FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.01.27[日] バイオハザード RE:2 初見の感想。20年記念にふさわしい大作!

2019_0127bio16.jpg

 今週発売となったPS4用にリメイクされたバイオハザード2
 略して「バイオRE:2」
 
 一度クリアーできたので、今日は初見の感想です。
 クリアーしたのは「クレア表編」
 ネタバレも少し含まれますが、みんな当時バイオ2はやってたよね!
 大丈夫だよね?
 
 
 え?
 原作のPS版バイオハザード2が発売したのは20年前?
 ヘタしたら生まれていない子もいる?

 そんなに………前なの………?


 違う意味でホラーになっとるがな…。

 
 ともかく!
 ネタバレはダメ~という方はご注意ください。

2019_0127bio14.jpg

 こちらが今回のリザルト画面。
 ゲームモード「スタンダード」ってのは、ノーマル難易度。
 クリアータイムは8時間で、セーブ回数は37回、と。

 当時めっちゃやってたバイオ2だけど、さすがに20年前となると忘れてる部分も多いし、当時と全然変わってる部分もあるので迷ったりしました。
 あと、気晴らしにツイッター眺めてたので、その分も時間に含まれていると思われw
 それでも、攻略wikiはいっさい見なかったし、わりとアイテムも回収できたので、初見でこのクリアータイムは平均的じゃないかな。
 別に詰まるような謎解きはないし。

 あ、あと、セーブは無限にできます。
 オートセーブもあるので、ボス戦とか死んでも直前からやり直せるのは親切でした。
 ちなみに、セーブにインクリボンが必要になるのは、これよりも難しい難易度にしてから。
 オートセーブも無効になるので、本物のサバイバルに挑みたい方は是非。

2019_0127bio10.jpg

 で。

 ぶっちゃけリメイク版ってどうなの?面白いの?
 
 これがみなさん気になるところだと思います。
 結論から言いますと、



 死ぬほど面白いです

 
 文字通り死にまくったし。
 そう!
 死にまくったんですよ。

 だから最高。

 
 今回のバイオRE:2で、一番嬉しかったところ。
 それは、


 難しい!!


 だから、最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


 そうなんですよ。
 当時バイオ2をやった時、あまりの簡単さに拍子抜けしたんですよ。
 いや!
 解りますよ。
 バイオハザード1作目は難しくて、クリアーできない人も多かったのも知ってます。
 実際、バイオ2から始めた人も多いですし、バイオブランドが世界に広まったのも手軽な難易度だった~というのもあります。
 
 けど!

 僕がやりたかったのは、ゾンビをただ処理するだけのラクーンシティ観光じゃなくて、サバイバル・ホラーだったんです。


 それがね。


 バイオRE:2ではやってくれた


 僕が20年前に切望したサバイバルなバイオ2。
 それが、ついにプレイできたんです!!!!!!!!!!

 もう脳汁がたれるほど興奮しましたよ。
 Gウィルスに感染したかと思ったし。
 
2019_0127bio08.jpg

 もうね。
 ただのコート着たおっさんだったタイラントも、すんごい強い!!

 足音が聞こえただけでも、恐怖を感じたもん。
 人によっては、あの追跡はストレスに感じるかもですけど、僕はバイオ3を彷彿とさせるストーカーっぷりに好感度あがりまくり。
 ハシゴを丁寧に登ってくる姿は微笑ましくて大好きです。
 
2019_0127bio20.jpg

 あと、ザコ敵もみんな強くなって嬉しい限り。

 ゾンビは死んだと思ったら、一定時間後に起き上がってくるし、扉だって開けてくる。
 2体に掴まれると押し倒されるし、難易度スタンダードでも4回くらい嚙まれたら終わり。
 やっぱゾンビはこうでなくちゃ。

 で。

 一番驚いたのは、イビー。
 あの植物のモンスターね。
 ↑のイラストは当時のものなんですけど、リメイク版はグラフィックが全然変わってます。
 そして、なにより掴まれたら即死ってのがたまんない。
 ストーリーの後半で、弾薬やサブウェポンの残りも乏しい状況で捕まったら終わりです~って、よくぞやってくれましたよ。
 だって一歩間違えたら理不尽ゲーですもん。
 だから、よくぞこの難易度に跳ね上げてくれたと感心しました。

 バイオって、まず前提としてダメージをくらってはいけない~ってのがあるから、前半でどれだけ弾薬と回復を温存できるか~ってのも攻略のひとつ。
 だから、イビーが即死とわかった時の緊張感はやばかった。
 このサバイバル感。
 これだよ。
 これこれ。
 
 でね。

 ただ難しくしただけじゃない。
 ちゃんと対応策もあるし、しっかり弾数を考えれば突破できる。
 このさじ加減も絶妙。
 とっても丁寧なアイテム配置が素晴らしいです。

2019_0127bio18.jpg

 映画版バイオでは萌えキャラになってたリッカー。
 こちらも、リメイク版ではめっちゃイケメンに成長。
 強かったし、もう劣化ハンターとは言わせない!
 
 あ、もちろん難易度設定はあるから「こんな難しいのクリアーできないよ~」という方は、アシストモードに変更すればOK
 やったことないので詳しくは解らないけど、体力とか自動で回復するらしいです。
 すごいな。
 もうGウィルスやん。
 ウィリアムもびっくり。

2019_0127bio19.jpg

 あとは、単純にグラフィックの進化も嬉しいですね。
 この差ですよ。
 20年でクレアもこんなに美人になりました。
 
2019_0127bio03.jpg

 あ、雨の描写もすごかったですね。
 ちゃんと服が濡れるんですよ。
 髪や服をふいたりするし。
 リアリティもバツグン。

2019_0127bio05.jpg

 そして、リアリティをぶち壊すコスチュームも健在w
 旧作の服装なんかも用意されてるし、当時のBGMに変更するモードもあるので、懐かしさを感じたい人も安心。

2019_0127bio07.jpg

 あ、あと友人に「クレアがぴょんさんに見える」と話したら爆笑されたんですけど、これ共感する人いるかな。
 厳密にいうと似てないんですけど、横顔とか雰囲気がシンクロする瞬間があって、素敵なキセキでした。

 って、すぐにアイマスにつなげるのは悪いクセですね。

2019_0127bio12.jpg

 このトロフィーとった時も、ガールズ・イン・ザ・フロンティアが脳内再生されたし。

「だから………拓け! バックパックに希望つめて~♪ 自分の足で歩け~シンデレラ!!」

 アイマスハザードでした。

2019_0127bio11.jpg

 コアなファンがいるという女ゾンビも、当時の衣装のまま登場。
 出会った瞬間、懐かしいクラスメイトと再会したような感動がありましたよ。
 お礼にヘッドショットしました。

2019_0127bio09.jpg

 ストーリーのアレンジもうまくて、「あーこのシーンって、あれだよね!!!」と感動の連続。
 当時を知ってる人ほど驚きが強いですよ。

2019_0127bio21.jpg

 ドリキャスのバイオハザード コードベロニカを思わせる、コンテナをぶち当てる戦闘もあったし、わりとこれまでのシリーズをふまえたリメイクになってます。
 バイオ2だけでなく、他作品をやっているとさらに感動しますよ。

2019_0127bio02.jpg

 アレンジで笑ったのは、レオンの設定。
 
 当時は「彼女にふられてヤケ酒してたら新任初日に遅刻」というとんでもないクソ設定だったけど、連絡が来ないのを不審に思って、確認するためにラクーンシティへと向かった~に変更。
 20年の時を経て、黒歴史もなくなりましたw
 レオンにとっては一番のワクチンかもね。

2019_0127bio23.jpg

 あ、そうだ。
 これにも触れないと。
 
 今回のバイオRE:2は、バイオ7みたく、グロテスクを強化したZ指定があります。
 僕が買ったのはZ指定。

 けど、やっぱり海外版と比べるとヌルいです。
 
 日本は臓器が見えるようなシーンはダメみたい。
 序盤の警察官のシーンとか、海外は下半身がちぎれてるけど、日本はZ指定でも血がついてる程度。
 
2019_0127bio22.jpg

 Z指定だと、これくらいが限界なのかな。
 グロい画像なので、サムネイルは小さくしておきます。
 大きくみたい方はクリックしてください。

2019_0127bio06.jpg

 グロいというか、もはやギャグになってるシーンもあったけどね。
 これ、ジョジョで見た。

 残虐描写が苦手な方は、通常版も選んでください。

2019_0127bio15.jpg

 そんな感じに長々と語ってきたバイオRE:2ですが…。
 
 一言でいえば「ありがとう」

 もうこれに尽きる。
 ずっとリメイクを切望されてましたが、20年記念にふさわしい大作に仕上がっていると思います。
 まだクレア表編しかクリアーしてないので、このあと、レオン編も堪能します。
 ラクーンシティの観光はまだまだ続く。
 住人たちも嚙みつくくらい熱烈歓迎してくれるし、僕も鉛弾でお応えしますね。
 ほんと面白いので、しばらく週末はラクーンに行き浸り。
 これまでバイオハサードはやったことない~という新規ユーザーもこの作品から始めても全然OK!
 よろしくお願いします。

 以上、バイオハザードRE:2の初見感想でした。

    14:34  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop