をもつ方もいると思いますが、声優しかできない特権なのかもしれないです。
 深い話でした。


 そんな感じに、特典映像も最高な初星宴舞。
 これはもう買うしかないでしょう。
 アイマスを築き上げた、AS組のステージ。
 ここにアイマスの礎がつまってます。
 是非、その熱い想いを受け取ってほしいです。
 よろしくお願いします。

 それでは、以上、初星宴舞BDの感想でした。
 これからもアイマスですよ、アイマスーっ!


 
    23:23  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop