FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.04.26[木] ビッグガンガン5月号 「怜-Toki-」第21局、「シノハユ」第56話の感想

201804262234280f9.jpeg

 毎月25日はビッグガンガンの日。
 目的は咲-Saki-関連。
 それと、ゴブリンスレイヤー。
 おもろいです。

2018042622343059b.jpeg

 本編ではインハイ5位でゴールした千里山女子。
 その過去編ともいえる「怜-Toki-」
 今月は第21局「突進」です。

20180426223431496.jpeg

怜「東一局はいっちばん楽しい局ですよ」




20180426224247b2f.jpeg

「それな!!!!!!!!!!!!!」

 突然のタコス。
 東が楽しい子はだいたい友達。
 
 
20180426223431c91.jpeg

 そんな怜と対局中の、幼女セーラ。
 セーラというか、セーラ・オルタと命名したいくらい誰だか解らないキャラになってるけど(汗
 この作品って、千里山の過去編というより別の世界線ってイメージ。
 もしかして、怜がぶっ倒れて復活した時に、本当に世界線を移動したのかもねw
 ちょうどシュタゲ・ゼロやってるしタイムリー。
 
 どの世界線にいっても竜華の巨乳はゆるがないでしょうけど。

2018042622343351d.jpeg

 シノハユは、第56話「器用貧乏」。
 また意味深なタイトルですねー。
 器用貧乏って、なまじ器用がゆえにいろいろ手を出してしまい、結局、どれも中途半端になる例え。
 それを踏まえて物語を読み進めると、別の色が見えてくる。
 そんな第56話かと。

20180426223436879.jpeg

 前にも書きましたが、シノハユの魅力のひとつに

 「敗北を描ける」

 という部分があると思います。
 咲-Saki-本編ではインハイという試合展開のため、敗北は即終了を意味します。
 物語の展開上、ピンチは描けても敗北は描けない。
 
 けど、シノハユは違う。
 すごく長いスパンで学生生活を描いてくれてるので、大会に負けることも物語に組み込むことができる。
 これってすごく強み。
 
20180426223436f5b.jpeg

 負けたことで成長できたキャラクターたち。
 そして、次の目標に向かって歩み始める。
 その中で、お互いの変化や想いをじっくりと描写してくれる。
 これこれ。
 これだからシノハユってエモいんですよ。
 
 今回の第56話って、各キャラのすごく素の部分も出てた気もするので、いつも以上に読み応えを感じました。
 ただの日常回とは違う。
 こういう何気ない部活風景こそ、次につながる大事なファクターが含まれている。
 いいですね、そういうの。
 次回も楽しみにしたいと思います。


 そんなビッグガンガンの咲-Saki-スピンオフの感想でした。 
 では、今日はこの辺で。
 カン!
    23:06  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop