FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.04.19[木] 咲-Saki-第189局「紹継」の感想。5決だからこそ描けた等身大の青春

201804200643203c1.jpeg

金曜日へ日付が変わると同時にヤンガンを購入。
Kindleを同期して、何度も再読み込みして、ダウンロードを早く早くと待ち焦がれるまでがテンプレ。

目的は、咲-Saki-
今週は第189局「紹継」です。

20180420064325eff.jpeg

決着がついた五位決定戦。
大会とはいえ、これはインハイ決勝前のエキシビション。
前座っぽいところもあります。
だからかなー。
試合後にみんなが集まって談笑してる姿は、五決ならではの光景に感じました。
これが本試合だったらやっぱりピリピリするし、互いの健闘を讃える余裕もないでしょうし。

201804200643216f0.jpeg

遠く離れたもの同士でも「また会いましょう」と再会を誓う。
麻雀を続けていければ、必ず巡り会える。
咲-Saki-はそういう物語。

その証拠に、

201804200643239bf.jpeg

姫子と竜華は再会する未来が約束されてます。
扉絵は、過去か未来に実際におきる光景だと立先生は答えてましたし。

20180420064323c3c.jpeg

そんな交流の一方で、まだ上を目指せたのに、自分から可能性をつぶしてたことに気付く姫子。
今回の五決って、新道寺の物語としては完結したようにも感じましたね。
このあとやるであろう個人戦では部長とのコンボもないでしょうし、深い掘り下げはこれがラスト。
だからこそ、寂しさも感じましたよ。

あー。

エモすぎ。

五決が始まった時は、早く決勝がみたいのに〜と思ったけど、終わってみればとんでもないファンサービス。
五決じゃなければ見られなかった名シーンの数々でしたよ。
すばらでした。
けど、こんなん見せられたら決勝のハードルがさらに上がるんですけど、立先生はいったいどんな仕掛けを考えているのか。
次号は休載なので続きはもう少し先になりますが、期待したいと思います。


というわけで、今日のブログもここまで。
咲-Saki-第189局「紹継」の感想でした。

それでは。
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop