ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.03.12[月] 「アイドルマスター シンデレラガールズ WILD WIND GIRL」第5巻の感想。描かれたのは正統派アイマスコミック

WWG5巻

 向井拓海を主人公に描いた異色のコミック。
 「アイドルマスター シンデレラガールズ WILD WIND GIRL」
 最終巻となる、第5巻が発売になりましたー。

拓海「ゴルァ!プロデューサー!!最終巻でこの衣装はどういう了見だぁーっ!!」

ゲマズ

P「なんだ不満か? じゃあ、このゲーマーズ特典のジャケットに変えておくぞ」

P

拓海「こんな写真、いつ撮りやがったぁ!!」

 今日も事務所は平和です。


 そんなWWG
 内容はというと、

 最っっっっっっっっっッッッ高ぉーっっっっ!!!

 めちゃくちゃ面白くて、一気に読み終えましたよ。
 ストレス無し。
 読んでてとにかくスカっとした。
 バイクで風になる感覚ってこういうことかも。

Pとアイドル

 ヤンキーアイドルという、かなりクセのある拓海を主人公にしたので、かなり挑戦的な企画だったハズ。
 けど、終わってみれば、むしろ正統派ともいえる物語でした。
 
 プロデューサーとアイドルとの信頼関係

 アイマスの原点であり、決して変わる事のない根底。
 それをまっすぐ貫いてましたよ。
 だから気付いたんです。
 
 どんなにぶっ飛んだ設定でも、そこを守ればアイマスになる。
 
 WWGはお手本のような作品。
 そして、アイマスの可能性も大いに感じました。
 ヤンキーが主人公でもアイドル作品になる。
 すごい世界観ですよ。

 考えてもみてください。

コミカライズ

 ↑アイマスは、これらの作品が同じ世界で共存しているんですよ?

 事務員、ヤンキー、ロリ。
 ぜんぜん色も違うのに、同じ世界で生きている。
 普通は破綻しますよ。
 なのに共存できる。
 どうしてそれができるのか?
 
 プロデューサーとアイドルとの信頼関係。
 
 これを崩してないから。
 WWGを読んでて、アイマスとは何かをあらためて教えられましたよ。
 素晴らしい作品でした。
 5巻で終わるのが本当に悔やまれます。
 
 …と思ってたら、




 番外編の連載と、サイコミにて出張連載が決定!
 まだまだ爆走は止まらない!
 いいね、上等だ。
 
 拓海の活躍はまだまだこれから。
 引き続き、応援していきたいです。
 みんなも乗り遅れるな!
 カチコミだぁーっ!!


 と、カツを入れたところで今日はここまで。
 以上、 「アイドルマスター シンデレラガールズ WILD WIND GIRL」第5巻の感想でした。
 それでは。
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop