ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.11.11[土] 天空橋朋花の誕生日なので、お祝いとダイレクトマーケティング

天空橋朋花

 今日は11月11日です。
 ポッキーの日?
 それもいいけど、僕にとっては愛すべき担当アイドルの誕生日。
 
 そうです。

 アイドルマスターミリオンライブ「天空橋朋花」のバースデーです!

 七つ、祝福を受け入れること。
 全ては騎士団の名の下に。




 ミリシタの挨拶では嬉しくて思わず録画。
 扉を開けた時、荒ぶりすぎたわ。
 落ち着け。

 否!
 
 落ち着く理由がない。

親愛度

 ご覧の通り、ミリシタでも朋花の親愛度ぶっちぎり。
 好きすぎて、SSRがきたら爆発四散するので今から入れる保険ありますか?

 そんな愛情MAXの担当アイドルが生まれた日ですよ。
 ちょっと騒がしくてもしょうがない。

朋花バースデー

 しっかりお祝いしたいので、ケーキも買ってきました。

店員「メッセージを入れますか?」
ホッパー「じゃあ"ともか"でお願いします」
店員「"ちゃん"とか入れますか?」
ホッパー「(ぶっ飛ばされるので)けっこうです」

店員「娘さんですか~?」
ホッパー「え?」
店員「え?」

 あんまり踏み込まないで…。

朋花様

 そんなケーキを添えて、あらためてハッピーバースデー。
 朋花これからも一緒にがんばろうな。 

朋花

 と、今日は記念すべき誕生日なので…。
 いいタイミングとも思いますので、朋花のダイレクトマーケティングをやりたいと思います!

 まずこの子。

 イロモノです。

 一言でいうとね。
 
・自分を「聖母」という。
・アイドルになる前からファンがいて「子豚」ちゃんと呼んでる

 このインパクトは765プロでも随一ですよ。
 対抗できるのは徳川まつりくらい?

あみ

 性格は、15歳とは思えない貫禄と風格っぷり。
 なんと、あの亜美・真美が「様」をつけて呼ぶレベル。
 逆らってはいけない。

 けど!

 誤解してほしくないのは、彼女は「女王様」ではないんですよ。
 シンデレラでいうと財前時子に似てると思われがちだけど、そうではない。
 例えるなら、クラリスを強くした感じ。
 生まれながら、自分は「聖母」であることを受け入れたのが彼女なんです。
 
 朋花は聖母になりたいのではないです。
 
 聖母である自分の愛を等しく与えてあげたい。

 それが彼女の願い。
 アイドルになった理由です。
 だから、プロデューサーは朋花を聖母にするのではなく、周りのみんなに聖母を知らしめるべく働くんです。
 ここも誤解されやすいポイント。
 
 
朋花

 朋花は女王様ではなく、お嬢様。
 天空橋という苗字からも解るように、わりと育ちはいいっぽい。
 緊張しないし、社交パーティーもそつなくこなす。
 
朋花

 だから、プロデューサーが「普通」の女の子として扱うことを「新鮮」に感じるところも。
 あまり自分のことを語らない朋花だけど、このあたりに私生活の秘密が見え隠れしますね。
 

いいとこのお嬢様だけど、そこまで厳しい規則に縛られているわけではない
→アイドルになることを反対されていない

子豚ちゃんという名の親衛隊により、朋花は良くも悪くも守られていた
→プロデューサーのように親しくしてくれる異性は始めての経験

 
 そんな彼女だからこそ、プロデューサーとの会話は新鮮で楽しいはず。
 厳しい言葉を投げかけるのも、あくまで自分が上でないと、どうふるまっていいのか解らないから。
 可愛いかよ。

照れ

 そんな朋花ですけど、自分に向けれるまっすぐな想いに戸惑う場面も。
 
 子豚ちゃんという親衛隊は、朋花が好きでたまらないハズですし、その愛情は感じてたはずですが…。
 それは好きというより崇拝に近い。
 こうして、隣りに立って背中を押してくれる存在は今までいなかったのかもしれません。
 朋花自身が万能ですし、助けを必要とする場面なんかなかったでしょうし。
 だから、プロデューサーの言葉に照れたりもするんです。
 彼女にとっては始めての経験だから。
 
 やばくないですか?

 気丈にふるまっていても、やっぱり15歳の女の子なんですよ。
 その時々見せる素の部分に召されたプロデューサーも多いはず。

朋花

 彼女は常に笑顔をふりまきますし、聖母として振舞う姿はとても魅力的ですが…。
 一番みてほしいのは、何も着飾っていない時にみせる笑顔なんですよ。
 
 聖母の愛をみんなに与えたい朋花。
 けど、プロデューサーがみせたいのは、天空橋朋花というひとりの女の子の笑顔。
 とっつきにくい子に感じるかもですけど、素直でいい子なの。
 女王様気質に感じかもですけど、仲間のことも大切にする気遣いができる子なの。
 そういう面をひっくるめて、彼女はアイドルなの。
 そんな彼女をもっともっと知ってほしいの。
 
 はぁ…好き…。

朋花

 あと、彼女の歌う「Maria Trap」は僕をミリオン沼に叩き落した名曲なので、ミリシタに配信されたらみんな聞いて!
 え?朋花って闇を抱えてるの?
 と感じるかもですけど、そこも含めて聞いてほしい楽曲ですから。
 
 はぁ…好き…。


 って、いかんいかん。

 ダイレクトマーテケィングのつもりが、途中からただの豚になってました…。
 ぶひぶひうるさくて申し訳ない。
 けど、しょうがない。
 誕生日だしね。
 たまには僕の担当アイドルを語ってもいいよね。
 いつも叫んでる気もするけど。

創造組

 てなところで、以上、天空橋朋花の紹介でした。
 ミリオンライブにはまだまだ素敵なアイドルが活躍しています。
 その魅力が少しでも伝わるよう、これからもプロデュースがんばります。

 朋花Happy Birthday!
 I hope the following year will be another wonderful one.
    17:20  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop