FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.07.29[日] ミリオンライブ! Blooming Clover 第3巻と最新14話の感想。稲山先生の組み立て方のうまさ。

201807291830515cc.jpeg

『アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover』
こちらの第3巻。
そして、今月の電撃マオウを買ってきました!

1〜2巻が早かったから、第3巻はわりと待ったイメージ。
それでもハイペースなんですけどね。
今回の発売を記念して特設サイトもオープン!

ミリオンBC特設サイト

全話お試し読みができるので、今からでも十分に追いかけられます。
是非!

さてさて。
というわけで、今日のブログはミリオンBCの感想です。

20180729183054248.jpeg

僕はブログに感想を書くときは、物語の核心部分はふれないようにしてます。
読んでくれる方の楽しみをうばいたくないし。

が!

コミック3巻が発売されたので、単行本部分はネタバレでいいよね。
では、僕が3巻で好きなシーン。
こちらを紹介していきますよー。

201807291831017a5.jpeg

まずは、こちら。
紬をフォローする茜ちゃん。

自由奔放な茜ちゃんだけど、ちゃんと空気を読めるし周りもみえてる子。
そういう茜の良さがちゃんと描かれてほっこりしました。

201807291830566ef.jpeg

次。
春香さんがマジ春香!

ミリオンBCって、ここぞ!という場面で先輩アイドルを入れるんですけど。
強いんですわー。
ほんと強い。
ミリオンライブって先輩と後輩を描けるアイマスコンテンツです。
そこは大きな魅力。
コミックでもうまく組み込んでくれてます。

20180729183055f61.jpeg

次。
海美ちゃんのバレエシーン。

これ、本誌で読んだ時ぶっ倒れたよ。
エモくて。
尊みが臨界点を突破して語彙力が枯渇して灰になったもんね。

ミリオンBCって可奈×志保の物語と思われがちだけど、ユニットが始まってから海美のこともたくさん描かれてやばい。
実は可奈たちのユニットにおいて海美は超重要キャラだからね。
3巻はその布石。

20180729183058cba.jpeg

次。
3巻で一番好きシーンがここ!
可奈が走り出す最高の場面。

ただ…。

このシーンって笑っちゃった場面でもあるんですよね。
だって、これ。
二巻だと、

20180729183052ba9.jpeg

これだもん。

あれー?
志保の顔ちがくなーい!?

つまり、あのドヤ顔志保は可奈ビジョン。

なるほど、可奈にはああ見えたのか。
どんだけ思い出を美化してんのさw
と、変なところでツボったんです。

けど、いいシーンなのには変わりないです。
この志保に対する想いが活きるのが第4巻。
単行本待ちの方はお楽しみに。

20180729183059ae4.jpeg

さて、こうして3巻を振り返って思うのは…。
ユニットの意味。
個々が成長しても、まとまりがなければ弱い。

歌を仕事とわりきる志保と、

20180729183102732.jpeg

知らず人に勇気をあたえる可奈。

この歯車が噛み合わない限り、ユニットは前に進まない。
逆にいえば、ここが噛み合えば答えになるんですよ。

201807291831047de.jpeg

歌はアイドルにとって大切なもの。
互いの気持ちがすれ違い、想いを伝えられないユニットの歌など、誰にも届かない。

それを自分の努力が足りないと解釈してる志保。
焦り、憤り。
それが爆発してしまうのが第4巻です。

「Clover」4人にとって決して忘れることのできない2日間。

是非、見届けてほしいです。
そんな4巻は12月27日発売です!
予約は始まってますし、今回も限定CD付き!
お見逃しなく!

よろしくお願いします。


2018072918310534b.jpeg

と、途中から3巻の感想じゃなくて4巻の販促になってたけど気にしない。
では、コミックの感想はこのくらいにして、最後は本誌の感想。
最新話である第14話。

にしても、りっくんやべぇな。
前世でどんだけ徳を積めば、こんなアイドルハーレムを作れるんだよ。

そんな14話ですけど、


今回も



尊い


201807291831072d2.jpeg

前から思ってはいましたが…

稲山覚也先生の漫画って、

「このシーンを見せたい!!」

ってのが分かりやすいんですよ。
そして、もうひとつの特徴が、見せたいシーンのためなら何ページもかけて助走しても構わない!
という作り方。

今回の14話もMAXの部分がすごく分かりやすい。
そのためにいくらでも語る。
溜めて溜めて溜めて、はいドーン!

ってのが稲山先生の描き方。
それがミリオンライブのアイドルたちとガチっとハマるんですよ。
だから読んでて気持ちがいいし、心に響く。

「俺が描きたいのはこれ!どうだ!」

\最高です!ありがとう!/

そんなやり取りがミリオンBCではあるんですよ。
だから好き。
少なくとも僕は大好き。
ミリオンライブをコミックという視点からも支えてくれてる大事な作品です。
これからも応援していきたいです。


さてさて。
そんな感じに熱く語ったミリオンBC
先程も紹介した通り、特設サイトもできて運営もプッシュしてくれてます。
まだ未読な方も、この機会にふれてもらえたら嬉しいです。
オススメですので、是非どうぞ。

では、以上ミリオンBC第3巻と最新14話の感想でした。
みりおっつー。

    19:43  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop