FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.12.03[日] 「終物語」第七巻 ひたぎランデブー感想

ひたぎランデブー

 物語シリーズの最新作、終物語の二作目となるひたぎランデブー

 もうタイトルが多様すぎて、どれがどれだか解らないな…。
 ともかく、新しいBDが発売になったのでゲマズで購入してきました。

ひたぎ

 ひたぎメインということでOPも専用曲。
 けど、これテレビ放送時は流れなかったんでしたっけ?
 OPが映像特典とは。
 
 そして、副音声でも語ってましたが、ひたぎ曲多いな。
 さらに収録してた時は臨月だったと判明w
 母は強し。

ひたぎまみれ

 ひたぎは物語シリーズではヒロイン枠ですけど、最近は外伝的な話が多かったので久しぶりに見た感じ。
 そしたら、本編で「久しぶりだからキャラを忘れた」とか言い出したし、メタ発言やめろww
 
 そんな久しぶりの登場ということで、OPから本編、EDにいたるまでひたぎ尽くし。
 ひたぎの満漢全席です。
 枯渇してたひたぎファンの方々も満腹だったことでしょう。

こんな表情

 意外な表情もたくさん見られましたし、眼福眼福。
 あ、今、満腹と眼福をかけました。
 解説。

久しぶり

 久しぶりと言えば、この二人もですね。
 斧乃木余接にいたっては副音声も登場したし。
 そして、何故か本編で一言もセリフがないのに呼ばれた忍さん(完全体)。
 このふたりの掛け合いも久しぶり。
 むしろ安心感すらあった。

デート

 そんな久しぶりのメンバーが揃った、ひたぎランデブー。
 けど、本編はひたすら暦とひたぎがデートしてただけ。
 コマンタレブー。
 それでも面白いから物語シリーズって不思議。
 独特の魅力がありますよ。

リア充

 末永く爆発してくれ。

へび

 けど、それで終わるハズもないのが終物語。
 宇宙地図は扇の形をしている~のくだりが伏線なのかどうかは解りませんが、扇ちゃん登場。
 思えば、物語シリーズで最も謎な人物。

暗闇ではない

 原作は読んでないのでアニメで補完してるため、扇の正体はまったく知れません。
 ですので、暗闇の擬人化か何かだろうな~と思ってたら、本人の口から、

「暗闇ではありません」

 と、発言。
 それが嘘か本当かは解りませんが、どうやら一方的に倒してしまってもいい相手ではないご様子。

禁止

 すごいメタ視点な立ち位置にいる、語り部的な存在の扇。
 その決着(?)が描かれるのが、次巻のおうぎダーク。
 まったくオチを知らない状態で見られているのは幸せなこと。
 その幸せを噛み締めつつ、次巻の発売も楽しみにしております。

 えっと、それで次の発売は…。
 
 12月27日

 年末も年末じゃないか。
 もう今年も終わるってのに、ダークな物語を見ることになるのか。
 望むところ!
 期待してます。

マンガ

 そんなわけで、今日のブログは「終物語」第7巻ひたぎランデブーの感想でした。
 何かいいことあったらいいね。

    15:27  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop