FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.05.29[月] シンデレラ5thライブ石川公演の感想。奇跡のパレードはみんなの想いをひとつにするための軌跡

シンデレラ5th

 5月27~28日の二日間にて開催された、シンデレラガールズ石川公演
 本日はこちらの感想です。

 宮城→石川と続いて、気付いたことや誤解してたことがありました。
 ツアーって本来は「ライブに行きたいけど遠い→ならこちらから会いにいくぜ→あざっす!」というもの。
 けど、今回のツアーで感じたことはそれだけじゃありません。

「キャストさんの凱旋公演」
 これもツアーの醍醐味。
 宮城の杜野まこさん、石川の洲崎綾さん。
 温かい想いも伝わってきましたし、パフォーマンスにも熱がこもってました。
 ここまでは想像通り。

「参加人数のバランス」
 ここが自分の中で盲点でした。
 今回のツアーは、ゴールとなるSSAまでは、

キュート→5人
クール→5人
パッション→5人

 計15人という構成。
 どの公演も15人だから、旗も15本。
 
シンデレラ旗
 
 この旗をつないでいくのが、5thツアーの目的。
 ゴールであるSSAに向けて。
 そういえば、気付きました?
 ステージのセットについてた時計。
 宮城公演は17時になってたのが、石川公演では18時になってたことを。
 計算するとSSAで23時になる計算です。
 なるほど。
 どこかで0時になる流れなんですね。
 ほんと、シンデレラはこういう演出が上手です。

 で、そのSSAまでの道のり。
 各公演15人ずつ、というのがとてもいいバランスなんです。

 それに気付かされたのが、先日のデレラジでの五十嵐裕美さんの会話。

「今までの公演は人数も多くて、誰がいるのか全然把握できなかった。それが、今回の宮城では全員に声をかけることができた」
 
 というもの。
 思えば、シンデレラは2daysだったとしても公演ごとにキャストがガラっと入れ替わるのも多かったです。
 どんどんキャストも新曲も増える中、自分のことで手一杯な方も多かったことでしょう。
 それが今回のツアーでは全員と向き合えた。
 もちろん、五十嵐裕美さん自身もライブ経験が増えて、気持ちに余裕がうまれた結果かもしれません。
 それでも、この15人という構成が後押しした部分が大きいと思います。
 デレステでいえばユニット3組分です。




 今回は、どの公演にも初ステージなキャストさんがいます。
 宮城も石川もそうでした。
 生まれて始めてのアイマスステージ。
 ライブを終えたキャストさんから出た言葉は、感謝でいっぱいでした。
 
・とても親切にしてくれた
・たくさん相談にのってくれた
・本番前に背中を押してくれた

 などなど。
 これって、実はゲームやアニメでプロデューサーがとる行動とリンクしてるんです。

・不安になっているアイドルに声をかける。
・背中を押す。
・ステージを終えたステージで出迎える。
 
 先輩組が「プロデューサー」の立場を代行してくれている。
 それがひしひしと伝わってくる。
 15人というほどよいバランス。
 先輩後輩が偏らずに組み合わさっている編成。
 だからこそ、この関係が築けたのだと思います。
 シンデレラの絆。
 それこそが、5thツアーの一番の目的なのかもしれません。




 今回のツアーは、ただ各地を遠征するだけではない。
 ほぼ全員参加となるSSAで、みんなが足並みをそろえてステージに立つための軌跡。

 前代未聞の参加人数となるSSA。
 舞台裏は戦争になることは想像できます。
 だからこそ、ツアーが必要だった。
 全員の気持ちをひとつにするために。

 今回の石川公演ではこんな言葉も出ました。

「このメンバーでよかった」
「別れるのが嫌」
「今日という日が終わってほしくない」
 
 12時になっても解けない魔法が、そこにはありました。
 その言葉と涙があれば、大丈夫。
 SSAは思いっきり楽しめる。
 そして、もっともっと成長した姿が待っているはずです。

 青木瑠璃子さんは言いました。

「ハードルは高いけど、乗り越えてやるから見てろよ」

 ロック!
 
 シンデレラガールズは、もっともっと面白くなる。
 始めましてのアイドル。
 お久しぶりのアイドル。
 おかえり!と伝えたいアイドル。
 そこに壁などない。
 たくさんの想いが紡ぎあって、全国を巡ります。
 そして、SSAへとやってくる。
 60人以上が集まるシンデレラ史上最大のライブ。
 そこに、全員の気持ちがひとつになって集合するんです。
 先輩も後輩も関係なく、同じガラスの靴を履いたシンデレラたちが。
 
 まさに奇跡のパレードです。
 
 地方公演は担当がいないからと敬遠してませんか?
 SSAだけでいいとか思ってませんか?
 もったいないですよ。
 行けるチャンスがあるなら、どんどん行ってほしいです。
 そして、見つけてほしいです。
 アイドルたちの魅力に。
 担当がいない?
 素晴らしい!
 新しい担当に出会えるよ!
 
 今回のツアーのタイトルは「Serendipity Parade!!!」です。
 Serendipityとは、

『素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること』

 という意味があります。
 僕も発見しました。
 森久保と同じように視線を逸らしながら歌ってくれた、高橋花林さん。
 「始めてのステージだけど、それをできない理由にしたくない」と言いきった、花守ゆみりさん。
 声優という職業から身をひいた今でも薫を全身で表現してくれる、春瀬なつみさん。
 などなど。
 おかげで、森久保、佐藤心、薫の魅力を再発見できました。
 そんな3人が精一杯にステージを楽しめるよう支えてくれた先輩組のみなさん。
 たんさんの発見と共に、とても心温まる時間を過ごすことができました。
 これが二週間おきにやってくるんですよ。
 SSAだけでいいとか言ってる場合じゃないでしょう。
 
 ツアーはただ全国を回るだけではない。
 元々全通する予定でしたが、それが解った以上、今まで以上に楽しみが増しました。
 次の大阪では、どんな「発見」があるのか。
 心から楽しみにしたいと思います。




 というわけで、熱く語ってしまいましたが、石川公演の感想は以上となります。
 石川公演というよりも、2公演を終えての総括かもしれないですけど。
 
 そして、次は大阪公演。
 しかも、次は現地です!
 1年8ヶ月ぶりの現地です。
 いつも以上にブログも長文になりそうな予感はしますが、お察しください。
 8月までは多分、こんなテンションで書きなぐってます。
 だってしょうがないじゃない、プロデューサーだもの。
 みつを。

 と、いつまでも締まらないので、ここらで更新完了。
 アイマス最高!
    23:47  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Flow of time』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop