ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.03.29[水] 「けものフレンズ」のお話

けものフレンズ

 望まれているものを形にして届けるって、ニーズに応えたといえば簡単だけど、単純にはいかないもの。
 ハッピーエンドって、バッドエンドよりも難しいらしいですよ。
 ひとつの方法として、主人公がいなかったらバッドエンドになる展開を先に考えるってのがあるみたい。
 その視点で考えると、最終話のかばんちゃんって「なにもしていない」んですよね。
 起きたら解決してたから。
 だからすごい。
 主人公が最終話で何もしなくても、ハッピーエンドが約束されてたシナリオなんですから。
 作りきったスタッフさんの手腕に、ただただ賛美を贈りたいです。
 しかも、世間のブームを受けて最終話を変更するようなことはしなかったそうですし。
 世間でまったく望まれていなかった段階から、ここまでのストーリーを組んで、結果、望まれた以上の成果として評価されてる。
 幸せなことだと思います。

 あ、今さらですけど、今日のブログは「けものフレンズ」についてですw
 昨晩、最終話を迎えまして、リアルタイムで視聴してました。
 視聴率は関東域で1.1%らしいですね。
 約20万世帯で視聴されてたそうですけど、それだけ?
 少なくとも僕のタイムラインでは視聴率100%でしたよ。
 みんな夜更かしのフレンズだね!
 おかげで今日の仕事の難易度が跳ね上がってましたが…。
 
 そんな、けもフレ。
 ここまでブームになったのって、いろいろ要因はあるんでしょうけど、まったく期待されてなかったからこそのブームなんじゃないかと。
 日本人って、弱者が強者を倒す逆転劇とか成長劇が何だかんだいって好きですからね。
 周りに期待されて、その名に恥じぬブームを作る~ってのもあるけど、爆発力があるのって火種のないところからいきなりボン!と飛び出したもの。
 ダークホースってやつ。
 知られてないからこそ、みんな大声で拡散するし。
 スタッフはたったの10人!低予算で制作されたアニメがヒット!という部分も美談として広まってるし。
 実際は製作期間500日ですので、むしろそんな長期間もお金を出し続けたスポンサーすご~い!って話なんですけどね。
 ブームって面白いです。
 この勢いはしばらく続きそうですけど、触発されてハッピーエンドが主流になったりするのかな。
 けど、けもフレは「スタッフが作りたいものを十分な期間をもって作らせてもらえた」というところが一番の評価ポイントだと思ってます。
 
 時間をかければいいものが作れて当たり前?
 
 だったら、短納期で総集編を繰り返すようなアニメなんか無くなった方がいいんじゃないですか。
 アニメーターが定時に帰宅して作ったアニメとか、めっちゃ面白いかもよ。
 なんてね。

 ともかく。
 こうして無事に完結したけもフレ。
 新作の発表もありましたが、ひと段落したことには間違いありません。
 ひとまず、お疲れ様でした。
 素晴らしい作品でした。

アルパカ・スリ

 あと、フレンズではアルパカが一番好きです。
 アルパカは美人。
 声でわかる。
 あ、このくだりはいらなかったですね。

 そんなわけで、今日はけものフレンズの話題でお届けしました。
 寝不足なので、余韻にひたりつつ寝ます。
 社蓄フレンズの朝は早い。
 どったんばったん大騒ぎ♪
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop