ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.04.27[金] 月刊REX連載「朝焼けは黄金色」第8話の感想。 走り始めた物語と見えてきた真実

2018_0427rex01.jpg

 日付が変わると同時にダウンロードできるKindleは偉い子。
 というわけで、月刊REX6月号を購入してきました。
 目的はアイマス。

 「朝焼けは黄金色 THE IDOLM@STER」

 今月で第8話です。
 なんとこの8話…。


2018_0427rex02.jpg

 小鳥さんのバニー姿が拝めます!

 いいですね。
 この仕事を選べない感。
 千早だったらテンションがマイナスに振り切って、次の日、事務所に来ないレベル。
 そんなことあるかって思うけど、アケマス時代の千早の切れ味を舐めてはいけない。
 あのアケ千早と比べれば、ミリオンの北沢志保や最上静香とか、まるでメルヘンだから。

2018_0427rex03.jpg

 他にも下着シーンもあったりと、今月はサービス多め。
 春だなー。
 小鳥さんのJKパワーぱねぇ。


 が!


 そんなお色気シーンも、

2018_0427rex05.jpg

 今回の急展開な流れの前に、記憶の向こう側へと飛んでいきましたよ…。

 いや、ほんといきなり来た。
 読んでてゾワゾワきましたよ。
 前から「物語が動き始めれば早いだろう~」とは思っていたけど、まさにでしたね。
 
 で。

 今回の黒井の描写。
 これだけ見れば、黒井が話をかき回して高木をコケにしようとしてるシーンにも見えます。
 
 けど、それだけじゃない。
 この作品って、高木は正しくて黒井は悪い~みたいな、単純な勝ち負けの内容ではないです。
 
2018_0427rex06.jpg

 それを伝えるためか、黒井の強気のプロデュースに食らいついていく子もいます。
 このフォロー。
 黒井のやり方を100%否定するものでもない。
 時として最良の一手になる場合もある。

2018_0427rex04.jpg

 小鳥さんがJKだった頃は、アイドルは低迷してました。
 それが、今のアイマスの世界観では大ブームになっています。
 これって、業界そのものを強くしたい~という黒井の願いが適っている、とも取れるんですよね。
 黒井がもたらした影響力と企業努力って、実はすごいのかも。
 
 そう考えると、黒井をヒールキャラとして描いてるのはミスリードっぽいんですよね。
 だからこそ、この先で語られる真実に全てがつまっている。
 果たして何があったのか…。
 彼らの「夢」と、それを”終わらせた”琴美の存在。
 怖いけど、楽しみでもありますね。


 この第8話で、一気に核心部分に近付いた「朝焼けは黄金色」。
 異色なアイマスコミックですけど、だからこそオススメしたい一品。
 次号の発売を心待ちにしつつ、あれこれ考察していきたいと思います。
 これも、単行本ではできない連載時の楽しみ方ですよ。
 
 では、今日はこの辺で。
 ぴよ。
    23:29  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop