FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.03.02[金] 咲-Saki-第186局「無我」の感想。 カッ!

カッ!

 カッ!


 今週の咲-Saki-を読んで真っ先にうかんだのが、これ。
 ペルソナ3ネタは今でも通じると信じたい。

咲-Saki-

 そんなわけで、本日のブログは咲-Saki-第186局「無我」の感想です。
 扉絵も千里山集合で素晴らしい。
 けど、二条泉がいないな。
 竜華の胸の養分にされてしまったか…?

いたー

 と思ったら、いたぁーっ!!

 
 素で言われるまで気付かなかったよ。
 ステルス泉。

ゾーン

 そんな千里山ですが、ここにきて竜華が本領発揮。
 無極点という中二病ネイミングが炸裂。
 けど、これって本人の意思とは関係ない能力ですよね。
 能力というより、潜在に近い。
 ピンチになるとランダム発動ってイメージだし。
 けど、発動さえすれば最強。
 恭子でも止めたことないレベルって、本当にやばいな。

冷やし透華

 例えると冷やし透華に近い。
 むしろ同じか、これ。
 本人でもコントロールできない、秘めた力。
 竜華はまだまだ底が知れないです。
 スピンオフの「怜-Toki-」で、そのあたりが明らかになっていくのかもね。

しず

 その一方で、別の意味で底が知れないのが恭子。
 頭に思い浮かべる後輩が、なんで全裸やねん。
 どんだけ漫大好きマンだよ。

変態

 これが時間がなくて服を省略してしまったのか、それともこれで合っているのか。
 真相は単行本までお預けですね…。
 姫松、あなどれん。

 そんなこんなで大将戦も白熱中。
 次号も目が離せませんね。


 あ、そうそう。
 話はちょい代わるけど咲-Saki-つながりでこちらも。
 大好評上映中だった実写版「咲-Saki-阿知賀編」ですが、今週ついに放映終了です。
 
 それを受けて…




 キャストのみなさんのオフショット祭りが開催中。
 
 これが本当にエモい。
 写真自体も素晴らしいけど、カメラマンにも「よくぞこの瞬間を捉えた!」と賛美を送りたいです。
 豊富なオフショットを前に、僕の目も無極点みたいになりましたよ。
 カッ!

 劇場版BDの発売もお待ちしております。
 と、最後に実写版にもふれたところで今日はここまで。
 それでは。
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop