FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.10.29[日] アイマスオンリー「ISF04」と「ロコ展」の感想レポート

pio

 今日は雨の中、蒲田のPiOまで行ってきました。
 目的は、「IDOL STAR FESTIV@L04」。
 いわゆるアイマスオンリー。
 同日に、「Cinderella Star Festiv@l02」と「INSIDE IM@S9」も開催された合同イベントでした。

 実はミリオンライブの同人誌をしっかり買うのは、これが始めて。
 コミケにも足が遠のいてましたからね。
 だから、今のミリオン同人界隈を肌で感じられたイベントでもありましたね。

同人誌
 
 戦利品はこちら!
 
 サークルにも詳しくないので、100%表紙買い。
 中は見てないです。
 3000円のガチャに迷わない僕が、500円の同人誌を迷う道理はなかった。
 本能で購入。
 けど、どれも素晴らしい出来栄えでしたよ。

 感想はツイッターで叫んでたので、リンクだけ置いておきます↓

・サークル「極小ペイロード」さん
・サークル「あめだまホワイト」さん
・サークル「ねじれ倶楽部」さん
・サークル「イカロノハシ」さん
・サークル「Foo minors」さん

 すばらしい!

 と、そんな感じに即売会を楽しんだわけですが、今日の目的はこれだけではありません。
 
ロコ展

 「ロコ展」

 そうです。
 ミリオンのアイドル、ロコの個展です。




 きっかけは、このひとつのコミュ。
 ロコが提出したロコ展の企画書。
 なら、それを実現しよう!
 という熱意が生んだ展示会です。

 正直、心から尊敬します。
 
 アイマスは便宜上、ファンのことをプロデューサーと呼びますが、今回の企画をプロデュースと呼ばずして何と呼ぶ。
 架空のアイドルをあたかも実在するように扱う。
 これって実は公式も目指しているもの。
 たくさんのコラボを実施するのも、アイドルたちが常にそこにいる存在として認識してほしいから。
 そういった運営の想いをインタビューで読んでましたから、今回のロコ展は自分のことのように嬉しかったです。

 ロコがロコ展をやりたいと願った。
 なら実現させよう。
 まさに愛じゃないですか。

 ここからは、そんなロコ展をレポしたいと思います。
 
ISFパンフ

 会場はPiOからかなり歩きますが、移動できない距離ではありません。
 ISF04と同日開催ってのもうまいですよね。
 即売会のついでに寄れますし。

 で。

 ISF04のパンフを見たら、「街角アートを探してみよう」という記載が。
 なんでもPiOから会場へのルートにある3つのアート。
 これを撮影してくれば、グッズをプレゼント~というもの。
 いい遊び心。
 ただ、来て下さい~だけじゃなくて、街全体を巻き込むところも、どこかロコらしさを感じますね。

3箇所

 パンフに書かれたヒントを頼りに、撮影完了。
 舞台探訪の経験が、こんなところで活かせるとはw

入口

 そして、会場である「東京アートラボ」に到着。
 ちょっと解り難い場所だったけど、看板が案内してくれました。

スタッフ「いらっしゃいませ、入口まではリフトを使います」
僕「はーい…ってリフト?」
スタッフ「では、ここに乗ってください」

 え?

エレベーター

 なんかバイオハザードに出てきそうなリフトに乗って地下へ。
 これ、女神転生とかだったら、絶対、最強の武器とか売ってくれる場所だよ。
 
ロコ展
 
 リフトが止まり、こじんまりとした個室へとやってきました。
 おー、ここがロコ展の会場か。
 ISF効果もあってか、かなりの盛況。
 いい感じ。

 ちなみに、入場は無料です。

撮影ok

 展示品は、どれも撮影OKでした。
 というわけで順番にご紹介。

ロコ

 顔を出して撮影できるパネル。
 僕の顔はロコも真顔になるレベルなので、撮影不可。
 
ロコ

 おー、こちらはすごい!
 
グレートアーティファクト

 グレートアーティファクトを再現してくれるとは。
 手間がかかってますよ、これは。

 そんな感じにロコを中心にした作品もありますが、

とり
ロコ
ロコ

 ご覧の通り、ロコが作ってるであろうアートも展示されていました。
 これもすごい。
 まさに、架空が現実になった瞬間。
 こういう展示品があるのも、ロコ展の面白さ。

ロコ

 あーwwww
 紛れも無くロコの作品だwwww

 好きすぎる。

ヘッドホン

 ロコ愛用のヘッドホンも展示されました。
 ちなみに、アイマスのハイレゾヘッドホンのイメージアイドルに、ロコじゃなくて静香を選んだメーカーには、今でも憤慨してるからな。

ロコ

 さほど広くない会場でしたが、見所はたくさんありました。
 これは来てよかった。

アートに参加

 会場の中央には、こんなテーブルも用意。
 みんなでロコを描いてみてください~というもの。

ボード

 僕が来たときは、こんな感じに張り出されてましたが、あとからツイッターをみたら、もっとたくさんのアートで埋め尽くされてました。
 みなさんの愛も感じられますね。
 マーベラスです。

ボールペン

 ボールペンもロコ展のロゴ入り。
 これもこだわりですね。

 あ、そうだ。
 来る前に撮影した「街角アート」。
 こちらのプレゼントをもらっておかないと。
 スタッフに写真をみせて、ログインボーナスゲット。

ロコ定規

 定規!

 これは予想してなかったw
 けど、こちらもロコ展のロゴ入りでおしゃれです。
 ありがたく使わせていただきますね。

マーブルちょこ

 最後に、マーブルチョコをもらって退出。
 このお菓子、眼鏡代わりに使うところしか見たことないけど、それもアートか。

花

 そんな感じに、短い時間ではありましたが、ロコ展を堪能してきました。
 今回の企画。
 ただのロコPの思いつき~ではなく、もっと大きな意味に感じられましたね。
 企画そのものがアートというか…。
 例えば僕がロコPだとして、これを実現できるのかって話ですよ。
 
 たくさんの協力があったでしょうし、この企画に賛同する同僚がいて、うわさを耳にして見に行く人達がいて。
 そんなたくさんの愛をとても近くで感じられた展示会でした。
 で、こんなぶっ飛んだ企画なのに、みんな「ロコらしい」と笑って写真撮ってる。
 これもすごいこと。
 こういう空気感って、いいものですよね。
 
 心温まる、素晴らしい展示会でした。
 スタッフのみなさん、ありがとうござました。
 そして、お疲れ様でした!

 
 というわけで、今日のブログはISF04とロコ展の感想レポでした。
 それでは。
    18:23  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop