ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.03.07[火] クビキリサイクル~青色サヴァンと戯言遣い~OVA4巻 感想

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

 「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」リンク

 ”ほぼ”毎月発売のクビキリサイクルのOVA。
 4巻を購入したけど、いろいろありすぎて未開封だったのを、ようやく解き放ちました。

 4巻という折り返し巻ということで、マグカップもついてきてビックリ。
 ゲマズで買ってたけど、特典が何なのか知らなかったよ。

 そんな4巻の感想を今日はつらつらと書いていきます。
 戯言ブログスタート。

僕

 天才だけが集まった島で、天才が死んで、凡人が事件解決に挑む。
 そんな流れかと思ったら、周りが天才だからボヤけてるけど、主人公も十分に逸材だわ。
 密室殺人のトリックなんかとっくに暴いてたし。
 周りの天才どもが異端すぎて会話も機械的だから、主人公の凡人っぷりが視聴者視点とリンクする~という方向性かと思いきや全然違ったわ。
 なるほどなー。
 ここにきて、人間的な部分も見えてきた感じ。
 主人公らしくなってきたとも言えるのかな。

次の被害者は?

 4巻まですすんだので、そろそろ第二の被害者でも出るかと思ったけど、物語自体は均衡状態。
 けど、それこそ天才たちが望んだ状態なので狙い通りなのかな。
 トリックを見破ったうえで気付いてないフリをする天才。
 結末は知ってるのに何も言わない天才。
 全て解ってるけどタイミングをみてる天才。
 などなど。
 当主が待ち望んでるという、もうひとりの天才。
 その方が到着するまでは、この状態が続くかな。
 そういう意味では、最後の均衡なのかも。

玖渚友

 孤島での密室殺人ですけど、ぜんぜん暗い感じがしないのは、周りがみんな平然としてるところと、玖渚友がクソ可愛いから。
 ただ、この子がキーパーソンであることは1話から伝わってきてたので、そろそろ内面も見えてきたかな。
 話を進めるのも、壊すのも、解決するのも、この子がキー。
 それはそうと、縄に縛って水攻めプレイした話を詳しく。
 夜のお誘いを断るヘタレかと思ってたら、むしろ上級者だったわ。
 
次回

 今回はいつも以上に「戯言」が聞けて、聞き応えがあった巻。
 となると、次巻あたりからそろそろ見所?
 後半戦スタートなので、起承転結の「転」あたりが見られるのに期待したいです。

 そんな、クビキリサイクル。
 月一発売なので、マイペースで見られるのはありがたいところ。
 まったりと楽しませてもらうとします。
 以上、クビキリサイクル第4巻の戯言でした。

    23:25  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス18thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop