FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.11.06[火] シンデレラガールズのコミック「U149」四巻の感想

20181106195127ff2.jpeg

U149の四巻が発売になりましたー。
サイコミで連載中の身長149cm以下のキャラにスポットをあてたコミック。
第三芸能課の子供アイドルたちの物語です。

2018110619513225b.jpeg

といっても、子供だけでなく大人アイドルも登場します。
特に、子供から見た大人の姿がかっこいいんですよね。
こういった視点も、この作品の魅力。
千枝ちゃんも憧れる美優さんのアイドル像。

なんですけど、

20181106195125b1f.jpeg

After20だと、こんなドジしてる姿も。

この視点の違い。
どこにスポットライトをあてるかで、いろんな色が見せられる。
シンデレラガールズはたくさんのアイドルが登場するから、それこそ世界観は無限大。
U149ならではの視点を感じていくのも面白いです。

2018110619513105e.jpeg

凛とか15歳ですからまだまだ子供なんですけど、第三芸能課のみんなからしたら大人ってのも面白い。
ありすと凛の関係性もいいですね。
今回の特典CDでもふたりのNation Blueが収録されてるし、なかなかエモいですよ。
にしても、ありすのNation Blueといえば宮城公演を思い出しますね。
ありすセンターだ!
と思ったら、ライブビューイングのカメラが一生すみぺを映してて、「みーなを映せや!」と友人とキレてたのもいい思い出です。

201811061951283c1.jpeg

そんな特典CD。
楽曲も強いし、ドラマパートもいい出来でした。
みんなでラジオを撮る内容でしたが、薫の
「お便り、待ってまーーー!」
が、可愛すぎてベストアンサーでした。
聞いてるか、ころあず。
これが正しい待ってますコーナーだぞ。
あ、ミリラジネタなので伝わらないですね。
ごめん。

201811061951346ac.jpeg

ボイス未実装組もメールという形でフォローしてたし、わりと聞き応えあるドラマパートでした。
プロデューサー役の米内Pもいい味だしてたし。
ほんと、ハマり役ですよね。

2018110619512987a.jpeg

今回のドラマパートを聞いてても思ったけど、U149ってプロデューサーも魅力的なんですよ。
シンデレラガールズって、アニメの影響なのかプロデューサーを寡黙に描きがち。
デレステやっててもプロデューサーの存在感は無いに等しいし。
だから、U149でのプロデューサーの扱いは嬉しい!
アイドルと正面から向き合って、一緒に悩んで成長してる。
やっぱこれだよー。
これこれ。

米内Pの活躍にも期待です。

20181106195135380.jpeg

そんなU149の四巻。
今回収録されてるPR動画のエピソードは、かなりお気に入りのお話。
気になるところで終わってますので、コミックで追ってる方は五巻をお楽しみに。
僕も楽しみにしてます!

というわけで、今日のブログはU149の紹介でした。
それでは。
    20:36  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop