FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.03.01[木] 伝説のフリーゲーム「ゆめにっき」が3DゲームになってSteamで配信開始

ゆめにっき

 「ゆめにっき」という作品をご存知だろうか?

 今から10年以上前に公開された、フリーゲームです。
 
ゆめにっき

 知る人ぞ知る伝説の作品として伝えられ、小説やコミックにもなりました。
 グッズ展開もしていたので、何かしらの動きがあるのでは?

 と思っていたら、

ゆめにっき

 はい、来ました!

 「YUMENIKKI -DREAM DIARY-」リンク

 なんと、3Dゲームとなって生まれ変わったんです。
 配信元は、Steam
 まさかこの時代に、再びゆめにっきと合間見えるとは…。
 
決意

 ゲームを起動すると、こんなメッセージが。
 なるほど。
 ファンの想いが生んだリメイク、ともいえる作品なんですね。

操作

 操作はいたってシンプル。
 基本的に移動して調べるだけ。
 原作もそうですしね。

ゆめにっき

 3Dになったことで、雰囲気はがらりと変わりました。
 とはいえ、あの独特の世界観はしっかり残ってます。
 ほほをつねると目が覚めるのも、原作そのまま。

血

 ん…?
 この血だまりって、まさか原作のラスト?

ゆめにっき

 こういった夢の中での出来事を、起きてからノートに書いていく流れ。

部屋から出られない

 部屋から出られない(出たくない?)のも原作通り。
 やることがないので、寝るかー。
 と、ベッドに横になると夢の世界へ。

ゆめにっき

 夢の世界にはいくつもの扉があり、別の世界とつながってます。

ゆめにっき

 広い世界を、ただただ歩く。
 そういうゲーム。

ノート

 そして、夢の中での出来事が、どんどんノートに書き足されていく、と。
 なるほどなるほど。

エフェクト

 横スクロールしかできないと思ったけど、それはステージによりけり。
 普通に奥までいけるエリアもあります。
 そして、今回も落ちてる「エフェクト」を集めるのが目的…かな?
 原作と一緒で、まったく何の説明もないから、目的すら不明。
 それも含めて、ゆめにっきの魅力なんですけどね。
 答えが明確に提示されないので、たくさんの考察もうまれた作品ですし。

ゆるにっき

 正直、かなり理不尽なゲームですので、やる人は選びます。
 けど、僕は有り。
 軽くしかプレイしてませんが、製作者がとてもゆめにっきを愛しているのは伝わってきますし。
 
窓付き

 ただ、主人公の目が開いているのだけは「ん?」と思いました。
 閉じてなきゃダメじゃね?
 んー、ここは疑念ですが、原作者さんが監修したうえでこの表情なら、何か意図もあるかもしれません。
 それも含めて、ゆめにっきの旅を味わいたいですね。

 というわけで、本当に序盤の軽いプレイレポにはなりましたが、「YUMENIKKI -DREAM DIARY-」の紹介は以上です。
 開いた時間にチマチマと進めますので、またクリアーしたあたりで感想を書きたいと思います。
 それでは、今日はここまで。
 みなさん、良い夢を…。

    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop