ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.09.24[日] 最近のお気に入りコミック→「1日外出録ハンチョウ」

ハンチョウ

 1日外出録ハンチョウ

 なにかというと、福本伸行先生の『賭博破戒録カイジ』。
 こちらのスピンオフ。
 暇つぶしにKindle版をダウンロードしたら、腹筋ぶっ壊れるくらいに笑って、今でもたまに読んで活力にしてます。

ハンチョウ

 どんな内容かというと、カイジのやられ役だったチンチロのおっさん。
 このおっさんを主人公にした作品。
 というか、こいつ大槻って名前だったのか。
 ピチュン、ハロー?

孤独のグルメ

 で、内容はというと、まったく中身はないです。



 だからいい。



 例えると「孤独なグルメ」。
 地下で生活してする班長が1日外出券で外に出る→飯を食う→帰る。

 それだけ。

 
 だからいい。


 それだけなのに、何故か読んでて止まんない。
 面白いんですよね。

 そんな中、

1コマで笑える

 時々、1コマだけで笑わせにくるのが卑怯w

ベッドイン

 ↑平日の出勤前に言いたいセリフNo.1

クラウチング

 このインパクトだけしかないコマもハンチョウの味。

2巻の表紙

 2巻の表紙も反則だからな。
 
いいこと言う

 そんなハンチョウだけど、そこは福本伸行先生の原作です。
 胸にグッとくるシーンもあるんですよ。

 「せっかくだから高いもの、というのはへたっぴ」
 
いいシーン

 「大人になるべき社会では、子供じみたわがままを言い」
 「遊ぶべき所で、変に大人ぶる」

 こういうセリフ回しが、福本イズム。
 原作と描いてるのは別の人ですけど、空気感はしっかり継承してる印象。

無粋

 笑えるシーンと、ためになるシーンを織り交ぜたバランス。
 それがいい。
 そして、2巻まで読んでわかったことがある。

宮本

 班長も黒服たちも、めっちゃいい奴

 帝愛グループ→ホワイト企業説
 笑顔の耐えない、やりがいのある職場です。
 ただし、時々人が死ぬ。

 
 そんな、1日外出録ハンチョウ。
 電子書籍で気軽に読むには最適な作品ですし、カイジを知らなくても読めるスピンオフ。
 ここでお試し版も読めるので、興味のある方は是非。
 オススメしておきます。

 というわけで、今日は唐突にハンチョウのステマでした。
 それでは。
    20:36  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop