FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.12.23[土] 実写版「咲-Saki-阿知賀編」第3局 感想

にわかは相手にならんよ

天

 王者は背中で語る!

 小走先輩ったら、小さくて可愛くて強そうで、結論としてにわ可愛い。
 

 というわけで、今日のブログは実写版「咲-Saki-阿知賀編」第3局の感想です。
 平日は忙しかったので、ようやく再生させましたが…。

しずあこ

穏乃「だったら不安になることないよ」
憧「え?」

穏乃「私が一緒だから」



尊い


しずあこ

憧「全部しずのおかげ…、しずが導いてくれたんだ」

OK赤飯炊こう

 最高かよ。

 なーにこれ。
 しず×あこ派が死ぬ前にみる走馬灯なの?
 ここが理想郷なの?
 あまりの尊さの深さに、心が遭難しかけたよ。
 
山

 そんな「しず×あこ」の聖地でしたが、今回の第3局は、後に公開される劇場版の展開を考慮されてるのはよく伝わります。
 
 原作では穏乃の能力は最後まで秘密で、読者に驚きを与える演出になっていました。
 けど、短い尺で展開される劇場版では表現が不十分。
 実際、原作コミックでも唐突な印象はありましたし。
 だからこそ第3局は味付けがうまかった。

穏乃

 各メンバーの能力説明 → 晩成に勝てる流れを作る
 各メンバーの弱点の説明 → 全国大会での苦戦を布石としてなげておく
 憧の悩み+穏乃の強み → 第3局の山登りでまとめて解決

大将
 
 からの~

 穏乃の大将任命。

 今回の実写オリジナルの展開で、一番嬉しかったのは実はここ。
 勢いがあって、麻雀部復活の言いだしっぺが大将になるのは、理由としてはいいかもしれません。
 ただ、冷静に相手チームを分析する赤土が、それだけで大将をまかせたとは思えなくて、どういう経緯があったのかは気になっていたんですよ。
  
 ここぞ!という場面でのふんばりと、山の頂点に近付くにつれ強くなる穏乃。
 そこに気がついてからの大将任命。
 
 あぁ、これだよ。
 こういうのを見たかったんだ。
 
 マンガとしてやる場合、主人公の能力を隠しておくのはサプライズとしてはあり。
 けど、実写ドラマだと説明不足になる。
 なら、先に説明させたうえでストーリーを組む。
 監督が阿知賀をどう演出すれば一番まとまるのか。
 じっくり考えられたのが解ります。
 
晩成

 そして、各メンバーがそれぞれ実力を底上げしたうえで、いよいよ次回はVS晩成高校。

 というか、晩成高校、完成度高すぎ!!!

 これさ…。
 実写版で阿知賀編を知ったユーザーが、

「晩成のみんな可愛いなー」
「原作はどうなってるんだろー」
 
 と思ってコミックの方を読んだら、あまりの瞬殺に息をひきとるんじゃないか…?
 強く生きて。

 そういや小走先輩を演じる天木じゅんさんって、身長148cmでバスト95cmという二次元ボディの持ち主。
 実際、始めて咲-Saki-の実写化が発表された時も、和役は天木じゅんさんでは?という声があったほど。
 けど、こうして小走先輩を演じてる姿をみて思いました。
 和役も合うとは思うんですが、ネックとなるのは身長なのかな…と。
 咲役の浜辺美波さんが155cmなので、和が咲よりも身長が低いのはさすがに改変すぎる。
 どんな経緯かは想像するしかありませんが、そんな理由があったかもしれませんね。

原作

 身長といえば、今回の阿知賀メンバーの身長差は原作再現なんですよね。
 清澄はタコスがでかすぎてインパクトが強かったからねw
 あれはあれで、実写ならではだとは感じてますが。
 身長の再現も含めて、いいキャスティングだと思います。

 すばら!

ボーリング
 
 ↑あと、個人的にこのシーンはめちゃくちゃシュールでじわった。
 灼が煮詰まったら、ひたすらボーリングしてる姿を想像するとやばい。
 まぁ、最終的に牌を投げ飛ばす人だからな。
 平常運行かもしれん。

穏乃

 そんな阿知賀編ですけど、テレビでは全4話だから次回が最終話。
 って、気がつけば劇場公開まであと一ヶ月をきっているのか。
 舞台挨拶の情報もそろそろ出そうですし、アンテナは張っておきませんと。
 
 そしてそして!

 ついに劇場公開用の予告動画も飛んできました↓




「うちらだって、今この時の方が…強い!!」

「そこはもうあなたのテリトリーじゃない」

 あぁぁぁあああああ、いきなり阿知賀屈指の名言が飛びまくって高まる!!
 これは山の頂点ですわ。
 年明けまで阿知賀ブームが続くなー。
 制作もいよいよ大詰めかな。
 監督も含め、スタッフのみなさんがんばってください。

 と、最後にエールを送ったところで、以上、実写版「咲-Saki-阿知賀編」第3局の感想でした。
 にわか!
    13:48  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop