FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.06.07[木] ミリオン5thライブ参加レポ~後編~

20180604201457db8.jpeg

ミリオン5thライブ感想レポ、3部作完結編!
というわけで3日間に分けてお届けしたライブレポも今日がラスト。
SSA2日目の感想になります!
前編中編

現地での参加でしたが、場所は500レベル。
ステージから最も遠いエリア。
なので、今回は新兵器を用意しました。

201806071939435da.jpeg

こちら!

双眼鏡です。
ビックリしたのがお店での売り場。
各ライブ会場ならこの倍率がオススメ!
という具合に紹介してるんですよ。
双眼鏡ってターゲットが完全にオタク向けになってたんですね…。

僕が購入したのは12倍率のやつ。
どのくらい見えるの?
というと、ステージに立つ演者さんの全身がはっきり見えます。
ただ、表情まではちょっと見えない~くらい。
500レベルからだとこれが限界か。
とはいえ、あるのと無いのでは大違い。
SSAクラスなら必須かと。

こちらをひっさげての2日目。



今日のソロトップバッターは「ロケットスター」だよ!

もし間違ってたら木の下に埋めていいから!






Only One Second





2018_0607_01.jpg

ババーン!


そんな最初のソロは紗代子だったわけですが…。

泣いた。

泣き倒した…。


20180607193745670.jpeg

というのも…。
ちょっと語りますね。
紗代子役の駒形友梨さんの話。
彼女はね、第5回81オーディションで優秀賞を獲得した経歴があるんですよ。
ところが、規約違反により受賞は取り消し。
その時、入賞してたのが上田麗奈さんや高橋李依さん。
彼女たちの活躍はご存知の通り。
駒形友梨さんもその中のひとりになるはずだったんです。
81プロの道を絶たれた彼女は、後にスペースクラフトに所属して…。
何年も何年も努力を重ねて、ついにプリキュアの主題歌に大抜擢。
そして、今年ついにメジャーデビューを果たしたんです。
本当に悔しい思いをして、けど決して諦めなくて…
やっと掴んだのが今なんです。
だからさ。
Only One Secondの歌詞を聴いた時、衝撃だったんです。

『たった1秒だって俯かない』
『成長しなきゃ経験じゃない』
『この涙で弱さを流したら、前だけ向いて真っ直ぐ進んでいく』
『こんな悔しい想い…ずっと繰り返しながら、不器用な生き方だとしても変えたくない』

『後悔って言葉は逃げ場じゃない!』


待って、歌詞が全部刺さるんだけど!!!
紗代子の熱血を現した歌詞なんだと思います。
けど、それだけなわけないよね。
この歌詞を今の駒形友梨さんに託した意味は大きいです。
そんなんだから、ライブで聴いたら嗚咽するんじゃないかと覚悟はしてたんですよ。
そしたら、最初のソロって…。

不意打ちだよ!

実は2日目で一番泣いたの、ここなんです。
だってだって、駒形友梨さん、すっごい笑顔だったし、声もすっごく伸びてたし、この歌詞を全力でぶつけてくる姿に僕はもうぅぅうああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ…!!!




…ありがとう。




20180607193748782.jpeg

そんな感じに冒頭で召されてましたが、ライブは始まったばかり。
1日目を経験してるから、流れは掴んではいたけど…。
それでも、いきなりきた「虹色letters」とか、不意打ちの連続。
一度離れた2人が階段を下りて、再会して駆け寄ってから手をつなぐところだけで一晩は語れるよ。

2018_0605_17.jpg

不意打ちといえば、
・大阪のおばちゃん
・ゆい㌧のあとに山口立花子さんが登場する狙いすました順番
・新曲の「咲くは浮世の君花火」

など、前半から思考が追いつかないw
特に大阪のおばちゃんは誰だよ!
アイマスのライブで最初に自転車に乗ったのが、真じゃなくて大阪のおばちゃんという衝撃。
今日のサプライズゲストですって、やかましいわ。
ミリオンの頭のおかしさを、こんなところで発揮せんでええから。

で。


その不意打ちエリアを抜けたら、
「プリンセス・アラモード」で姫モードになって、「満腹至極フルコォス」で満腹にされて、「たんけんぼうけん☆ハイホー隊」で世界の果てまでイッテQしたところに、「スポーツ!スポーツ!スポーツ!」の

デンジャーゾーン

殺人セトリかよ。
この脳筋プリンセスどもを何とかせい!
海美ちゃんの笛の音がなった時、悲鳴があがったからねw
ぴらみさんばりに2リットルの水がほしかった。


で!


MCを挟んで登場したのが、僕の担当アイドル

2018060719374398e.jpeg

天空橋朋花「Sister」

お団子だった髪型を変えて登場したこっこちゃん。
聖母でしたわ。
SSAが礼拝堂になってたし。
そら夢に朋花も出るわ。

で。

このSisterですけど、2番の
「有刺鉄線は赤」
の部分で、サイリウムを赤に変えよう~という動きがあったんですよ。
浸透してないので難しいとは思いましたが…。
一部ではありましたが、赤色がバッと増えました!
騎士団のみなさんありがとう。
ザッ(敬礼

全ては騎士団の名の下に


からの…

20180607193747ec8.jpeg

「昏き星、遠い月」

はい。
きました。
朋花と千鶴のカップリング大好きな僕に、運営がもたらした最上級の舞台。
もうね。
ヘッドセットマイクで登場した時点で、泣いてた。
これは本気やぞ、と。

でね。
ラスサビ前。
アレクサンドラ(千鶴)が階段を駆け上がって斬りかかる!
そこをクリスティーナ(朋花)を守るようにエドガー(恵美)が剣を返す!

からの、

「俺たちは生きたい!!ヴァンパイアだって幸せになっていいはずだッ!!」

完璧です。
無事に召されて灰になりました。
どうしてプロデューサーを殺そうとするんだ!?

あの時間だけは完全にアイドルのステージじゃなかったからね。
世界ごと変わってたから。
2日目を象徴する楽曲だったかと。


そして。

そして、そして、そして。

ライブは進み…


やってきたこの曲。

2018_0605_16.jpg

「ジレるハートに火をつけて」

正直、今回のライブはステージ演出はイマイチに感じてて…。
モニター映像も弱いなーと少し不満もあったんですよ。
特に1日目の「あめにうたおう♪」はモニターに歌詞を出してよ!

そんな不満な演出も、

ジレハで帳消し

この5人が並んで写った瞬間、全部がブレイズアップ。
またさ。
みんなが楽しそうに歌うんですよ。
4thの張り裂けそうな緊張感とは違う、晴れやかなステージ。
だから、僕も感動はしましたが泣かなかったんですよ。
嬉しいという気持ちの方が強かったから。
とにかくひたすらに楽しかった。
終わったあと拍手が止まんなかったもんね。
武道館のピースを回収完了。

20180607194906c12.jpeg

ありがとう灼熱少女。
そして、これからもよろしくね、琴葉。



で。



問題はこっから。


ジレハで消し炭になったところに始まった、
「Blue Symphony」
あー、クールダウンするわー。
と思ったらさ。

朋花いるじゃん。

わーい、僕の担当アイドルだー。
と思ったらさ。

千鶴いるじゃん。

わーい、僕の担当アイドルだー。
と思ったらさ。

まつり姫いるじゃん。

わーい、僕の担当アイドルだってちょっと待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て



え!?


待って



今日のセトリ考えた奴って


俺!?



で。


もうひとりは誰?


佐竹美奈子


201806061941296b5.jpeg

俺たち身内の担当アイドルが全員集合しとるやないかーい!!!
隣にいた美奈子Pの肩をばんばん叩いて「メンツ…!あの…メンツ、メンツ……、…メンツ」と、メンツbotになってました。
リアルに語彙力がなくなってたよ。

20180607194614d30.jpeg

ライブ後のLINE第一声がこれだし。

ジレハを終えて油断したところに、今日一のボディブローに崩れ落ちましたわ。
りえんしょんも言ってたなー。
油断したらダメ絶対。
それ。


で。


まだライブは終わらない。
まだソロを歌ってないメンバーを考えて、最終ブロックに何が来るか予想がついたけど…。
ジュリア→千鶴→琴葉→静香の流れは強かった。

ここで僕が特筆したいのは、千鶴。

2018060719374123d.jpeg

野村さんって、ずば抜けて歌がうまいわけではないです。
あのバラードコーナーに入れるのは、酷にも感じました。
だからこそ、祈るようにステージを見守りました。
サイリウムも振らずに。
手すりを両手で持って、じっとステージに立つ担当アイドルの姿を一瞬も見逃さないように。

途中、野村さんが声をつまらせる場面もありました。
『一緒に歩いたね、こんなとこまで』
の歌詞の部分で。
”こんなとこ”と、今のSSAの舞台とリンクしたのかもしれません。
けど、声を途切らせることなく、ひとつひとつ大切に歌詞をつないで…。
そして、最後のラスサビでは一段と声量を大きくして歌声を響かせてくれました。
今回のライブには、恩師である速水奨さんが始めて見に来てくれてましたが、その目にはどう写ったでしょうか。
たくさん想いを込められたムーンゴールド。

誇らしかったですよ。
あれが二階堂千鶴だ。
僕が自信をもってプロデュースしている、担当アイドル。

彼女の魅力が、ひとりでも多くの方に伝わったなら幸いです。





そんな感じに何度も臨死体験をしたライブだったんですが、ここからは現地ならではの視点からレポート。
最初に書いたように、今回は双眼鏡を装備しての参加でした。
こいつが大活躍したのがMC。
トーク中にみんなは何をしているのかな~と観察。

おっ!
こっこちゃん、またこっそり子豚ちゃんに手をふってるー。
可愛いなー。
と、それに気付いた野村さんがこっこちゃんの背中を、指でつんつん。
「何してんのー」
「やだー」
みたいにキャッキャウフフ。


20180607193745ca7.jpeg


はぁーーーッ!?

なにこれぇーーッ!!

千鶴×朋花カップリングが死ぬ前に見る走馬灯みたいな光景なんだけど!!!

これこれ。
こういうのを見たかったんだよ!
双眼鏡も心なしか誇らしげだったし!

で。

気付いたのは、基本的に落ち着きが無いのが稲川プロとMachico。
特にMachicoは、ころあずがトークしてる時、うどん食べてるような仕草してたし、じっとしとれんのかw


で!


あれだ、あれ。
あれを書いとかないと!
最後のThank You!のフリータイムでさ、ずっとこっこちゃんを追ってたんですよ。
そしたら…。
おもむろにやってきた、ゆきよさん。
そっと、こっこちゃんの手をとって…。

膝をついて手の甲にキス…。






はぁーーーッ!?

なにこれぇーーッ!!


どうしてプロデューサーを殺そうとするんだ!!!!

ライブビューイングだと映ってなかったらしいから、現地の特権。
さらに、双眼鏡でこっこちゃんをストーカーしてたから見られた奇跡。
ありがとうミリオンライブ。
あまりの光景に双眼鏡が割れるかと思った。
今度から現地は必ず持参しよう。
ライブのお供に双眼鏡。
ありです。


と、なぜか最後は双眼鏡のステマになってましたが、こうして幸せにつつまれながらライブは終演しました。
ほんとに楽しかったなー。
今でも余韻が残ってるレベル。
そらブログも4日連続でミリオンライブになるわ。

201806071958529e4.jpeg

ねぇよ。


そんな最高が来年はツアーでやってくる、と。
初見のPたちも増えてきてるから、765プロシアターの強さをあらためて伝えていきたいですね。
扉を開けて、さぁいきましょう。
合言葉はユニオン!



と、テンション上げたところで、今日はここまで。
ライブレポというより、ただの咆哮でしたが読んでくださりありがとうございました。
それでは、以上で感想はお開き!
アイドルのみなさん、最高の二日間をありがとうございました!
みりおっつー!
    20:05  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop