ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.08.31[木] 「劇場版 艦これ」BDが届いたので、あらためてネタバレ有りの感想でも

艦これ

 なんかデカいのが届いた。

 いや、何かはわかるんですよ。
 劇場版 艦これのブルーレイです。
 それはわかる。
 わからないのは、この大きさ。
 いったい何が…?

 とりあえず、開封。

なにこれ

 え!?何これ!?

 いや、何かはわかるんですよ。
 劇場版 艦これのブルーレイです。
 それはわかる。
 わからないのは、このグッズの数々。
 いったい何が…?

 と思って調べてみたら、どうやらAmazon.co.jp限定品らしい。
 金剛型四姉妹のバスタオルと小型補給缶付き。
 こんな仕様だったのか…。
 何も見ずに注文したから、素でビビりましたよ。

 画面見ないと、人生に刺激があっていいですね。

劇場版 艦これ

 そんな劇場版 艦これですが、当時、映画館で見てかなり楽しめた作品。
 2016年に見たアニメ作品の中でも上位に入りますよ。
 What's your name?より面白かったし。
 ですので、ブルーレイの発売は心待ちにしてました。

艦これ

 BDは2枚組。
 片方は特典だろうな~と思ったら、どちらも本編。
 んん??
 どういうこと?

仕様

 と思ったら、どうやら劇場公開版と、手直しと追加シーンをプラスしたBD版と二種類を用意したみたい。
 なるほど。
 確かに、当時の無修正版をみたい~というコアなファンもいますからね。
 珍しいパターンだけど、有りですね。

 それでは、パッケージも堪能したところで、ここからは本編の感想です。
 劇場公開時はネタバレに配慮して詳細は避けましたが、BDも発売になりましたし解禁でいいでしょう。
 バレ全開であらためて感想を書きたいと思います。

天龍

 まず、大好きなシーンがここ!

 牙突二式で突っ込む天龍。
 悪・即・斬!
 イケメンすぎて震えた。

如月ちゃん

 そして、もうひとつ大好きなシーンが、
 「どうして落ちないのよ!」
 と、自分の身体を洗い続ける如月です。
 友達とも満場一致でこのシーンが最高だった語り合いましたよ。
 ある意味、この劇場版を象徴する場面かと。
 ギャグシーンなんかねぇから、黙って見てろよ。
 それでいい。

轟沈した

 そんな感じにシリアス色の強い劇場版だったんですが、艦これの世界観にかなり踏み込んだのも評価してるところ。

 例えば、どうして海域をクリアーすると艦娘をドロップするのか。
 深海棲艦の正体とか。
 今まで「そうだろうな~」くらいにぼんやりしていた設定を、ガチっとハメてきた感じ。

加賀

 そして、驚いたのが加賀さん。
 かつて深海棲艦だった~ってのは、思い切ったバックストーリー。
 無愛想なのにも理由があったわけか。
  
吹雪

 そして、吹雪もかつては深海棲艦だった、と。

 で、ここでまたまた驚いたのが、ちゃんとアニメの伏線も回収してるところ。


花嫁ブッキー

 夢の中でブッキーと結婚していたと、ハイパー電波トークをぶっこんだ提督だけど、それすら回収するとか偉すぎでしょ。

 要するに、

・吹雪と提督はケッコンカッコカリをしていた
・ところが轟沈
・後に海域で発見されるが、当時の記憶はない
・吹雪を忘れられない提督は、彼女を特別扱い
・夢の中で~と、遠回しに想いを伝えた

 という流れ。
 まさか劇場版で黒歴史みたいなアニメ設定を拾ってくるとか感動もの。
 アニメ→劇場版で吹雪の物語が完結するようになってたんですね。
 
輪廻

 突っ込みどころも多いけど、キャラものとして良作だと思いますし、とにかく戦闘がかっこいい。
 惜しいのは、自宅だと迫力が半減しちゃうところ。
 映画館だと真っ暗で巨大スクリーンだから、夜戦が映えるんですよ。
 あの迫力を体験できただけでも、映画館に足を運んだかいがありました。
 
 そんな、劇場版 艦これ。
 そろそろ二期の話しが聞こえてきてもいい頃だけど、まだ情報はなしかな?
 いろいろあったアニメ版ですけど、劇場版で一気に評価を塗り替えたと感じてますので、その流れを止めずに成功してほしいところです。
 てなわけで、本日は「劇場版 艦これ」BDの感想でした。
 
 暁の水平線に勝利を刻みなさい!

    23:32  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop