FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.11.05[月] コミック「ミリオンライブBrand New Song」第1巻の感想

20181105191036167.jpeg

Febriにて連載中のミリオンライブの漫画。
コミック1巻が発売となりました。
マニアックな雑誌での連載なので、単行本待ちの方も多かったかと。

僕は連載を追ってるので、そのたびに感想は書いてますので。
今日は総評です。

20181105191038a1c.jpeg

まず、このミリオンBNS
個人的には、かなり微妙。
良くできた同人誌、という印象が強いです。

百合子、桃子、このみ、というクセのある3人をメインに添えたので、わりと期待してたんですが…。
今のところ、3人を組ませたメリットは感じられません。

ただ!

つまんなくは無いんですよ。
特に各キャラのソロ曲をテーマにした物語は、いい描き方をされてますし。
だから惜しい。

20181105191041f8e.jpeg

百合子の「地球儀にない国」の歌詞にある「風の戦士」は、百合子が希望して差し替えたもの。
この解釈はうまいですし、公式らしい踏み込んだ切り口。
なんだけど…。
これをクライマックスに置くなら、なんで百合子とファンの触れ合いを描かない!
そこが抜けてるから、すごく浅い内容で終わっちゃってる。
その前の風花のくだりが綺麗なだけに、オチが唐突すぎて百合子の独りよがりにしかなってない。
ほんともったいない。

作者のima先生がミリオンライブを大好きであることは伝わってくるんですよ。
輝くアイドルを描きたいって気持ちも。
だからこそ、想いが先走って過程が弱いのが惜しいんです。
全体的にみてもね。
ここ最近の連載は光るシーンも増えてきただけに、この序盤のバランスの悪さは残念。

20181105191042e41.jpeg

僕が公式コミカライズに求めてるのって、公式だからこそできる世界観の創造。
こんなユニットありえないと思ってたのに、こんなドラマを見せてくれるなんて。
このアイドルにこんな一面があったなんて。
という気付き。
公式に教えられる瞬間。

20181105195124bce.jpeg

そう。
そこなんですよ。
公式に教えられる。
これを感じた時、たまらなく嬉しいですよ。
他のミリオンライブの漫画にはそれがあったんです。
アイドルマスターの世界って、ほんと広いなとも思いましたし。


この先、ミリオンBNSも続きますが、百合子、桃子、このみだからこそ作れた世界。
見せてほしいですし、教えてほしいです。
ima先生の大好きなアイドルたちの魅力と一緒に。
期待してます。

2018110519103790e.jpeg

さてさて。
そんなミリオンBNSですが、限定版はCD付き!
百合子と紬のソロをライブバージョンにしたもの。
いいですねー。
5thライブの興奮が蘇る!

最後はこれを聞いて締めるとしましょうか。








ん?



2018110519103344c.jpeg

「歌唱はライブ音源ではありません」





違うのかよ!!!













解散!!!










以上、ミリオンライブBrand New Songコミック1巻の感想でした。
    19:54  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop