FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.11.26[月] 怜-Toki-第27局とシノハユ第62話の感想。 第62話ではなく、第62羽が相応しい

2018112608404440c.jpeg

 ビッグガンガン購入。
 目的は咲-Saki-のスピンオフ。
 さっそく感想です。
 
20181126084045b78.jpeg
 
 まずは「怜-Toki-」
 第27局「首飾②」

 竜華の回想が続いてますが、こうして客観的に見てると竜華のストレスが伝わりますね。
 
20181126084049908.jpeg

 一番の不幸は、周りが竜華の異常に気がついていないところ。
 本人も気付かせないよう仮面を被り続けてるから、これは竜華自身が望んだ環境ではあるけど…

201811260840477ae.jpeg

 ハムムがきっかけで、仮面にヒビが入ったイメージ。
 それが竜華にとって、いいことなのかは別として。

201811260840464c2.jpeg

 母親にとって竜華は優等生。
 だけど、さすがに違和感は覚え始めたか。
 大切にしてたペットを自分のせいで死なせたのに、笑顔でいる娘はむしろ怖いはず。

 竜華は何かに依存しないと自分を保てなくなっているとしたら、ハムムの次が怜なのか。
 回想シーンはしばらく続きそうですね。

20181126084051f5b.jpeg

 お次は、シノハユ。
 第62話「鳶目」。
 また難しい漢字のタイトルですね。
 「えんもく」と読み、意味は
 
『鳶 (とび) の目。転じて、よく見える目。他人の欠点などのよく見える目』

 です。
 今回のエピソードにぴったりのタイトルですが…。
 ここで気付きました。

 咲-Saki-は、第○局と、麻雀にちなんで話数に「局」を使います。
 けど、シノハユだけは第○話と「話」を使います。
 なんでだろ?
 と思ってましたが…。

 「話」は「わ」と読みますよね。
 「わ」って「羽」とも変換できますよね?

 つまり、第○話という表記は、第○羽という意味も込めているのかもしれません。

20181126084054eaa.jpeg

 羽は慕の象徴。
 今回、この描写がとても印象的でした。
 天へと飛翔し、まだ「会ったことのない、やがてプロになる雀士」たちを感じとった。

 これ。
 ものすごく意味のあるシーンに思えます。
 
 だって、慕はあらゆるプロ雀士たちと共鳴してるということですから。

20181126084052ea5.jpeg
 
 そこからの慕の反撃。
 喜ぶメンバーたち。
 けど、杏果だけはやや冷めた反応。
 
 仲間でもあり、ライバルでもある慕に、やや想うところがあるのか。
 それとも別の理由か。

 
 今回、慕の秘めた強さが垣間見えましたが、疑問も増えた不思議なお話でした。
 羽と慕の関係。
 まだまだ秘密がありそうです。
 
 
 と、どちらも作品も次回への布石を残しつつ終了。
 こらまた、来月まで生殺し…。
 ともかく、楽しみに待つとします。
 以上、ビッグガンガンの咲-Saki-スピンオフの感想でした。
 それでは。
    18:00  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop