FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.12.26[火] ビッグガンガン2018年1月号の咲-Saki-コミック感想

ビッグガンガン

 今月のビッグガンガンを買いました………ぁぁああああああ!!!!???

 あれ!?

 間違えてLOを買ったか!?


 想像を絶する表紙に、思わず時が止まったよ。
 いきなりの小林立テロ。
 あなどれん。

 そんなビッグガンガンにて連載中の、咲-Saki-スピンオフ。
 順番に感想でも。

咲日和

 まずは「咲日和」。

 いつもは咲-Saki-関連はまとめて掲載されてるけど、今回はわりとページがバラバラ。
 咲日和から始まるのは珍しいかも。

俺の趣味でもない

 見ての通り龍門渕日和だったけど、この5人ってほんとバランスいいな。
 ボケとツッコミのメンバーがそれぞれいるのも強い。
 主にツッコミは純だけど、ボケの発端を作るのも純だったりするので、みんな万能すぎ。
 あなどれん。

シノハユ

 お次は「シノハユ」。

 団体戦の真っ最中ですので、熱い展開が続いてはいましたが…。

 
 …ちょっと待ってよ。

慕

 熱すぎでしょ


慕「おら、わっくわくしてきたぞ」

 そんなセリフはもちろん吐いてないけど、これは戦闘民族の目ですよ。
 これこれ。
 シノハユってわりと日常シーンも多いし、まったりモードな時もあるけど…。
 こうしてドン!と、熱い演出を放り込んでくるから最高です。
 あなどれん。

11本場

 それにしても、シノハユって麻雀に能力を使う子はいたけど、明確に「能力使ってますよ」アピールをやってきた子は新鮮。
 中学生レベルにもなると、こんなのが出てくるかー。
 
 そう思うと、原村和とかよく優勝できたな…。

 いや、ディスってるわけではないけど、チート能力者もいたはずだから個人で優勝って本当に偉業だよ。
 むしろ、そっちがオカルト。
 あなどれん。

怜

 ラストは「怜-Toki-」。

 なんかタイムラインで足湯が流れてきてたと思ったら、これだったか。
 今の時期とか最高かもね。

 今月は嵐の前の静けさ、といった話だったので大きな展開はなし。
 けど、

凶星

 久しぶりに「凶星」という単語を目にして、軽く吹いたよw

 油断してたわ。
 小学生にして中二病に犯されたみたいな名前をつけた連中がいることを。
 「凶星」と書いて「まがつぼし」と読ませるのが、もうダメ。
 極めつけは「星」と書かれたパーカー。
 それだけでも面白いのに杖までついてるとか、かける薬も言葉もねぇわ。
 骨の髄まで中二病じゃないか。

 だが、それでいい。

 怜-Toki-ってわりとまだ語れない部分も多いのか、話が思ったより進まないけど…。
 「凶星」の登場だけは本気で楽しみにしてたり。
 あなどれん。
 いろいろ期待してますよ。


 そんな感じにビッグガンガンの咲-Saki-コミックを堪能してました。
 今年はこれで終わりかー。
 来年も変わらず応援していきますよ。

 あ、そうだ。
 咲-Saki-つながりで、こちらもご紹介。



 本日、「咲なま」が放送されてたんですよ。
 仕事の関係でまだ見られてはないんですが…




 佳奈様がなんと嶺上開花を炸裂されたとか!

 咲なまではあんまり活躍の場がなかった佳奈様だけど、ついに伝説を作ったか。
 すばら!
 あとでタイムシフト視聴して、その歴史的瞬間を目撃したいと思います。

 
 てところで、本日のブログも更新完了。
 以上、ビッグガンガン2018年1月号 咲-Saki-コミックもろもろの感想でした。
 カン!
    23:34  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop