FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.12.05[水] シンデレラガールズ6thライブ 名古屋二日目の参加レポート

2018_1205cg06.jpg

 今日のブログは昨日の続きです。
 昨日はシンデレラ6thの名古屋公演一日目のレポでした → リンク
 なので、今日は二日目のレポです。

 ライブ後に打ち上げしたあと、カプセルホテルで一泊。
 解ってたけどホテルもPばっかでしたw
 この日はどのホテルも満室で、まったく予約が取れなかったでしょうね。
 知らない人からすれば、なんでこんなに混んでるんだろう…?
 と困惑したことでしょう。

2018_1205cg05.jpg

 メルヘンチェンジしたナナちゃんにも挨拶。
 おはようナナちゃん。
 おはナナ。

 まだライブまで時間があるので、ちょっとした観光。
 けど、名古屋の観光地といったら何かあるかな?
 うーん。
 名古屋城でしょ?
 ナゴヤドームでしょ?
 あとは、

20181205093000189.jpeg

 特に無いな。

 けど、ひろさんの案内でこちらにやってきました。

2018_1205cg02.jpg

 熱田神宮

 三種の神器の1つである草薙剣を祀る神社らしい。
「これが草薙の拳だ!」
「歴史が違うんだよ」
 この会話についていける人はだいたい同世代。
 にしても、名古屋にそんな由緒正しい神宮があったとは。
 
 これはSSRが出ますわ。



 これが草薙のガチャだ!




20181204072146516.jpeg

 なるほど…。
 ヤマトタケルは貴音担当か。
 よくわかった。
 

 その後、お賽銭やおみくじなど神社らしい立ち回りをしながらウロウロ。

2018_1205cg03.jpg

しょうご「あ、鶏がいる」
ホッパー「手羽先、美味しかったよ」
ひろ「最低だww」


きねま「あそこで巫女さんがお払いやってますよ」
ホッパー「ちょっと行って来る」
きねま「ほんとにお払いしてるww」

 かしこみ~、かしこみ~。

2018_1205cg04.jpg

 そんな感じに熱田神宮を観光したところで、少し移動して昼飯。
 お店の名前は「あつた蓬莱軒」。
 
 ここは何が有名かといいますと…。

2018_1205cg01.jpg

 名古屋名物ひつまぶし

 要するに、うなぎです。
 かなりの人気店ですので事前に名前を伝えて来店する流れ。
 手間はかかりますが、味はさすがの一言。
 ほんとに美味しかった!
 値段もそれなりでしたが、朝から大行列なのも納得でしたよ。
 そら、うなぎも絶滅しますわ。
 
 あ、そういえば並んでいる時、子供が「ミリオン!」と叫んでたのは何だったんだろう…。

子供「ママ~、この人たちミリオン?」
母親「いいえ、この方々はシンデレラよ」

 そんな会話があったのかもね。

2018_1205cg09.jpg

 スタミナもマックスにしたところで、再びやってきましたナゴヤドーム。
 いよいよ6thライブも千秋楽。
 盛り上がってきましょう!

 今回もファミ通さんが細かいレポをあげてくださってます↓

最高にアツかった“冬の遊園地”!
『アイマス シンデレラガールズ』ニュージェネもあんきらもトライアドプリムスも大活躍の
6thライブ ナゴヤドーム公演2日目リポート

https://www.famitsu.com/news/201812/02168560.html

 また、昨日と同じように刹那凛さんのレポ漫画もご紹介します。




 3分割になってますので、是非リンク先を確認して全て読んでほしいです。
 
 では、ここからは僕自身の感想。
 まずはこちら。














 もうね。
 個別衣装も4公演目ともなれば、見慣れたもんだと思うじゃん?
 なんなんでしょうね。
 あの初見の衝撃は…!

 花井美春さんのお嬢とか、正直ぶっ飛んだよ。
 モニターにパッと映った瞬間、

20181205103834f9a.jpeg

 イケメンすぎて全国の黒服たちが泣いたからね。

 そして、ボーカル力も高いことは、SS3Aで証明済み。
 もっといろんな楽曲を歌ってほしいなー。
 と思ってたら、

 「この空の下」

 これ!
 あー、やっぱバラードも最高じゃんかよ。
 尊すぎて全国の黒服が白服に変わるかと思いましたよ。

2018_1205ojo.jpg

 あ、あと、ソロもそうだ。
 きらりんロボ→あんずのうた、という千秋楽らしい、これまでにないハチャメチャなセトリ。
 この空気を一気に変えたのが、「おんなの道は星の道」
 あのお笑い要素満載だったドームを、一瞬で赤に染めたもんね。
 まさにお嬢。

 でね。
 最初に拍手が起きてさ。
 一番が終わったら、また拍手でさ。
 歓声も「ヒュ~~~」とか「イェーイ」とかじゃなくて、

 「いよっ!」、「日本一ぃ!」、「お嬢!」、「広島の星!」

 だもんね。
 演歌の作法を、アイマスで味わえるとは思わなかったよ。
 ほんと最高でした。
 
 個人的にはお嬢の個別衣装。
 背中がどうなっていたのか知りたいんですよね。
 メモリアルブックに収録されるのかな。
 頼みますよ。

2018_1205kyo.jpg

 それと、今回プロデューサーの命を心配したのは、響子P
 
「アツアツ♪マカロニグラタン」 → はい、あーんして
「きらりんロボのテーマ」 → 哀妻の響子
「ラブレター」 → 告白
「With Love」 → 結婚

 なんだこのフルコンボ。
 響子Pの生命維持は大丈夫なの?と、本気で心配したからね。
 ちょうど僕の2列前の席に響子Pがいたんですけど、「はい、あーんして」のくだりで、頭抱えて崩れ落ちてたし。
 あぁ、なるほど…。
 メラド一日目で、ちょこたんの猫パンチをくらった僕も、こうだったんだな…と。
 謎の納得。
 強く生きましょう。

2018_1205to.jpg

 個人的に好きだったのは「Treasure☆」
 
 こうして2ユニットがそれぞれ分かれて歌う~というのは新しいライブの形かと。
 悪魔に取り付かれた杏を、迷うことなく発砲しようとした早苗は、お前が悪魔だよ!と思ったけどw
 もし本当に発砲してたら、

「前橋市の元市長。ナゴヤドームにて銃乱射」

 という見出しで、中日新聞の一面を飾るところだったよ。
 無事に航海を終えて何より。

201812051113511d4.jpeg

 他に印象的だったのは、これ。
 「Nation Blue」

 強かった。

 ただただ、強かった。

 以前、東山奈央さんがブルーナポレオンについて触れたり、5thSSAのメドレーでもブルナポによるNation Blueが歌われて…。
 ブルナポの流れが来てたんですよ。
 そこに来て、このサイバーグラスによるNation Blueですよ。
 めちゃくちゃ響いた。
 青の系統はトラプリかと思ってたけど、とんでもない。
 ここにいるじゃないか。
 モバマス初期からの青の系統が。
 
 今回の公演は一曲目にオリメンの「Snow Wings」が来たり、グラッシーハルナが登場したり、上条さんの存在感もばっちり。
 ブルナポの勢いが、この先もっと大きくなると予感させた。
 そんなライブでもありました。

20181205111348fc5.jpeg

 もうひとつ響いたのが、こちら。
 「Frozen Tears」

 すでに5thライブで披露した曲ではありましたが…。
 曲が終わり、ステージが暗転したあと。
 渕上舞さんの口が動いたんですよ。
 マイクオフなので、何を言ったのかは聞こえません。
 けど、確かに見えました。

 「ありがとう」

 と。
 色紙にも書かれていた「ありがとう」の気持ち。
 言葉ではなく、仕草で伝えるなんて…。
 あんたって人は…!!

 今回、渕上舞さんもたくさんの楽曲を披露してくださいました。
 あんな多忙な人に、ここまでやらせるなんて。
 あんこう祭りが終わったら、残りの日程を全部シンデレラでおさえたまでありますよ。
 だからこそのTrinity Fieldの完成度。
 こちらこそ、ありがとうですよ。




 そしてそして。
 「∀NSWER」

 ツイッターのトレンドでは「∀」が表示できないから、「NSWER」になってた楽曲ですw
 オリメンのindividualsが弱いわけないんだよな。
 解りきってた「答え」でした。

 演出も光ってました。
 基本的にユニット曲は隣り合って歌うじゃないですか。
 けど、individualsはあえて離れた。
 さっつんもブログで書いてたけど、あれだけ距離があると声が反響してしまい仲間の歌声を聴くと曲がめちゃくちゃになるんですよ。
 だから自分の歌を突き通すしかない。
 ユニット曲なのに、互いを威嚇するような歌い方。
 牙をむきだしたような研ぎ澄まされたステージでした。
 そして、花道をズカズカとまっすぐ歩いてくる美玲のかっこよさよ。
 キュートとは何だったのか。
 まさに檻から解き放たれた獣。
 爪あとをしっかりと残していきましたよ。

2018_1205cg07.jpg

 そして、2大ドーム公演という過去最大規模のライブ。
 その締めくくり。

 「always」

 正直ね。
 トラプリ→ニュージェネの流れは予想もできたし、予定調和にも感じたんですよ。
 ただ、そのままalwaysまでつながるのは考えもしなかった。
 最初、ニュージェネだけで歌ってる時、グッときたけど何とか泣くのをガマンしてたんですよ。

 そしたらさ。

 周りがどよめいたから、何だろう?と思って正面ステージ見たら…。
 全員がいる。
 僕は、バラードでも基本的にサイリウムは振るんですよ。
 けど、無理だった。
 全員からの「選んでくれてありがとう」は、無理。
 腕をあげることもできなくなって、ボロボロ泣いてました。
 
 全て伝わった。
 だから大丈夫。
 この先、シンデレラガールズがどう進もうと大丈夫。
 きっと笑顔でまたありがとうって言える。
 そして、これからも見つけていく。
 選んでいく。
 新しいありがとうのために。
 
 楽しかった遊園地の最後は、冬の公演にふさわしい、しっとりとした夜でした。
 

2018_1205cg08.jpg

 こうして長かった4公演を全て終えて、余韻にひたりながら名古屋駅へ。
 新幹線に飛び乗って東京へと戻りました。
 この、一気に現実に戻されるあたりも遊園地っぽいですw
 魔法は解けたんだ、起きろ。
 自分の足で帰れシンデレラ。

 怒涛の二日間でしたが、身内と一緒に盛り上がれて最高のライブ遠征になりました。
 もちろん疲れはしましたが、その疲れもまた良し。
 本当に楽しかったー!

 シンデレラの次のライブとしては、来年の夏以降でしょうね。
 3月はシャニマスだし、4~6月はSideMとミリオンがあるし。
 とはいえ、新アイドルのプロモと、シン劇四期が待ってます。
 話題は尽きないでしょうね。
 またこうした大きなライブができることを祈ってます。
 それまで引き続きプロデュースがんばりますよ!!



「ところで、SSR麗花はひけたんですか?」

 れい…か…?

「こいつ、記憶が…」

 引き続きプロデュースがんばります…。

 
 それでは、以上、シンデレラ6thライブ 名古屋公演二日目のレポでした!
 これからもアイマスですよ、アイマス!


    18:00  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop